メニュー
Amazon ElastiCache
ユーザーガイド (API Version 2015-02-02)

ElastiCache チュートリアルの動画

Amazon ElastiCache の基本的な概念と高度な概念を理解できるチュートリアルの動画を以下で確認できます。AWS のトレーニングについては、「AWS トレーニングと認定」を参照してください。

入門動画チュートリアル

次の動画では、Amazon ElastiCache について紹介しています。

Amazon ElastiCache のご紹介

このチュートリアルでは、主要な Amazon ElastiCache の概念について学習して、Amazon クラウドでの ElastiCache クラスターの作成と起動のデモを確認し、無料の Qwik Labs で演習を行います。

DAT204—AWS NoSQL サービスでのスケーラブルなアプリケーションの構築 (re:Invent 2015)

このセッションでは、NoSQL データベースの利点について説明し、AWS が提供する主な NoSQL サービスである Amazon DynamoDB と Amazon ElastiCache の概要を確認します。その後、当社の主要なお客様である Expedia と Mapbox を取り上げ、ユースケースやアーキテクト上の課題、さらには AWS NoSQL サービスを利用した対処方法について、設計パターンやベストプラクティスの情報を交えながら確認します。このセッションを通じて、NoSQL とその強力な機能についての理解を深め、データベース関連の課題に自信を持って対処できるようになります。

DAT207 — Amazon ElastiCache によるアプリケーションパフォーマンスの向上 (AWS re:Invent 2013)

このチュートリアルでは、Amazon ElastiCache を使用して Memcached または Redis 互換インメモリキャッシングシステムを簡単にデプロイして、アプリケーションパフォーマンスを高める方法について学習できます。Amazon ElastiCache を使用してアプリケーションのレイテンシーを改善し、データベースサーバーの負荷を下げる方法について説明します。また、アプリケーションが増加しても管理とスケーリングが簡単なキャッシュ Layer を構築する方法も示します。このセッション中、キャッシュを有効にすることによりメリットが得られるさまざまなシナリオとユースケースについて調べ、Amazon ElastiCache に用意されている機能について説明します。

上級者向け動画チュートリアル

次の動画では、Amazon ElastiCache に関するより高度なトピックも取り上げています。

DAT306 — Amazon ElastiCache の詳細 (re:Invent 2016)

ElastiCache の設計やアーキテクチャを理解するために、その裏側をのぞいてみましょう。Redis や Memcached の一般的な設計パターンを示すと共に、お客様がこれらをメモリ内のオペレーションでどのように使用し、レイテンシーを減らしてアプリケーションスループットを向上させたかを説明します。このセッションでは、ElastiCache のベストプラクティス、設計パターン、およびアンチパターンについて概説します。

DAT317— IFTTT が Redis の ElastiCache を使用してイベントを予測する方法 (re:Invent 2016)

IFTTT は、簡単なタスクの自動化から、家での操作と制御の方法の転換まで、ユーザーが好みのサービスでよりさまざまなことができるように強化する無料サービスです。IFTTT は Redis の ElastiCache を使用して、トランザクション実行履歴の保存、スケジュールの予測を行っています。また、Amazon S3 でログドキュメントのインデックス付けも行っています。このセッションを表示して、Lua のスクリプトのパワーと Redis のデータ型によって他ではできないことを実現できた方法を学んでください。

DAT407 — Amazon ElastiCache の詳細 (re:Invent 2015)

ElastiCache の設計やアーキテクチャを理解するために、その裏側をのぞいてみましょう。まず、Memcached や Redis の一般的な設計パターンを示すと共に、お客様がこれらをメモリ内の操作でどのように使用し、アプリケーションのレイテンシーやスループットをどのように向上させてきたかを説明します。このセッションでは、Amazon ElastiCache に関連するベストプラクティス、設計パターン、アンチパターンについて概説します。

SDD402 — Amazon ElastiCache の詳細 (re:Invent 2014)

このチュートリアルでは、一般的なキャッシュのユースケース、Memcached エンジンと Redis エンジン、ニーズに合うエンジンを判断するのに役立つパターン、整合性のあるハッシュ、高速でスケーラブルなアプリケーションを構築する他の手段について調べます。Adobe が Amazon ElastiCache を使用してカスタマーエクスペリエンスを高め、ビジネスを拡大している方法について、Adobe のプリンシパルサイエンティストである Frank Wiebe 氏が詳しく説明します。

DAT307 — Amazon ElastiCache のアーキテクチャおよびデザインパターンの詳細 (re:Invent 2013)

このチュートリアルでは、キャッシュ、キャッシュ戦略、拡張、モニタリングについて検討します。また、Memcached エンジンと Redis エンジンの比較も行います。このセッション中、Amazon ElastiCache に関連するベストプラクティスとデザインパターンも確認します。