メニュー
Amazon ElastiCache
ユーザーガイド (API Version 2015-02-02)

最終バックアップの作成

ElastiCache コンソール、AWS CLI、または ElastiCache API を使用して最終バックアップを作成できます。

最終バックアップの作成 (コンソール)

ElastiCache コンソールを使用して、Redis クラスター (API または CLI ではレプリケーショングループ) の削除時に最終バックアップを作成できます。

Redis クラスターの削除時に最終バックアップを作成するには、削除ダイアログボックス (ステップ 5) で [Yes] を選択し、バックアップに名前を付けます。

最終バックアップの作成 (AWS CLI)

AWS CLI を使用して、Redis クラスター (API または CLI ではレプリケーショングループ) の削除時に最終バックアップを作成できます。

Redis クラスターを削除する場合

最終バックアップを作成するには、以下のパラメーターを指定して、delete-cache-cluster AWS CLI オペレーションを行います。

  • --cache-cluster-id – 削除するクラスターの名前。

  • --final-snapshot-identifier - バックアップの名前。

以下のコードは、最終バックアップ bkup-20150515-final をクラスター myRedisCluster の削除時に作成します。

Linux, macOS, or Unix 用:

Copy
aws elasticache delete-cache-cluster \ --cache-cluster-id myRedisCluster \ --final-snapshot-identifier bkup-20150515-final

Windows の場合:

Copy
aws elasticache delete-cache-cluster ^ --cache-cluster-id myRedisCluster ^ --final-snapshot-identifier bkup-20150515-final

詳細については、『AWS Command Line Interface Reference』の「delete-cache-cluster」を参照してください。

Redis レプリケーショングループを削除する場合

レプリケーショングループの削除時に最終バックアップを作成するには、以下のパラメーターを指定して、delete-replication-group AWS CLI オペレーションを行います。

  • --replication-group-id – 削除するレプリケーショングループの名前。

  • --final-snapshot-identifier - 最終バックアップの名前。

以下のコードは、最終バックアップ bkup-20150515-final をレプリケーショングループ myReplGroup の削除時に作成します。

Linux, macOS, or Unix 用:

Copy
aws elasticache delete-replication-group \ --replication-group-id myReplGroup \ --final-snapshot-identifier bkup-20150515-final

Windows の場合:

Copy
aws elasticache delete-replication-group ^ --replication-group-id myReplGroup ^ --final-snapshot-identifier bkup-20150515-final

詳細については、『AWS Command Line Interface Reference』の「delete-replication-group」を参照してください。

最終バックアップの作成 (ElastiCache API)

ElastiCache API を使用して、Redis クラスターまたはレプリケーショングループの削除時に最終バックアップを作成できます。

Redis クラスターを削除する場合

最終バックアップを作成するには、以下のパラメーターを指定して、DeleteCacheCluster ElastiCache API オペレーションを行います。

  • CacheClusterId – 削除するクラスターの名前。

  • FinalSnapshotIdentifier - バックアップの名前。

以下の ElastiCache API オペレーションでは、bkup-20150515-finalクラスター削除時myRedisCluster のバックアップが作成されます。

Copy
https://elasticache.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=DeleteCacheCluster &CacheClusterId=myRedisCluster &FinalSnapshotIdentifier=bkup-20150515-final &Version=2015-02-02 &SignatureVersion=4 &SignatureMethod=HmacSHA256 &Timestamp=20150202T192317Z &X-Amz-Credential=<credential>

詳細については、『Amazon ElastiCache API Reference』の「DeleteCacheCluster」を参照してください。

Redis レプリケーショングループを削除する場合

レプリケーショングループの削除時に最終バックアップを作成するには、以下のパラメーターを指定して、DeleteReplicationGroup ElastiCache API オペレーションを行います。

  • ReplicationGroupId – 削除するレプリケーショングループの名前。

  • FinalSnapshotIdentifier - 最終バックアップの名前。

以下の ElastiCache API オペレーションでは、bkup-20150515-finalレプリケーショングループの削除時myReplGroup にバックアップが作成されます。

Copy
https://elasticache.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=DeleteReplicationGroup &FinalSnapshotIdentifier=bkup-20150515-final &ReplicationGroupId=myReplGroup &Version=2015-02-02 &SignatureVersion=4 &SignatureMethod=HmacSHA256 &Timestamp=20150202T192317Z &X-Amz-Credential=<credential>

詳細については、『Amazon ElastiCache API Reference』の「DeleteReplicationGroup」を参照してください。