メニュー
Amazon ElastiCache
ユーザーガイド (API Version 2015-02-02)

シャード (Redis)

シャード (API/CLI: ノードグループ) は、1 〜 6 個の Redis ノードで構成されるコレクションです。Redis (クラスターモードが無効) クラスターを構成するシャードは 1 つに限られます。Redis (クラスターモードが有効) クラスターは 1 から 15 個のシャードで構成できます。クラスターのデータは、クラスターのシャード間で分割されます。シャードに複数のノードがある場合、1 つを読み書きのプライマリノード、その他を読み取り専用のレプリカノードとするレプリケーションが実装されます。

ElastiCache コンソールを使用して Redis (クラスターモードが有効) クラスターを作成する際は、クラスター内のシャード数とシャード内のノード数を指定します。詳細については、「Redis (クラスターモードが有効) クラスターの作成 (コンソール)」を参照してください。ElastiCache API または AWS CLI を使用してクラスター (API/CLI ではレプリケーショングループ) を作成する場合は、シャード内のノード (API/CLI: ノードグループ) の数を個別に設定できます。詳細については、以下のトピックを参照してください。

シャード内の各ノードのコンピューティング、ストレージ、メモリの仕様は同じです。ElastiCache API を使用すると、ノード数、セキュリティ設定、システムメンテナンス時間など、シャード全体の属性を制御できます。

イメージ: Redis シャードの構成.

Redis シャードの構成