メニュー
Amazon ElastiCache
ユーザーガイド (API Version 2015-02-02)

メンテナンス時間

すべてのクラスターには、週ごとのメンテナンス時間があります。その時間内にシステムの変更が適用されます。キャッシュクラスターの作成または変更時に、希望するメンテナンス時間を指定しない場合、ElastiCache では、ランダムに選択された曜日に対してリージョン内で 60 分のメンテナンス時間を割り当てます。

60 分のメンテナンス時間は、リージョンごとに決められた 8 時間の中でランダムに選択されます。次の表に、デフォルトでメンテナンス時間が割り当てられる各リージョンの時間ブロックを示します。リージョンのメンテナンス時間外で、希望するメンテナンス時間を選択できます。

リージョンコード リージョン名 リージョンメンテナンスウィンドウ
ap-northeast-1 アジアパシフィック (東京) リージョン 13:00–21:00 UTC
ap-south-1 アジアパシフィック (ムンバイ) リージョン 17:30–1:30 UTC
ap-southeast-1 アジアパシフィック (シンガポール) リージョン 14:00–22:00 UTC
ap-southeast-2 アジアパシフィック (シドニー) リージョン 12:00–20:00 UTC
cn-north-1 中国(北京)リージョン 14:00–22:00 UTC
eu-central-1 欧州 (フランクフルト) リージョン 23:00–07:00 UTC
eu-west-1 欧州 (アイルランド) リージョン 22:00–06:00 UTC
sa-east-1 南米 (サンパウロ) リージョン 01:00–09:00 UTC
us-east-1 米国東部 (バージニア北部) リージョン 03:00–11:00 UTC
us-east-2 米国東部 (オハイオ) リージョン 04:00–12:00 UTC
us-gov-west-1 AWS GovCloud (US) リージョン 06:00–14:00 UTC
us-west-1 米国西部 (北カリフォルニア) リージョン 06:00–14:00 UTC
us-west-2 米国西部 (オレゴン) リージョン 06:00–14:00 UTC

メンテナンス時間は使用率の最も低い時間帯に設定する必要があります。このため、場合によっては変更が必要になります。お客様がリクエストしたメンテナンス作業が発生する、時間範囲を最大 24 時間で指定できます。お客様のリクエストにより延期または保留中のクラスターの変更は、この時間に行われます。

キャッシュクラスターの優先メンテナンス期間の調整方法の詳細については、「ElastiCache クラスターの変更」または「レプリカを持つクラスターの変更」を参照してください。