メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

Amazon Aurora DB クラスターの表示

DB クラスター内の Amazon Aurora DB クラスターとインスタンスの情報を表示するためのさまざまなオプションがあります。

  • [Clusters] ビューを使用して Amazon RDS コンソールに DB クラスターとインスタンスを表示できます。

  • AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用して DB クラスターとインスタンスの情報を取得できます。

  • Amazon RDS API を使用して DB クラスターとインスタンスの情報を取得できます。

コンソールで DB クラスターを表示する

Amazon RDS コンソールには、DB クラスターに関する情報を確認できる 2 つのセクションがあります。[Clusters] ビューを使用することで DB クラスターの詳細を確認できます。また、[Instances] ビューを使用して Amazon Aurora DB クラスターのメンバーである DB インスタンスの詳細を表示して確認できます。

[Clusters] ビューは、お客様の AWS アカウントのすべての DB クラスターを表示します。DB クラスターを選択すると、DB クラスターの情報とその DB クラスターのメンバーである DB インスタンスのリストの両方が表示されます。そのリストで DB インスタンス識別子を選択すれば、RDS コンソールでその DB インスタンスの詳細ページに移動できます。

RDS コンソールの [Clusters] ビューを使用して DB クラスターを変更できます。DB クラスターを変更するには、[Clusters] リストから DB クラスターを選択して [Modify Cluster] を選択します。

DB クラスターのメンバーである DB インスタンスを変更するには、[Instances] ビューを使用します。

たとえば、次のスクリーンショットは aurora-sample-cluster という DB クラスターの詳細ページを示しています。この DB クラスターには、[DB Cluster Members] リストに表示されている aurora-sample というインスタンスがあります。このインスタンスはこの DB クラスターのプライマリインスタンスです。

 Amazon Aurora DB クラスタービュー

aurora-sample DB インスタンス識別子のリンクをクリックすると、次のスクリーンショットに示されているように、RDS コンソールで aurora-sample DB インスタンスの [Instances] ビューに移動します。

 Amazon Aurora DB インスタンスビュー

AWS CLI を使用して DB クラスターを表示する

AWS CLI を使用して DB クラスターの情報を表示するには、describe-db-clusters コマンドを使用します。たとえば、次の AWS CLI コマンドは、設定されている AWS アカウントの us-east-1 リージョンにあるすべての DB クラスターの DB クラスター情報を表示します。

Copy
aws rds describe-db-clusters --region us-east-1

お客様の AWS CLI に JSON 出力が設定されている場合、このコマンドは次の出力を返します。

Copy
{ "DBClusters": [ { "Status": "available", "Engine": "aurora", "Endpoint": "sample-cluster1.cluster-123456789012.us-east-1.rds.amazonaws.com" "AllocatedStorage": 1, "DBClusterIdentifier": "sample-cluster1", "MasterUsername": "mymasteruser", "EarliestRestorableTime": "2016-03-30T03:35:42.563Z", "DBClusterMembers": [ { "IsClusterWriter": false, "DBClusterParameterGroupStatus": "in-sync", "DBInstanceIdentifier": "sample-replica" }, { "IsClusterWriter": true, "DBClusterParameterGroupStatus": "in-sync", "DBInstanceIdentifier": "sample-primary" } ], "Port": 3306, "PreferredBackupWindow": "03:34-04:04", "VpcSecurityGroups": [ { "Status": "active", "VpcSecurityGroupId": "sg-ddb65fec" } ], "DBSubnetGroup": "default", "StorageEncrypted": false, "DatabaseName": "sample", "EngineVersion": "5.6.10a", "DBClusterParameterGroup": "default.aurora5.6", "BackupRetentionPeriod": 1, "AvailabilityZones": [ "us-east-1b", "us-east-1c", "us-east-1d" ], "LatestRestorableTime": "2016-03-31T20:06:08.903Z", "PreferredMaintenanceWindow": "wed:08:15-wed:08:45" }, { "Status": "available", "Engine": "aurora", "Endpoint": "aurora-sample.cluster-123456789012.us-east-1.rds.amazonaws.com", "AllocatedStorage": 1, "DBClusterIdentifier": "aurora-sample-cluster", "MasterUsername": "mymasteruser", "EarliestRestorableTime": "2016-03-30T10:21:34.826Z", "DBClusterMembers": [ { "IsClusterWriter": false, "DBClusterParameterGroupStatus": "in-sync", "DBInstanceIdentifier": "aurora-replica-sample" }, { "IsClusterWriter": true, "DBClusterParameterGroupStatus": "in-sync", "DBInstanceIdentifier": "aurora-sample" } ], "Port": 3306, "PreferredBackupWindow": "10:20-10:50", "VpcSecurityGroups": [ { "Status": "active", "VpcSecurityGroupId": "sg-55da224b" } ], "DBSubnetGroup": "default", "StorageEncrypted": false, "DatabaseName": "sample", "EngineVersion": "5.6.10a", "DBClusterParameterGroup": "default.aurora5.6", "BackupRetentionPeriod": 1, "AvailabilityZones": [ "us-east-1b", "us-east-1c", "us-east-1d" ], "LatestRestorableTime": "2016-03-31T20:00:11.491Z", "PreferredMaintenanceWindow": "sun:03:53-sun:04:23" } ] }

