メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

Microsoft SQL Server データベースエンジンを実行する DB インスタンスに接続する

Amazon RDS によって DB インスタンスがプロビジョニングされると、標準の SQL クライアントアプリケーションを使用して DB インスタンスに接続できます。このトピックでは、Microsoft SQL Server Management Studio (SSMS) または SQL Workbench/J を使用して DB インスタンスに接続します。

サンプルの DB インスタンスの作成と接続のプロセスを示す手順の例は、「Microsoft SQL Server DB インスタンスを作成して DB インスタンスに接続する」を参照してください。

Microsoft SQL Server Management Studio を使用して DB インスタンスに接続する

この手順では、Microsoft SQL Server Management Studio (SSMS) を使用してサンプル DB インスタンスに接続します。このユーティリティのスタンドアロンバージョンをダウンロードするには、Microsoft ドキュメントの「Download SQL Server Management Studio (SSMS)」を参照してください。

To connect to a DB Instance using SSMS

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. In the top right corner of the Amazon RDS console, select the region of your DB instance.

  3. Find the DNS name and port number for your DB Instance.

    1. Open the RDS console and then choose Instances to display a list of your DB instances.

    2. Choose the row for your SQL Server DB instance to display the summary information for the instance.

      
                                Locate DB Instance endpoint and port
    3. Copy the endpoint. The Endpoint field has two parts separated by a colon (:). The part before the colon is the DNS name for the instance, the part following the colon is the port number. Copy both parts.

  4. Start SQL Server Management Studio.

    The Connect to Server dialog box appears.

    
                        Connect to Server dialog
  5. Provide the information for your DB instance.

    1. For Server type, choose Database Engine.

    2. For Server name, type or paste the DNS name and port number of your DB Instance, separated by a comma.

      重要

      Change the colon between the DNS name and port number to a comma.

      For example, your server name should look like the following:

      sample-instance.cg034hpkmmjt.us-east-1.rds.amazonaws.com,1433
    3. For Authentication, choose SQL Server Authentication.

    4. For Login, type the master user name for your DB instance.

    5. For Password, type the password for your DB instance.

  6. Choose Connect.

    After a few moments, SSMS connects to your DB instance. If you can't connect to your DB instance, see セキュリティグループの考慮事項 and SQL Server DB インスタンスへの接続のトラブルシューティング.

  7. Your SQL Server DB instance comes with SQL Server's standard built-in system databases (master, model, msdb, and tempdb). To explore the system databases, do the following:

    1. In SSMS, on the View menu, choose Object Explorer.

    2. Expand your DB instance, expand Databases, and then expand System Databases as shown following.

      
                                Object Explorer displaying the system databases
  8. Your SQL Server DB instance also comes with a database named rdsadmin. Amazon RDS uses this database to store the objects that it uses to manage your database. The rdsadmin database also includes stored procedures that you can run to perform advanced tasks. For more information, see Microsoft SQL Server に関連する一般的な DBA タスク.

  9. You can now start creating your own databases and running queries against your DB instance and databases as usual. To run a test query against your DB instance, do the following:

    1. In SSMS, on the File menu point to New and then choose Query with Current Connection.

    2. Type the following SQL query:

      Copy
      select @@VERSION
    3. Run the query. SSMS returns the SQL Server version of your Amazon RDS DB instance.

      
                                SQL Query Window

SQL Workbench/J を使用して DB インスタンスに接続する

この例では、SQL Workbench/J データベースツールを使用して Microsoft SQL Server データベースエンジンを実行する DB インスタンスに接続する方法を示します。SQL Workbench/J をダウンロードするには、「SQL Workbench/J」を参照してください。

SQL Workbench/J は DB インスタンスの接続に JDBC を使用します。さらに、SQL Server 用の JDBC ドライバも必要です。このドライバをダウンロードするには、「SQL Server 用の Microsoft JDBC Drivers 4.1 (プレビュー) および 4.0」を参照してください。

To connect to a DB instance using SQL Workbench

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. In the top right corner of the Amazon RDS console, select the region of your DB instance.

  3. Find the DNS name and port number for your DB Instance.

    1. Open the RDS console and then choose Instances to display a list of your DB instances.

    2. Choose the row for your SQL Server DB instance to display the summary information for the instance.

      
                                Locate DB Instance endpoint and port
    3. Copy the endpoint. The Endpoint field has two parts separated by a colon (:). The part before the colon is the DNS name for the instance, the part following the colon is the port number. Copy both parts.

  4. Open SQL Workbench/J. The Select Connection Profile dialog box appears, as shown following:

    
                        Select Connection Profile dialog
  5. In the first box at the top of the dialog box, enter a name for the profile.

