メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

Microsoft SQL Server データベースの復旧モデルを決定する

Amazon RDS では、復旧モデル、保持期間、およびデータベースステータスがリンクされています。このうち 1 つを変更すると、他の設定に影響する可能性があります。(例:

  • バックアップ保持が有効化された状態でデータベースの復旧モデルを「Simple」に変更すると、Amazon RDS は、設定変更後 5 分以内に復旧モデルを「Full」に設定します。この変更に伴って、Amazon RDS で DB インスタンスのスナップショットも作成されます。

  • バックアップ保持期間を「0」日に設定すると、Amazon RDS で復旧モードが「Simple」に設定されます。

  • バックアップ保持期間を「0」日に設定した状態で、データベースの復旧モデルを「Simple」から他のオプションに変更すると、Amazon RDS で復旧モデルの設定が「Simple」に戻ります。