メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

データベースエンジンの更新 2015-10-16 版

バージョン: 1.2、1.3

この更新には以下の改良点が含まれています。

修正内容:

  • 新しいロックマネージャーで実行時間の長いトランザクションの際のメモリー不足の問題を解決しました。

  • 非 RDS MySQL データベースでレプリケートする際のセキュリティの脆弱性を解決しました。

  • ストレージ障害時にクォーラム書き込みが確実に正しく再試行されるように更新しました。

  • レプリカの遅延をより正確にレポートするように更新しました。

  • 多くの競合トランザクションが同じ列を変更しようとしているとき接続を減らすことでパフォーマンスを改善しました。

  • 2 つのテーブルを結合して作成されたビューでのクエリキャッシュの無効化を解決しました。

  • UNCOMMITTED_READ 分離を使用したトランザクションのクエリキャッシュを無効化しました。

改良点:

  • ウォームキャッシュでのカタログクエリが遅い問題のパフォーマンスがよくなりました。

  • ディクショナリ統計での同時実行を改善しました。

  • 新規クエリのキャッシュリソースマネージャー、拡張管理、Amazon Aurora スマートストレージに保存するファイル、およびログ記録のバッチ書き込みの安定性が向上しました。

MySQL バグ修正の統合:

  • innodb 内でクエリを強制するとアサーションとともにクラッシュすることがある。(バグ #1608883)

  • イベントスケジューラー、イベント実行、または新規接続で新規スレッドの作成に失敗すると、エラーログにメッセージが書き込まれない。(バグ #16865959)

  • 1 つの接続がデフォルトのデータベースを変更すると同時に別の接続が SHOW PROCESSLIST を実行した場合、2 番目の接続が 1 番目の接続のデフォルトのデータベースメモリを表示しようとすると無効なメモリにアクセスする。(バグ #11765252)

  • 設計によるバイナリログの消去が使用中またはアクティブなバイナリログファイルを削除せず、これが発生したときに通知しない。(バグ #13727933)

  • 一部のステートメントで、オプティマイザが不必要なサブクエリ句を削除するとメモリリークが発生することがある。(バグ #15875919)

  • シャットダウン時に、サーバーが初期化されていないミューテックスをロックする場合がある。(バグ #16016493)

  • 複数の列に名前をつける GROUP_CONCAT() および ORDER BY 句を使用した準備済みステートメントが、サーバーを終了させる場合がある。(バグ #16075310)

  • パフォーマンススキーマの計測がスレーブワーカースレッドで見つからない。(バグ #16083949)

  • STOP SLAVE が、ステータス変数 Slave_retried_transactions、Slave_heartbeat_period、Slave_received_heartbeats、Slave_last_heartbeat、または Slave_running の値を取得する SHOW STATUS などのステートメントと同時に発行された場合に、デッドロックを発生させることがある。(バグ #16088188)

  • 検索する用語が引用句で囲まれた語句の場合に、ブールモードを使用した全文クエリの結果がゼロになることがある。(バグ #16206253)

  • サブクエリの結合の ON 句でサブクエリを使用して準備済みステートメントを実行する際に、オプティマイザが冗長サブクエリ句を削除しようとすると、アサーションが立ち上がる。(バグ #16318585)

  • GROUP_CONCAT が不安定、ITEM_SUM::CLEAN_UP_AFTER_REMOVAL でクラッシュが発生する。(バグ #16347450)

  • デフォルトの InnoDB 全文検索 (FTS) ストップワードリストを、INFORMATION_SCHEMA.INNODB_FT_DEFAULT_STOPWORD と同じ構造を持つ InnoDB テーブルを作成することで置き換えようとすると、エラーになる。(バグ #16373868)

  • スレーブのクライアントスレッドが FLUSH TABLES WITH READ LOCK を実行した後、続いてマスターで更新があると、SHOW SLAVE STATUS を実行したときにスレーブがハングアップする。(バグ #16387720)

  • 全文検索で「abc-def」などの区切り検索文字列を解析する場合、InnoDB で MyISAM と同じ単語区切り記号を使用するようになりました。(バグ #16419661)

