メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

Microsoft SQL Server のログの使用

Amazon RDS コンソールを使用して、SQL Server エージェントのログや Microsoft SQL Server のエラーログを表示、監視、ダウンロードすることができます。

ログファイルの監視

Amazon RDS コンソールでログを表示すると、その時点で存在しているログの内容を表示できます。コンソールでログを監視すると、動的な状態でログが表示され、ほぼリアルタイムでログの更新を確認できます。

監視の対象としてアクティブになるのは最新のログのみです。たとえば、次のようなログがあるとします。

最新のログである log/ERROR のみがアクティブに更新されています。他のログを表示することもできますが、静的であり、更新されません。

ログファイルのアーカイブ

Amazon RDS コンソールには、過去 1 週間と当日のログが表示されます。ログをダウンロードしてアーカイブし、過去のリファレンスとして保持できます。ログをアーカイブする方法の 1 つとして、Amazon S3 インスタンスにログをロードする方法があります。Amazon S3 インスタンスをセットアップしてファイルをアップロードする方法については、Amazon Simple Storage Service 入門ガイドの「Amazon S3 の基礎」を参照し、[Get Started] をクリックしてください。

rds_read_error_log プロシージャの使用

Microsoft SQL Server のエラーログおよびエージェントログを表示するには、以下のパラメーターで Amazon RDS ストアドプロシージャ rds_read_error_log を使用します。

  • @index – 取得するログのバージョン。デフォルト値は 0 で、現在のエラーログを取得します。以前のログを取得するには 1、さらにもう一つ前のログを取得するには 2、という方法で指定します。

  • @type – 取得するログのタイプ。エラーログを取得するには、1 を指定します。エージェントログを取得するには、2 を指定します。

以下の例では現在のエラーログをリクエストします。

Copy
EXEC rdsadmin.dbo.rds_read_error_log @index = 0, @type = 1;

関連トピック