メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

データベースエンジンの更新 2015-12-03 版

バージョン: 1.4

この更新には以下の改良点が含まれています。

新機能:

  • 高速挿入 – プライマリキーによってソートされた並列挿入を加速します。詳細については、「Aurora パフォーマンスの拡張」を参照してください。

  • 大きなデータセットの読み込みパフォーマンス – Amazon Aurora は IO にかかる大きな負荷を自動的に検出し、DB クラスターのパフォーマンスを向上させるためにより多くのスレッドを起動します。Aurora スケジューラは IO アクティビティを参照して、システム内のスレッド数を動的に最適化し、オーバーヘッドを抑えながら IO の負荷と CPU の負荷を迅速に調整します。

  • 並列先読み – プライマリインスタンスまたは Aurora レプリカで使用可能なメモリに対して大きすぎる B-Tree スキャンのパフォーマンスを改善します (範囲クエリを含む)。並列先読みはページの読み取りパターンを検出し、必要な場合に備えて事前にページをバッファキャッシュに取得します。並列先読みは同じトランザクション内で同時に複数のテーブルで機能します。

改良点:

  • Aurora ストレージのデプロイメント時に Aurora データベースの可用性が短い問題を修正しました。

  • max_connection 制限を正しく強制します。

  • Aurora がバイナリログのマスターであり、大きなデータをロードした後にデータベースが再起動する際のバイナリログの破棄を改善しました。

  • テーブルキャッシュのメモリ管理の問題を修正しました。

  • 高速復旧のために共有メモリのバッファキャッシュでの膨大なページのサポートを追加しました。

  • スレッドローカルストレージが初期化されない問題を修正しました。

  • 16K 接続をデフォルトで許可します。

  • IO が膨大なワークロード用の動的スレッドプール。

  • クエリキャッシュで UNION を含めた表示の正常な無効化の問題を修正しました。

  • ディクショナリの統計スレッドでの安定性の問題を修正しました。

  • キャッシュの削除に関連したディクショナリサブシステムのメモリリークを修正しました。

  • マスターで書き込み負荷がきわめて低いときに Aurora レプリカで大きな読み取りレイテンシーが発生する問題を修正しました。

  • マスターで ALTER TABLE ... REORGANIZE PARTITION などの DDL で分割されたテーブルでオペレーションを実行する場合の Aurora レプリカの安定性の問題を修正しました。

  • ボリューム増加時の Aurora レプリカの安定性の問題を修正しました。

  • Aurora レプリカでクラスター化されていないインデックスをスキャンする際のパフォーマンスの問題を修正しました。

  • Aurora レプリカでラグを発生させ、場合によっては登録解除され再起動される安定性の問題を修正しました。

MySQL バグ修正の統合:

  • FTSPARSE() のセグメンテーション違反。(バグ #16446108)

  • InnoDB データディクショナリが列名を変更しながら更新されない。(バグ #19465984)

  • 別のデータベースにテーブル名を変更した後に FTS がクラッシュする。(バグ #16834860)

  • 削除されたテーブルでトリガーの準備が失敗するとエラー 1054 が発生する。(バグ #18596756)

  • メタデータを変更するとトリガーの実行で問題が発生する場合がある。(バグ #18684393)

  • 長い UTF8 VARCHAR フィールドに対してマテリアル化が選択されない。(バグ #17566396)

  • ORDER BY で制限を X にした場合に実行プランのパフォーマンスが悪い。(バグ #16697792)

  • バグ #11765744 を 5.1、5.5 および 5.6 にバックポート。(バグ #17083851)

  • SQL/SQL_SHOW.CC が SIG6 になるミューテックスの問題。ソースが頻繁に FILL_VARIABLES になる。(バグ #20788853)

  • バグ #18008907 を 5.5 以上のバージョンにバックポート。(バグ #18903155)

  • MySQL 5.7 にスタックのオーバーフローエラーの修正を適応。(バグ #19678930)