メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

MariaDB DB インスタンスへのデータのインポート

このセクションで、Amazon RDS MariaDB インスタンスに初期データをインポートする方法と、レプリケーションを設定して継続的にデータをインポートするための推奨方法の詳細について説明します。

MariaDB DB インスタンスに初期データのインポートを行うには、次のように、「MySQL DB インスタンスからのデータのインポートおよびエクスポート」に記載されている手順を使用します。

外部インスタンスが MariaDB バージョン 10.0.24 以降、または 10.0.24 以前のバージョンで MySQL インスタンスまたは MariaDB インスタンス向けに調整されたバイナリログを使用する場合は、MariaDB グローバルトランザクション識別子 (GTID) を使用して Amazon RDS MariaDB DB インスタンスにレプリケーションを設定できます。MariaDB GTID の実装方法は、Amazon RDS ではサポートされていない MySQL GTID と異なることに注意してください。

MariaDB DB インスタンスにレプリケーションを設定するには、次の手順を使用します。

注記

mysql システムデータベースには、DB インスタンスへのログインとデータへのアクセスに必要な認証情報が含まれています。 DB インスタンスにある mysql データベースのテーブル、データ、または他のコンテンツを削除、変更、名前変更、または切り取りを行うとエラーが発生し、DB インスタンスとデータにアクセスできなくなる場合があります。 この場合、AWS CLI の restore-db-instance-from-db-snapshot を使用してスナップショットから DB インスタンスを復元するか、restore-db-instance-to-point-in-time コマンドを使用して DB インスタンスを復元できます。