  6. For Driver, select SQL JDBC 4.0.

  7. For URL, type jdbc:sqlserver://, then type or paste the endpoint of your DB instance. For example, the URL value could be the following:

    Copy
    jdbc:sqlserver://sqlsvr-pdz.abcd12340.us-west-2.rds.amazonaws.com:1433
  8. For Username, type or paste the master user name for the DB instance.

  9. For Password, type the password for the master user.

  10. Choose the save icon in the dialog toolbar, as shown following:

    
                        Save the profile
  11. Choose OK. After a few moments, SQL Workbench/J connects to your DB instance. If you can't connect to your DB instance, see セキュリティグループの考慮事項 and SQL Server DB インスタンスへの接続のトラブルシューティング.

  12. In the query pane, type the following SQL query:

    Copy
    select @@VERSION
  13. Choose the execute icon in the toolbar, as shown following:

    
                        Execute the query

    The query returns the version information for your DB instance, similar to the following:

    Copy
    Microsoft SQL Server 2012 - 11.0.2100.60 (X64)

セキュリティグループの考慮事項

DB インスタンスに接続するためには、DB インスタンスを、その DB インスタンスにアクセスするために使用する IP アドレスとネットワーク構成を含むセキュリティグループに関連付ける必要があります。DB インスタンスを作成する際、DB インスタンスを適切なセキュリティグループと関連付けている可能性があります。DB インスタンスの作成時に、デフォルトの構成されていないセキュリティグループを割り当てた場合は、DB インスタンスファイアウォールによって接続が禁止されます。

新しいセキュリティグループを作成してアクセスを有効にする必要がある場合、作成するセキュリティグループの種類は、DB インスタンスが動作する Amazon EC2 プラットフォームによって決まります。プラットフォームを決定するには、「EC2-VPC または EC2-Classic のどちらのプラットフォームを使用するか判断する」を参照してください。一般的に、DB インスタンスが EC2-Classic プラットフォームにある場合は、DB セキュリティグループを作成します。DB インスタンスが VPC プラットフォームにある場合は、VPC セキュリティグループを作成します。新しいセキュリティグループの作成手順については、「Amazon RDS セキュリティグループ」を参照してください。

新しいセキュリティグループを作成したら、そのセキュリティグループと関連付けるように DB インスタンスを変更します。詳細については、「Microsoft SQL Server データベースエンジンを実行する DB インスタンスの変更」を参照してください。

SSL を使用して DB インスタンスへの接続を暗号化することで、セキュリティを高めることができます。詳細については、「Microsoft SQL Server DB インスタンスでの SSL の使用」を参照してください。

SQL Server DB インスタンスへの接続のトラブルシューティング

以下は、SQL Server DB インスタンスの接続時に発生する可能性がある一般的な問題です。

問題 トラブルシューティングの提案

DB インスタンスに接続できません。

新しく作成された DB インスタンスでは、DB インスタンスが作成されて使用できるようになるまで、DB インスタンスのステータスは [creating] となります。ステータスが [available] に変わると、DB インスタンスに接続できます。DB インスタンスクラスとストレージの合計によっては、新しいインスタンスを使用できるようになるまで最長 20 分かかることがあります。

DB インスタンスに接続できません。

DB インスタンスを作成したときに指定したポートを経由して通信を送信または受信できない場合は、DB インスタンスに接続できません。DB インスタンスに指定したポートでインバウンドおよびアウトバウンド通信できることを検証するよう、ネットワーク管理者に確認してください。

DB インスタンスに接続できません。

ローカルファイアウォールによって実施されるアクセスルールと、DB インスタンスのセキュリティグループで DB インスタンスへのアクセスを許可した IP アドレスが一致しない可能性があります。ほとんどの問題は、ファイアウォールに関する送信または受信ルールが原因です。セキュリティグループの詳細については、Amazon RDS セキュリティグループ を参照してください。

セキュリティグループにルールを設定するプロセスについて順を追って説明するトピックは、「チュートリアル: Amazon RDS DB インスタンスで使用する Amazon VPC の作成」を参照してください。

SQL Server への接続を開けませんでした – Microsoft SQL Server, エラー: 53

正しいサーバー名を指定していることを確認します。[Server name] で、サンプルの DB インスタンスの DNS 名とポート番号をカンマ区切りで入力するか貼り付けます。

重要

DNS 名とポート番号の間にあるコロンをカンマに置き換えます。

サーバー名は以下の例のようになります。

sample-instance.cg034hpkmmjt.us-east-1.rds.amazonaws.com,1433

対象のコンピュータによって能動的に拒否されたため、接続できません – Microsoft SQL Server, エラー: 10061

DB インスタンスにはリーチできましたが、接続が拒否されました。通常、これは正しくないユーザー名やパスワードが指定されたときに発生します。ユーザー名とパスワードを確認し、再度試します。

関連トピック