メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

データベースエンジンの更新 2016-01-11 版

バージョン: 1.5

この更新には以下の改良点が含まれています。

改良点:

  • Aurora ストレージのデプロイメント時にアイドル状態のインスタンスに対する書き込みオペレーションが 10 秒間停止する問題を修正しました。

  • innodb_file_per_tableNo に設定した場合の論理先読みが機能するようになりました。論理先読み機能の詳細については、「データベースエンジンの更新 2015-12-03 版」を参照してください。

  • Aurora レプリカがプライマリインスタンスに再接続する問題を修正しました。この改善により、Aurora レプリカのテストで quantity パラメータに大きな値を指定した場合に、障害挿入クエリの使用に失敗する問題も修正されます。詳細については、「Aurora レプリカの障害のテスト」を参照してください。

  • Aurora レプリカの遅延と再起動のモニタリングを改善しました。

  • Aurora レプリカが遅延し、登録解除され、再起動する原因となっていた問題を修正しました。

  • デッドロックで show innodb status コマンドを実行する際の問題を修正しました。

  • 高書き込みスループット時の、より大きなインスタンスに対するフェイルオーバーの問題を修正しました。

MySQL バグ修正の統合:

  • MySQL の全文検索が、データベース名が数字で始まるテーブルに影響する件を一部修正しました。(ポートのバグ #17607956)

このページの内容: