メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

データベースエンジンの更新 2015-08-24 版

バージョン: 1.1

この更新には以下の改良点が含まれています。

  • MySQL データベースでレプリケーションする場合のレプリケーションの安定性の改善 (バイナリログレプリケーション)。MySQL を使用した Amazon Aurora レプリケーションの詳細については、「Amazon Aurora とのレプリケーション」を参照してください。

  • リレーログのサイズの 1 ギガバイト (GB) 制限がレプリケーションスレーブである Amazon Aurora DB クラスターも合算します。これにより、Aurora DB クラスターのファイル管理が改善されます。

  • 先読み、再帰的な外部キーの関係および Aurora レプリケーション部分の安定性の向上。

  • MySQL バグ修正の統合.

    • 名前の先頭が数字の InnoDB データベースでは、全文検索 (FTS) パーサーエラーが発生します。(バグ #17607956)

    • InnoDB 全文検索は、名前の尖塔が数字のデータベースでは失敗します。(バグ #17161372)

    • Windows 上の InnoDB データベースの場合、全文検索 (FTS) オブジェクト ID が期待される 16 進形式ではありません。(バグ #16559254)

    • MySQL 5.6 に導入されたコード回帰は、DROP TABLE と ALTER TABLE のパフォーマンスにマイナスの影響を与えました。このため、MySQL Server 5.5.x から 5.6.x に移行するとパフォーマンスが低下する可能性があります (バグ #16864741)。

  • ロギングを単純にしてログファイルのサイズおよび必要なストレージ容量を削減します。