  • FTS_AST_TERM_SET_WILDCARD がクラッシュする。(バグ #16429306)

  • FTS RQG テストの FTS_AST_VISIT() のセグメンテーション違反。(バグ #16435855)

  • デバッグを構築するために、オプティマイザがサブクエリを指す Item_ref を削除すると、サーバーが終了する。(バグ #16509874)

  • InnoDB テーブルの全文検索が、リテラル句を + または - 演算子と組み合わせた検索に失敗する。(バグ #16516193)

  • オプション --master-info-repository=TABLE relay-log-info-repository=TABLE を付けて autocommit を 0 に設定し、--skip-slave-start を付けてサーバーを起動すると、START SLAVE が失敗する。(バグ #16533802)

  • 非常に大きい InnoDB 全文検索 (FTS) 結果でメモリの消費が大きすぎる。(バグ #16625973)

  • デバッグの構成で、検索文字列に直接バイナリを使用した場合、バイナリに NULL バイトや意味のない文字が含まれていることがあるため、OPT_CHECK_ORDER_BY でアサーションが発生する。(バグ #16766016)

  • 一部のステートメントで、オプティマイザが不必要なサブクエリ句を削除するとメモリリークが発生することがある。(バグ #16807641)

  • スレーブへの新規接続で STOP SLAVE を発行した後で元の接続を使用して SHOW SLAVE STATUS を発行した場合、FLUSH TABLES WITH READ LOCK を発行した後でデッドロックが発生する可能性がある。(バグ #16856735)

  • 無効な区切り記号を使用した GROUP_CONCAT でサーバーが終了する場合がある。(バグ #16870783)

  • SHOW STATUS LIKE "パターン" のステートメントの LOCK_active_mi および active_mi->rli->data_lock ミューテックスで、パターンがそのミューテックス (Slave_heartbeat_period、Slave_last_heartbeat、Slave_received_heartbeats、Slave_retried_transactions、Slave_running) を使用するステータス変数に一致しない場合でも、サーバーが過剰にロックする。(バグ #16904035)

  • ブールモード修飾子を使用した全文検索がアサーションを伴う失敗になる。(バグ #16927092)

  • + ブール演算子を使用した検索で InnoDB テーブルの全文検索が失敗する。(バグ #17280122)

  • 4 ウェイデッドロック: ゾンビ、バイナリログの破棄、プロセスリストの表示、バイナリログの表示。(バグ #17283409)

  • コミットロックを待っている SQL スレッドが強制終了され再スタートされると、トランザクションがスレーブにスキップされる。(バグ #17450876)

  • 「unended」トークンが原因で InnoDB 全文検索失敗が発生する。文字列および文字列長を、文字列比較に渡す必要があります。(バグ #17659310)

  • 多数の分割された InnoDB テーブルを MySQL 5.6 または 5.7 で使用すると、MySQL サーバーの以前のリリースで同じテーブルを使用したときよりも多くのメモリを消費する。(バグ #17780517)

  • 全文クエリで、num_token が max_proximity_item より少ないことを確認しようとして失敗すると、アサーションが発生する。(バグ #18233051)

  • INFORMATION_SCHEMA TABLES および COLUMNS テーブルの特定のクエリが、多量の空の InnoDB がある場合に過剰にメモリを使用する。(バグ #18592390)

  • トランザクションをコミットするときに、特に master_info_repository=TABLE でサーバーを実行している場合により多くのリソースを使用していたスレッドそのものを確認する方法ではなく、フラグを使用してスレッドが作成されたかどうかを確認するようになりました。(バグ #18684222)

  • マスターが DML を実行している間にスレーブのクライアントスレッドが FLUSH TABLES WITH READ LOCK を実行する場合、同じクライアントで SHOW SLAVE STATUS を実行するとブロックされ、デッドロックを発生させる。(バグ #19843808)

  • GROUP_CONCAT() で順序付けを行うと、サーバーが終了する場合がある。(バグ #19880368)