メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

Amazon RDS での Oracle への Siebel Database のインストール

Amazon RDS を使用して Oracle DB インスタンスで Siebel Database をホストできます。Siebel Database は Siebel Customer Relationship Management (CRM) アプリケーションアーキテクチャの一部です。図については、「 Generic Architecture of Siebel Business Application」を参照してください。

このトピックでは、Amazon RDS の Oracle DB インスタンスで Sibel Database をセットアップする方法について説明します。また、アマゾン ウェブ サービスを使用して Siebel CRM アプリケーションアーキテクチャに必要なそのほかのコンポーネントをサポートする方法も説明します。

注記

Amazon RDS 上の Oracle に Siebel Database をインストールするには、マスターユーザーアカウントを使用する必要があります。SYSDBA 権限は必要ありません。マスターユーザー権限で十分です。詳細については、「マスターユーザーアカウント特権」を参照してください。

ライセンスとバージョン

Siebel Database を Amazon RDS にインストールするには、お客様ご自身の Oracle Database ライセンスと Siebel ライセンスを使用する必要があります。DB インスタンスクラスと Oracle Database のエディション用の適切な Oracle Database ライセンス (ソフトウェア更新ライセンスおよびサポート) を所持している必要があります。詳細については、「Oracle のライセンス」を参照してください。

Oracle Database Enterprise Edition は、このシナリオで唯一の Siebel 認定エディションです。Amazon RDS では、Siebel CRM バージョン 15.0 または 16.0 がサポートされています。Oracle 12c、バージョン 12.1.0.1.0 または 12.1.0.2 .0 を使用できます。次の手順では、Siebel CRM バージョン 15.0 および Oracle 12.1.0.2.0 を使用します。詳細については、「Oracle 12c と Amazon RDS」を参照してください。

Amazon RDS では、データベースのバージョンのアップグレードがサポートされています。詳細については、「データベースエンジンバージョンのアップグレード」を参照してください。

開始する前に

開始する前に、Amazon VPC が必要です。Amazon RDS DB インスタンスは Siebel Enterprise Server でのみ使用できればよく、パブリックインターネットは必要ないため、Amazon RDS DB インスタンスはより優れたセキュリティを提供するプライベートサブネットでホストされます。Siebel CRM で使用する Amazon VPC を作成する方法については、「Oracle データベースで使用する Amazon VPC の作成」を参照してください。

開始する前に、Oracle DB インスタンスも必要です。Siebel CRM で使用する Oracle DB インスタンスを作成する方法については、「Oracle DB インスタンスの作成」を参照してください。

Siebel Database のインストールと設定

Oracle DB インスタンスを作成した後、Siebel Database をインストールできます。テーブル所有者および管理者アカウントを作成し、保存手順と機能をインストールして、その後 Siebel Database Configuration Wizard を実行することで、データベースをインストールします。詳細については、「 Installing the Siebel Database on the RDBMS」を参照してください。

Siebel Database Configuration Wizard を実行するには、マスターユーザーアカウントを使用する必要があります。SYSDBA 権限は必要ありません。マスターユーザー権限で十分です。詳細については、「マスターユーザーアカウント特権」を参照してください。

Siebel Database でのその他の Amazon RDS 機能の使用

Oracle DB インスタンスを作成すると、Siebel Database のカスタマイズに役立つ追加の Amazon RDS 機能を使用できます。

Oracle Statspack オプションでの統計情報の収集

DB オプショングループのオプションを使用して DB インスタンスに機能を追加できます。Oracle DB インスタンスを作成するときには、デフォルトの DB オプショングループを使用しました。データベースに機能を追加する場合は、DB インスタンスに対して新しいオプショングループを作成できます。

Siebel Database のパフォーマンス統計情報を収集する場合は、Oracle Statspack 機能を追加できます。詳細については、「Oracle Statspack」を参照してください。

オプションの変更は、直ちに適用されるものと、DB インスタンスの次のメンテナンス時間中に適用されるものがあります。詳細については、「オプショングループを使用する」を参照してください。カスタマイズされたオプショングループを作成後、DB インスタンスを修正して添付します。詳細については、「Oracle データベースエンジンを実行する DB インスタンスの変更」を参照してください。

パラメータのパフォーマンス チューニング

DB パラメータグループのパラメータを使用して DB エンジンの設定を管理します。Oracle DB インスタンスを作成するときには、デフォルトの DB パラメータグループを使用しました。データベースの設定をカスタマイズする場合は、DB インスタンスに対して新しいパラメータグループを作成できます。

パラメータの種類によって、パラメータの変更はすぐに適用されるものと、DB インスタンスを手動で再起動した後に適用されるものがあります。詳細については、「DB パラメータグループを使用する」を参照してください。カスタマイズされたパラメータグループを作成後、DB インスタンスを修正して添付します。詳細については、「Oracle データベースエンジンを実行する DB インスタンスの変更」を参照してください。

Oracle DB インスタンスを Siebel CRM 用に最適化するために、特定のパラメータをカスタマイズできます。次の表は、推奨されるパラメータ設定の一部です。Siebel CRM のパフォーマンスのチューニングの詳細については、「Siebel CRM Performance Tuning Guide」を参照してください。

パラメータ名 デフォルト値 Siebel CRM の最適なパフォーマンスのガイダンス
_always_semi_join

CHOOSE

OFF

_b_tree_bitmap_plans

TRUE

FALSE

_like_with_bind_as_equality

FALSE

TRUE

_no_or_expansion

FALSE

FALSE

_optimizer_join_sel_sanity_check

TRUE

TRUE

_optimizer_max_permutations

2000

100

_optimizer_sortmerge_join_enabled

TRUE

FALSE

_partition_view_enabled

TRUE

FALSE

open_cursors

300

最低 2000

スナップショットの作成

Siebel Database を作成した後、Amazon RDS のスナップショット機能を使用してデータベースをコピーできます。詳細については、「DB スナップショットの作成」および「DB スナップショットからの復元」を参照してください。

その他の Siebel CRM Component のサポート

Siebel Database に加えて、Amazon Web Services を使用して Siebel CRM アプリケーションアーキテクチャの他のコンポーネントをサポートすることもできます。追加の Siebel CRM コンポーネントに対して Amazon AWS により提供されるサポートに関する詳細を次の表に示します。

Siebel CRM Component Amazon AWS のサポート

Siebel Enterprise

(Siebel Server 1 つ以上含む)

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスで Siebel Server をホストできます。Amazon EC2 を使用して必要な分だけ仮想サーバーを起動できます。Amazon EC2 を使用すると、需要の変化に対応して簡単にスケールアップやスケールダウンができます。詳細については、「Amazon EC2 とは」を参照してください。

サーバーを DB インスタンスと同じ VPC に配置し、データベースへのアクセスに VPC のセキュリティグループを使用できます。詳細については、「VPC 内の Amazon RDS DB インスタンスの使用」を参照してください。

ウェブサーバー

(Siebel Web Server Extension を含む)

複数の EC2 インスタンスに複数のウェブサーバーをインストールできます。その後、Elastic Load Balancing を使用して着信トラフィックをインスタンスに分散できます。詳細については、「Elastic Load Balancing とは」を参照してください。

Siebel Gateway Name Server

EC2 インスタンスで Siebel Gateway Name Server をホストできます。その後、サーバーを DB インスタンスと同じ VPC に配置し、データベースへのアクセスに VPC のセキュリティグループを使用できます。詳細については、「VPC 内の Amazon RDS DB インスタンスの使用」を参照してください。

関連トピック