メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

Oracle Application Express

Amazon RDS では、APEX および APEX-DEV オプションを使用することによる Oracle Application Express (APEX) がサポートされています。APEX はウェブベースアプリケーション用の開発およびランタイム環境です。APEX を使用して、開発者はウェブブラウザ内でアプリケーション全体を構築できます。詳細については、Oracle ドキュメントの Oracle Application Express を参照してください。

Oracle APEX は、2 個のメインコンポーネントで構成されます。

  • APEX アプリケーションおよびコンポーネントのメタデータを格納するリポジトリ。リポジトリは、テーブル、インデックス、および Amazon RDS DB インスタンスにインストールされている他のオブジェクトで構成されます。

  • APEX クライアントとの HTTP 通信を管理するリスナー。リスナーは、ウェブブラウザからの受信接続を受け入れ、処理するためにそれらを Amazon RDS DB インスタンスに転送した後、リポジトリから結果をブラウザに戻します。APEX Listener は、Oracle 12c で Oracle Rest Data Services (ORDS) という名前に変更されたことに注意してください。

DB インスタンスに APEX オプションを追加すると、Amazon RDS により APEX リポジトリのみインストールされます。APEX リスナーは別個のホストにインストールする必要があります (Amazon EC2 インスタンス、社内のオンプレミスサーバー、またはデスクトップコンピュータ)。

Amazon RDS は Oracle 12c の Oracle APEX の以下のバージョンをサポートします。

  • Oracle APEX バージョン 4.2.6

  • Oracle Rest Data Services (ORDS)、APEX リスナー

 

Amazon RDS は Oracle 11g の Oracle APEX の以下のバージョンをサポートします。

  • Oracle APEX バージョン 4.1.1

  • Oracle APEX Listener 1.1.4

 

APEX および APEX リスナーの前提条件

APEX および APEX リスナーを使用するための前提条件は次のとおりです。

  • DB インスタンスで管理タスクを実行するために SQL*Plus が必要です。

  • APEX リスナーとして機能するホストコンピュータに、次のソフトウェアをインストールする必要があります。

    • Java ランタイム環境 (JRE)。

    • APEX Listener が Amazon RDS インスタンスに接続できるようにする Oracle Net Services。

APEX オプションの追加

DB インスタンスに APEX オプションを追加する一般的な手順は以下のとおりです。

  1. 新しいオプショングループを作成するか、既存のオプショングループをコピーまたは変更します。

  2. オプショングループにオプションを追加します。

  3. オプショングループを DB インスタンスに関連付けます。

APEX オプションを追加する場合、DB インスタンスを自動的に再起動している間に短い停止が発生します。

To add the APEX options to a DB instance

  1. Determine the option group you want to use. You can create a new option group or use an existing option group. If you want to use an existing option group, skip to the next step. Otherwise, create a custom DB option group with the following settings:

    1. For Engine, choose the Oracle edition that you want to use. The APEX options are supported on all editions.

    2. For Major Engine Version, choose 11.2 or 12.1.

    For more information, see オプショングループを作成する.

  2. Add the following options to the option group:

    • For Oracle 12c, add the APEX and APEX-DEV options.

    • For Oracle 11g, add the APEX, APEX-DEV, and XMLDB options.

    重要

    If you add the APEX options to an existing option group that is already attached to one or more DB instances, a brief outage occurs while all the DB instances are automatically restarted.

    For more information about adding options, see オプショングループにオプションを追加する.

  3. Apply the option group to a new or existing DB instance:

注記

APEX 実行時環境のみデプロイする場合、後で APEX-DEV オプションを削除できます。ただし、インストール時には APEX-DEV オプションを APEX オプションとともに含める必要があります。

パブリックユーザーアカウントのロック解除

APEX オプションのインストール後、APEX パブリックユーザーアカウントのパスワードを変更し、その後アカウントをロック解除する必要があります。Oracle SQL*Plus コマンドラインユーティリティを使用してこれを行うことができます。DB インスタンスにマスターユーザーとして接続し、次のコマンドを発行します。new_password を任意のパスワードに置き換えます。

Copy
alter user APEX_PUBLIC_USER identified by new_password; alter user APEX_PUBLIC_USER account unlock;

APEX リスナーのインストールと設定

これで、リスナーを Oracle APEX で使用するようにインストールして設定する準備ができました。次のいずれかの製品をこの目的で使用できます。

  • Oracle 12c の場合、Oracle Rest Data Services (ORDS)

  • Oracle 11g の場合、Oracle APEX Listener

  • Oracle HTTP Server と mod_plsql

注記

Amazon RDS では、PL/SQL ゲートウェイが埋め込まれた Oracle XML DB HTTP サーバーがサポートされません。これを APEX リスナーとして使用することはできません。一般的に、Oracle では、インターネット上で稼働するアプリケーションで埋め込みの PL/SQL ゲートウェイを使用しないことが推奨されています。

APEX リスナーは別個のホストにインストールする必要があります (Amazon EC2 インスタンス、社内のオンプレミスサーバー、またはデスクトップコンピュータ)。

次の手順は、APEX リスナーをインストールして設定する方法を示しています。ここでは、ホスト名が myapexhost.example.com であり、ホストで Linux が実行されていることが前提です。

To install and configure the APEX listener

  1. Log in to myapexhost.example.com as root.

  2. Create a nonprivileged OS user to own the APEX listener installation. The following command creates a new user named apexuser.

