メニュー
Amazon ElastiCache
ユーザーガイド (API Version 2015-02-02)

レプリカを含む Redis クラスターのスケールダウン

以下のセクションでは、レプリカノードを含む Redis (クラスターモードが無効) キャッシュクラスターをより小さいノードタイプにスケールダウンする方法について説明します。新しいより小さいノードタイプがデータとオーバーヘッドのすべてのニーズを満たすのに十分な容量であることを確認するのは、新しいクラスターを長期にわたり適切に運用するために重要です。詳細については、「Redis スナップショットを作成するための十分なメモリがあることの確認」を参照してください。

重要

パラメータグループが reserved-memory を使用して Redis のオーバーヘッド用のメモリを確保する場合、スケーリングを開始する前に、新しいノードタイプ用に適切な容量のメモリを確保するカスタムパラメータグループがあることを確認してください。または、reserved-memory-percent を使用するようにカスタムパラメータグループを変更し、新しいクラスターに対して、パラメータグループを使用することができます。

reserved-memory-percent を使用している場合、これは必要ありません。

詳細については、「予約メモリの管理 (Redis)」を参照してください。

レプリカを含む Redis クラスターのスケールダウン (コンソール)

以下のプロセスでは、ElastiCache コンソールを使用して、レプリカノードを含む Redis クラスターをより小さいノードタイプにスケーリングします。

レプリカノードを含む Redis のクラスターをスケールダウンするには (console)

  1. より小さいノードタイプがデータとオーバーヘッドのニーズを満たしていることを確認します。詳細については、「Redis スナップショットを作成するための十分なメモリがあることの確認」を参照してください。

  2. パラメータグループが reserved-memory を使用して Redis のオーバーヘッド用のメモリを確保する場合、新しいノードタイプ用に適切な容量のメモリを確保するカスタムパラメータグループがあることを確認してください。

    または、reserved-memory-percent を使用するよう、カスタムパラメータグループを変更できます。詳細については、「予約メモリの管理 (Redis)」を参照してください。

  3. AWS マネジメントコンソールにサインインし、ElastiCache コンソール(https://console.aws.amazon.com/elasticache/)を開きます。

  4. クラスターのプライマリノードのスナップショットを作成します。スナップショットを作成する方法の詳細については、「手動バックアップの作成 (コンソール)」を参照してください。

  5. 新しいクラスターに対して新しいノードタイプを指定して、このスナップショットから復元します。詳細については、「バックアップからの復元 (コンソール)」を参照してください。

    または、新しいノードタイプを使用して、新しいクラスターをスナップショットから作成し、起動できます。詳細については、「外部で作成されたバックアップによる新しいクラスターのシード (Redis)」を参照してください。

  6. アプリケーションでは、新しいクラスターのエンドポイントにエンドポイントが更新されます。詳細については、「Redis (クラスターモードが無効) クラスターのエンドポイントの検索 (コンソール)」を参照してください。

  7. 古いクラスターを削除します。詳細については、「レプリケーショングループの削除 (コンソール)」を参照してください。

  8. スナップショットは不要になったら削除します。詳細については、「バックアップの削除 (コンソール)」を参照してください。

ヒント

レプリケーショングループが作成または復元中に使用不可になっても構わない場合は、アプリケーションのエンドポイントの更新を不要にすることができます。その場合は、スナップショットの作成直後に古いクラスターを削除し、古いクラスターの名前を新しいクラスターの名前として再利用します。

Redis レプリケーショングループのスケールダウン (AWS CLI)

以下のプロセスでは、AWS CLI を使用して、Redis レプリケーショングループをより小さいノードタイプにスケーリングします。

Redis レプリケーショングループをスケールダウンするには (AWS CLI)

  1. より小さいノードタイプがデータとオーバーヘッドのニーズを満たしていることを確認します。詳細については、「Redis クラスターのノードサイズの選択」を参照してください。

  2. パラメータグループが reserved-memory を使用して Redis のオーバーヘッド用のメモリを確保する場合、新しいノードタイプ用に適切な容量のメモリを確保するカスタムパラメータグループがあることを確認してください。

    または、reserved-memory-percent を使用するよう、カスタムパラメータグループを変更できます。詳細については、「予約メモリの管理 (Redis)」を参照してください。

  3. 既存の Redis ノードのスナップショットを作成します。手順については、「手動バックアップの作成 (AWS CLI)」を参照してください。

  4. 新しいノードタイプとして、新しい、より小さいノードタイプを、また必要に応じて新しいパラメータグループを使用して、スナップショットから復元します。詳細については、「バックアップからの復元 (AWS CLI)」を参照してください。

  5. アプリケーションで、エンドポイントを新しいキャッシュクラスターのエンドポイントに更新します。詳細については、「レプリケーショングループのエンドポイントの検索 (AWS CLI)」を参照してください。

  6. 古いレプリケーショングループを削除します。詳細については、「レプリケーショングループの削除 (AWS CLI)」を参照してください。

  7. スナップショットは不要になったら削除します。詳細については、「バックアップの削除 (AWS CLI)」を参照してください。

ヒント

レプリケーショングループが作成または復元中に使用不可になっても構わない場合は、アプリケーションのエンドポイントの更新を不要にすることができます。その場合は、スナップショットの作成直後に古いレプリケーショングループを削除し、古いレプリケーショングループの名前を新しいレプリケーショングループの名前として再利用します。

Redis レプリケーショングループのスケールダウン (ElastiCache API)

以下のプロセスでは、ElastiCacheAPI を使用して、Redis レプリケーショングループをより小さいノードタイプにスケーリングします。

Redis レプリケーショングループをスケールダウンするには (ElastiCache API)

  1. より小さいノードタイプがデータとオーバーヘッドのニーズを満たしていることを確認します。詳細については、「Redis クラスターのノードサイズの選択」を参照してください。

  2. パラメータグループが reserved-memory を使用して Redis のオーバーヘッド用のメモリを確保する場合、新しいノードタイプ用に適切な容量のメモリを確保するカスタムパラメータグループがあることを確認してください。

    または、reserved-memory-percent を使用するよう、カスタムパラメータグループを変更できます。詳細については、「予約メモリの管理 (Redis)」を参照してください。

  3. 既存の Redis キャッシュクラスターのスナップショットを作成します。手順については、「手動バックアップの作成 (ElastiCache API)」を参照してください。

  4. 新しいノードタイプとして、新しい、より小さいノードタイプを、また必要に応じて新しいパラメータグループを使用して、スナップショットから復元します。詳細については、「バックアップからの復元 (ElastiCache API)」を参照してください。

  5. アプリケーションで、エンドポイントを新しいキャッシュクラスターのエンドポイントに更新します。詳細については、「エンドポイントの検索 (ElastiCache API)」を参照してください。

  6. 古いレプリケーショングループを削除します。詳細については、「レプリケーショングループの削除 (ElastiCache API)」を参照してください。

  7. スナップショットは不要になったら削除します。詳細については、「バックアップの削除 (ElastiCache API)」を参照してください。

ヒント

レプリケーショングループが作成または復元中に使用不可になっても構わない場合は、アプリケーションのエンドポイントの更新を不要にすることができます。その場合は、スナップショットの作成直後に古いレプリケーショングループを削除し、古いレプリケーショングループの名前を新しいレプリケーショングループの名前として再利用します。