メニュー
Amazon ElastiCache
ユーザーガイド (API Version 2015-02-02)

ElastiCache の管理

Amazon EC2 インスタンスに ElastiCache クラスターへのアクセスを許可した場合、ElastiCache クラスターを管理するには、AWS マネジメントコンソール、AWS CLI for ElastiCache、AWS SDK for ElastiCache、ElastiCache API の 4 つの方法があります。

ElastiCache の管理 (コンソール)

AWS マネジメントコンソール は、Amazon ElastiCache を管理する最も簡単な方法です。このコンソールを使用すると、コードを記述しなくても、キャッシュクラスターの作成、キャッシュノードの追加と削除、他の管理タスクを実行することができます。コンソールには、CloudWatch からのキャッシュノードパフォーマンスグラフも表示され、キャッシュエンジンアクティビティ、メモリと CPU の使用率などのメトリクスが示されます。詳細については、この「ユーザーガイド」の特定のトピックを参照してください。

ElastiCache の管理 (AWS CLI)

AWS Command Line Interface (AWS CLI) for ElastiCache を使用することもできます。AWS CLI では、キャッシュクラスターの起動や停止など、1 つずつ行う操作を簡単に実行できます。さらに、選択したスクリプト言語から ElastiCache 用 AWS CLI のコマンド を呼び出して、繰り返し行うタスクを自動化することもできます。AWS CLI の詳細については、『ユーザーガイド』と『AWS Command Line Interface Reference』を参照してください。

ElastiCache の管理 (AWS SDK)

アプリケーションから ElastiCache にアクセスする場合、AWS Software Development Kit (SDK) のいずれかを使用できます。SDK は、ElastiCache API 呼び出しをラップし、ElastiCache API の低レベルの詳細からアプリケーションを隔離します。開発者が認証情報を指定すれば、SDK ライブラリによって認証とリクエスト署名の処理が自動的に行われます。AWS SDK の使用の詳細については、「Amazon Web Services 用のツール」を参照してください。

ElastiCache の管理 (ElastiCache API)

さらに、ElastiCache ウェブサービス API に対して直接アプリケーションコードを記述することもできます。API を使用する場合、HTTP リクエストの構築と認証、ElastiCache からの結果の解析、エラーの処理に必要なコードを記述する必要があります。この API の詳細については、「ElastiCache API の使用」を参照してください。