メニュー
Amazon ElastiCache
ユーザーガイド (API Version 2015-02-02)

ElastiCache リソースへのタグのコピー

ElastiCache API または AWS CLI を使用して ElastiCache リソースに対して特定のオペレーションを実行するときに、リソースにタグが存在する場合は、タグがコピーされます。次のリストで、このようなオペレーションと実行されるコピーについて説明します。

  • CopySnapshot または copy-snapshot – バックアップのコピーを作成するときに、ソースのバックアップにタグがある場合は、タグもコピー先にコピーされます。

  • CreateSnapshot または create-snapshot – バックアップを作成するときに、ソースクラスターにタグがある場合は、タグもバックアップにコピーされます。

  • DeleteSnapshot または delete-snapshot – バックアップを削除するときに、バックアップにタグがある場合は、タグもバックアップとともに削除されます。

  • CreateCacheCluster または create-cache-cluster – クラスターを作成しバックアップからシードするとき、バックアップのタグはすべて新しいクラスターへコピーされます。

  • DeleteCacheCluster または delete-cache-cluster – クラスターを削除するときに、クラスターのタグはクラスターとともに削除されます。ただし、最終バックアップを作成する場合、タグはバックアップにコピーされます。

  • CreateReplicationGroup または create-replication-group – レプリケーショングループを作成し 1 つまたは複数のバックアップからシードするとき、バックアップのタグはすべて新しいレプリケーショングループへコピーされます。

  • DeleteReplicationGroup または delete-replication-group – レプリケーショングループを削除するとき、レプリケーショングループのタグはレプリケーショングループとともに削除されます。ただし、最終バックアップを作成する場合、タグはバックアップにコピーされます。