メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

データベースエンジンの更新 2017-04-05 版

バージョン: 1.12

スナップショットからの復元など、新しいクラスターの作成の推奨バージョンは、Amazon Aurora 1.12 になりました。

既存のクラスターのアップグレードについては、強制ではありません。フリート全体のパッチの 1.11 へのアップグレードが完了した後は、既存のクラスターをバージョン 1.12 にアップグレードするオプションが使用できます (Aurora 1.11 リリースノートおよび対応する Forum Announcement を参照してください)。Aurora のバージョン 1.12 では、クラスターパッチ適用モデルが使用されており、Aurora DB クラスターのすべてのノードに同時にパッチが適用されます。詳細については、「Amazon RDS メンテナンス」を参照してください。

新機能:

  • 高速 DDL – Amazon Aurora により、ALTER TABLE tbl_name ADD COLUMN col_name column_definition オペレーションをほぼ即時に実行できるようになりました。このオペレーションでは、テーブルをコピーする必要はありません。また、他の DML ステートメントに実体的な影響を及ぼすことなく行うことができます。テーブルのコピーの一時ストレージを使用しないため、スモールインスタンスタイプの大きなテーブルに対しても、DDL ステートメントが現実的になります。高速 DDL は現在、デフォルトの値を持たない、null が許容される列を、表の末尾に追加する際にのみ使用できます。この機能は現在、Aurora ラボモードで使用できます。詳細については、「高速 DDL を使用して Amazon Aurora でテーブルを変更する」を参照してください。

  • ボリュームステータスを表示 – 新しいモニタリングコマンド、SHOW VOLUME STATUS が追加されました。このコマンドを使用して、ボリューム内のノードやディスクの数を表示できます。詳細については、「Aurora DB クラスターのボリュームステータスの表示」を参照してください。

改良点:

  • ロックオブジェクトごとに割り当てられたメモリをさらに削減するために、圧縮をロックするよう変更が導入されました。この実装はラボモードで使用できます。

  • データベースがアイドル状態のときでも、trx_active_transactions メトリクスが急速に減少する問題を修正しました。

  • ディスクおよびノードの障害をシミュレートする際の、障害挿入クエリ構文に関する無効なエラーメッセージを修正しました。

  • ロックマネージャの競合状態やデッドラッチに関する複数の問題を修正しました。

  • クエリオプティマイザでバッファのオーバーフローを起こす問題を修正しました。

  • 基礎となるストレージノードで使用可能なメモリが不足している場合の Aurora リードレプリカの安定性の問題を修正しました。

  • アイドル接続が wait_timeout パラメータ設定を超えて持続する問題を修正しました。

  • インスタンスの再起動後、query_cache_size が予期せぬ値を返す問題を修正しました。

  • 書き込みがストレージに移行していない場合に、ネットワークが頻繁にプローブされる診断スレッドによるパフォーマンスの問題を修正しました。

MySQL バグ修正の統合

  • 空のときに削除されたテーブルをリロードすると、AUTO INCREMENT 値がリセットされました。(バグ #21454472、バグ #77743)

  • purge_node_t 構造の不一致により、ロールバック時にインデックスレコードが見つかりませんでした。この不一致により、「秒インデックスエントリの更新でエラーが発生しました」、「レコードをパージできませんでした」、「削除されていないインデックスエントリをパージしようとしました」などの警告とエラーメッセージが表示されました。(バグ #19138298、バグ #70214、バグ #21126772、バグ #21065746)

  • qsort オペレーションのスタックサイズの計算が正しくないと、スタックのオーバーフローが発生します。(バグ #73979)

  • ロールバック時にインデックスにレコードが見つかりませんでした。(バグ #70214、バグ #72419)

  • CURRENT_TIMESTAMP 更新時に ALTER TABLE の列 TIMESTAMP を追加すると、ZERO-datas が挿入されます (バグ #17392)