Amazon RDS API を使用して DB クラスターを表示する

RDS API を使用して DB クラスターの情報を表示するには、DescribeDBClusters アクションを使用します。たとえば、次の RDS API コマンドは、us-east-1 リージョンにあるすべての DB クラスターの DB クラスター情報を表示します。

Copy
https://rds.us-east-1.amazonaws.com/ ?Action=DescribeDBClusters &MaxRecords=100 &SignatureMethod=HmacSHA256 &SignatureVersion=4 &Version=2014-10-31 &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Credential=AKIADQKE4SARGYLE/20140722/us-east-1/rds/aws4_request &X-Amz-Date=20140722T200807Z &X-Amz-SignedHeaders=content-type;host;user-agent;x-amz-content-sha256;x-amz-date &X-Amz-Signature=2d4f2b9e8abc31122b5546f94c0499bba47de813cb875f9b9c78e8e19c9afe1b

このアクションは次の出力を返します。

Copy
<DescribeDBClustersResponse xmlns="http://rds.amazonaws.com/doc/2014-10-31/"> <DescribeDBClustersResult> <DBClusters> <DBCluster> <Engine>aurora5.6</Engine> <Status>available</Status> <BackupRetentionPeriod>0</BackupRetentionPeriod> <DBSubnetGroup>my-subgroup</DBSubnetGroup> <EngineVersion>5.6.10a</EngineVersion> <Endpoint>sample-cluster2.cluster-cbfvmgb0y5fy.us-east-1.rds.amazonaws.com</Endpoint> <DBClusterIdentifier>sample-cluster2</DBClusterIdentifier> <PreferredBackupWindow>04:45-05:15</PreferredBackupWindow> <PreferredMaintenanceWindow>sat:05:56-sat:06:26</PreferredMaintenanceWindow> <DBClusterMembers/> <AllocatedStorage>15</AllocatedStorage> <MasterUsername>awsuser</MasterUsername> </DBCluster> <DBCluster> <Engine>aurora5.6</Engine> <Status>available</Status> <BackupRetentionPeriod>0</BackupRetentionPeriod> <DBSubnetGroup>my-subgroup</DBSubnetGroup> <EngineVersion>5.6.10a</EngineVersion> <Endpoint>sample-cluster3.cluster-cefgqfx9y5fy.us-east-1.rds.amazonaws.com</Endpoint> <DBClusterIdentifier>sample-cluster3</DBClusterIdentifier> <PreferredBackupWindow>07:06-07:36</PreferredBackupWindow> <PreferredMaintenanceWindow>tue:10:18-tue:10:48</PreferredMaintenanceWindow> <DBClusterMembers> <DBClusterMember> <IsClusterWriter>true</IsClusterWriter> <DBInstanceIdentifier>sample-cluster3-master</DBInstanceIdentifier> </DBClusterMember> <DBClusterMember> <IsClusterWriter>false</IsClusterWriter> <DBInstanceIdentifier>sample-cluster3-read1</DBInstanceIdentifier> </DBClusterMember> </DBClusterMembers> <AllocatedStorage>15</AllocatedStorage> <MasterUsername>awsuser</MasterUsername> </DBCluster> </DBClusters> </DescribeDBClustersResult> <ResponseMetadata> <RequestId>d682b02c-1383-11b4-a6bb-172dfac7f170</RequestId> </ResponseMetadata> </DescribeDBClustersResponse>

関連トピック