    Copy
    useradd -d /home/apexuser apexuser

    The following command assigns a password to the new user.

    Copy
    passwd apexuser;
  3. Log in to myapexhost.example.com as apexuser, and download the APEX and APEX Listener installation files from Oracle:

  4. Unzip the APEX file:

    • For Oracle 12c, run the following code.

      Copy
      unzip apex_4.2.6.zip
    • For Oracle 11g, run the following code.

      Copy
      unzip apex_4.1.1.zip
  5. Create a new directory and open the APEX Listener file:

    • For Oracle 12c, run the following code.

      Copy
      mkdir /home/apexuser/ORDS cd /home/apexuser/ORDS unzip ../ords.3.0.0.65.09.31.zip
    • For Oracle 11g, run the following code.

      Copy
      mkdir /home/apexuser/apexlistener cd /home/apexuser/apexlistener unzip ../apex_listener.1.1.4.zip
  6. While you are still in the directory from the previous step, run the listener program.

    Oracle Version Instructions

    12c

    Run the following code.

    Copy
    java -jar ords.war setup

    The program prompts you for the following information. The default values are in brackets.

    • The name of the database server [localhost]

    • The database listen port [1521]

    • Database service name or database SID [1]

      1 to specify the database service name, 2 to specify the database SID.

    • Database SID [xe]

    • Database user name [APEX_PUBLIC_USER]

    • Database password

    11g

    Run the following code:

    Copy
    java -Dapex.home=./apex -Dapex.images=/home/apexuser/apex/images -Dapex.erase -jar ./apex.war

    The program prompts you for the following:

    • The APEX Listener Administrator user name. The default is adminlistener.

    • A password for the APEX Listener Administrator.

    • The APEX Listener Manager username. The default is managerlistener.

    • A password for the APEX Listener Administrator.

    The program prints a URL that you need in order to complete the configuration, as follows.

    Copy
    INFO: Please complete configuration at: http://localhost:8080/apex/listenerConfigure Database is not yet configured

    Leave the APEX Listener running. It needs to continue running for you to use Oracle Application Express. When you have finished this configuration procedure, you can run the listener in the background.

    From your web browser, go to the URL provided by the APEX Listener program. The Oracle Application Express Listener administration window appears. Type the following information:

    • UsernameAPEX_PUBLIC_USER

    • Password – the password for APEX_PUBLIC_USER. This password is the one that you specified earlier when you configured the APEX repository. For more information, see パブリックユーザーアカウントのロック解除.

    • Connection Type – Basic

    • Hostname – the endpoint of your Amazon RDS DB instance, such as mydb.f9rbfa893tft.us-east-1.rds.amazonaws.com.

    • Port – 1521

    • SID – the name of the database on your Amazon RDS DB instance, such as mydb.

    Choose Apply. The APEX administration window appears.

  7. You must set a password for the APEX admin user. To do this, use SQL*Plus to connect to your DB instance as the master user, and then issue the following commands.

    Copy
    grant APEX_ADMINISTRATOR_ROLE to master; @/home/apexuser/apex/apxchpwd.sql

    Replace master with your master user name. When the apxchpwd.sql script prompts you, type a new admin password.

  8. For 12c only, start the APEX Listener. Run the following code.

    Copy
    java -jar ords.war

    The first time you start the APEX Listener, you are prompted to provide the location of the APEX Static resources. This images folder is located in the /apex/images directory in the installation directory for APEX.

  9. Return to the APEX administration window in your browser and choose Administration. Next, choose Application Express Internal Administration. When you are prompted for credentials, type the following information:

    • User nameadmin

    • Password – the password you set using the apxchpwd.sql script

    Choose Login, and then set a new password for the admin user.

これで、APEX リスナーを使用する準備ができました。

APEX オプションの削除

DB インスタンスから APEX オプションを削除できます。APEX オプションを DB インスタンスから削除するには、次のいずれかを実行します。

  • 複数の DB インスタンスから APEX オプションを削除するには、それらが属しているオプショングループから APEX オプションを削除します。この変更はそのオプショングループを使用するすべての DB インスタンスに影響します。複数の DB インスタンスにアタッチされているオプショングループから APEX オプションを削除すると、すべての DB インスタンスが再起動される間、短時間の停止が発生します。

    詳細については、「オプショングループからオプションを削除する」を参照してください。

  • 1 つの DB インスタンスから APEX オプションを削除するには、DB インスタンスを変更し、APEX オプションを含まない別のオプショングループを指定します。デフォルト (空) のオプショングループや別のカスタムオプショングループを指定できます。APEX オプションを削除する場合、DB インスタンスを自動的に再起動している間に短い停止が発生します。

    詳細については、「Oracle データベースエンジンを実行する DB インスタンスの変更」を参照してください。

関連トピック