メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

Oracle Spatial

Amazon RDS は、SPATIAL オプションを使用することで Oracle Spatial をサポートします。Oracle Spatial は、Oracle データベースのストレージ、取得、更新、および spatial データコレクションのクエリを可能にする SQL スキーマと機能を提供します。詳細については、Oracle ドキュメントの Spatial Concepts を参照してください。

重要

Oracle Spatial を使用する際、共通脆弱性評価システム (CVSS) のスコアが 9 以上、またはそのほかのセキュリティ脆弱性の報告によりセキュリティ脆弱性がある場合に、Amazon RDS は自動的に DB インスタンスを最新の Oracle PSU にアップデートします。

Amazon RDS は Oracle の次のエディションとバージョンで Oracle Spatial をサポートします。

  • Oracle Enterprise Edition、バージョン 12.1.0.2 .v6 以降

  • Oracle Enterprise Edition、バージョン 11.2.0.4.v10 以降

Oracle Spatial の前提条件

Oracle Spatial を使用するための前提条件は次のとおりです。

  • Oracle Enterprise Edition バージョン 12.1.0.2.v6 以降、あるいは 11.2.0.4.v10 以降を実行している Amazon RDS DB インスタンス。

  • DB インスタンスは Virtual Private Cloud (VPC) 内にある必要があります。詳細については、「EC2-VPC または EC2-Classic のどちらのプラットフォームを使用するか判断する」を参照してください。

  • DB インスタンスが十分なクラスである必要があります。Oracle Spatial は、db.m1.small、db.t1.micro、db.t2.micro、または db.t2.small の DB インスタンスクラスではサポートされません。詳細については、「DB インスタンスクラスの Oracle のサポート」を参照してください。

  • DB インスタンスにマイナーバージョン自動アップグレードが有効化されている必要があります。CVSS スコアが 9 以上、またはそのほかのセキュリティの脆弱性が報告されている場合には、Amazon RDS によって DB インスタンスが最新の Oracle PSU に更新されます。 詳細については、「Oracle DB インスタンスの設定」を参照してください。

  • DB インスタンスが バージョン 11.2.0.4.v10 以降の場合には、XMLDB オプションをインストールする必要があります。詳細については、「Oracle XML DB」を参照してください。

  • Oracle の Oracle Spatial ライセンス。詳細については、Oracle ドキュメントの Oracle Spatial and Graph を参照してください。

Oracle Spatial でのベストプラクティス

Oracle Spatial を使用するためのベストプラクティスは次のとおりです。

Oracle Spatial オプションを追加する

DB インスタンスに SPATIAL オプションを追加する一般的な手順は以下のとおりです。

  1. 新しいオプショングループを作成するか、既存のオプショングループをコピーまたは変更します。

  2. オプショングループにオプションを追加します。

  3. オプショングループを DB インスタンスに関連付けます。

SPATIAL オプションが追加されるあいだ、短い停止が発生します。 オプションを追加した後に DB インスタンスを再起動する必要はありません。オプショングループがアクティブになると、すぐに Oracle Spatial が使用可能となります。

SPATIAL オプションを DB インスタンスに追加するには

  1. 使用するオプショングループを決定します。新しいオプショングループを作成することも、既存のオプショングループを使用することもできます。既存のオプショングループを使用する場合は、次のステップは飛ばしてください。または、次の設定でカスタム DB オプショングループを作成します。

    1. [Engine] で、[oracle-ee] を選択します。

    2. [Major Engine Version] で DB インスタンスに [11.2] または [12.1] を選択します。

    詳細については、「オプショングループを作成する」を参照してください。

  2. オプショングループに [SPATIAL] オプションを追加します。オプションの追加方法の詳細については、「オプショングループにオプションを追加する」を参照してください。

  3. 新規または既存の DB インスタンスに、DB オプショングループを適用します。

Oracle Spatial オプションを削除する

DB インスタンスから SPATIAL オプションを削除できます。オプションが削除されるあいだ、短い停止が発生します。SPATIAL オプションを削除した後に DB インスタンスを再起動する必要はありません。

警告

SPATIAL オプションを削除すると、DB インスタンスがオプションの一部として有効であったデータ型を使用している場合、データ損失が発生する可能性があります。続行する前にデータをバックアップしてください。詳細については、「Amazon RDS DB インスタンスのバックアップと復元」を参照してください。

SPATIAL オプションを DB インスタンスから削除するには、次のいずれかを実行します。

  • SPATIAL オプションを所属するオプショングループから削除します。この変更はそのオプショングループを使用するすべての DB インスタンスに影響します。詳細については、「オプショングループからオプションを削除する」を参照してください。

  • DB インスタンスを修正して、SPATIAL オプションが含まれない別オプショングループを指定します。この変更は、単一の DB インスタンスに影響します。デフォルト (空) のオプショングループや別のカスタムオプショングループを指定できます。詳細については、「Oracle データベースエンジンを実行する DB インスタンスの変更」を参照してください。

関連トピック