メニュー
Amazon ElastiCache
ユーザーガイド (API Version 2015-02-02)

レプリカを持つ Redis クラスターの作成

レプリカノードを持つクラスターを作成するには、以下のオプションがあります。どれを使用するかは、すでに使用可能な Redis (クラスターモードが無効) クラスターがあり、プライマリノードとして使用するレプリカを持つクラスターのいずれとも関連付けられていないか、クラスターにプライマリノードとリードレプリカを新たに作成する必要があるかどうかで異なります。現時点では、Redis (クラスターモードが有効) クラスターは最初から作成する必要があります。

オプション 1: 使用可能な Redis (クラスターモードが無効) クラスターによる、レプリカを持つクラスターの作成

このオプションは、既存の単一ノード Redis (クラスターモードが無効) クラスターを利用する場合に使用します。この既存クラスターを、新しいクラスターのプライマリノードとして指定し、さらにクラスターに 1 〜 5 個のリードレプリカを個別に追加します。既存のクラスターがアクティブの場合、リードレプリカは作成時にそのクラスターと同期されます。「使用可能な Redis (クラスターモードが無効) クラスターによる、レプリカを持つクラスターの作成」を参照してください。

重要

Redis (クラスターモードが有効) クラスターは、既存のクラスターを使用して作成できません。ElastiCache コンソールを使用して Redis (クラスターモードが有効) クラスター (API/CLI: レプリケーショングループ) を作成するには、「Redis (クラスターモードが有効) クラスターの作成 (コンソール)」を参照してください。

オプション 2: レプリカを持つ Redis クラスターの最初からの作成

このオプションは、クラスターのプライマリとして使用可能な Redis (クラスターモードが無効) クラスターがまだない場合、または Redis (クラスターモードが有効) クラスターを作成する場合に使用します。 「レプリカを持つ Redis クラスターの最初からの作成」を参照してください。