メニュー
Amazon ElastiCache
ユーザーガイド (API Version 2015-02-02)

レプリカを持つクラスターの変更

重要な制約

  • 現時点では、ElastiCache は Redis (クラスターモードが有効) クラスターの変更をサポートしていません。このようなクラスターを変更する必要がある場合、変更を組み込んだ新しいクラスターを作成します。

  • 新しいバージョンのエンジンにアップグレードすることはできますが、以前のバージョンのエンジンにダウングレードすることはできないため、既存のクラスターまたはレプリケーショングループを削除して新しく作成し直す必要があります。詳細については、「エンジンバージョンのアップグレード」を参照してください。

ElastiCache コンソール、AWS CLI、または ElastiCache API を使用して、Redis (クラスターモードが無効) クラスターの設定を変更できます。ElastiCache は現在、Redis (クラスターモードが有効) レプリケーショングループの変更をサポートしていません。

Redis クラスターの変更 (コンソール)

Redis (クラスターモードが無効) クラスターを変更するには、「ElastiCache クラスターの変更」を参照してください。

レプリケーショングループの変更 (AWS CLI)

次の AWS CLI コマンドは、既存の Redis レプリケーショングループでマルチ AZ を有効にします。レプリケーショングループのそのほかの変更も同じコマンドを使用できます。

Linux, macOS, or Unix 用:

Copy
aws elasticache modify-replication-group \ --replication-group-id myReplGroup \ --automatic-failover-enabled

Windows の場合:

Copy
aws elasticache modify-replication-group ^ --replication-group-id myReplGroup ^ --automatic-failover-enabled

AWS CLI modify-replication-group コマンドの詳細については、「 modify-replication-group」を参照してください。

レプリケーショングループの変更 (ElastiCache API)

次の ElastiCache API オペレーションは、既存の Redis レプリケーショングループでマルチ AZ を有効にします。同じオペレーションを使用して、レプリケーショングループに対する他の変更を行うこともできます。

Copy
https://elasticache.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=ModifyReplicationGroup &AutomaticFailoverEnabled=true &ReplicationGroupId=myReplGroup &SignatureVersion=4 &SignatureMethod=HmacSHA256 &Timestamp=20141201T220302Z &Version=2014-12-01 &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Date=20141201T220302Z &X-Amz-SignedHeaders=Host &X-Amz-Expires=20141201T220302Z &X-Amz-Credential=<credential> &X-Amz-Signature=<signature>

ElastiCache API ModifyReplicationGroup オペレーションの詳細については、「 ModifyReplicationGroup」を参照してください。