メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

DB スナップショットのコピー

このトピックの手順に従って DB スナップショットをコピーします。スナップショットのコピーの概要については、「DB スナップショットまたは DB クラスタースナップショットのコピー」を参照してください。

コピー元のデータベースエンジンが MariaDB、Microsoft SQL Server、MySQL、Oracle、または PostgreSQL である場合、スナップショットは DB スナップショットになります。コピー元のデータベースエンジンが Aurora である場合、スナップショットは DB クラスタースナップショットになります。DB クラスタースナップショットのコピー方法については、「DB クラスタースナップショットのコピー」を参照してください。

AWS アカウントごとに、AWS リージョン間で同時に 5 つまでの DB スナップショットをコピーできます。別の AWS リージョンに DB スナップショットをコピーする場合には、その AWS リージョンに保持されている手動 DB スナップショットを作成します。コピー元の AWS リージョンから DB スナップショットをコピーすると、Amazon RDS ではデータ転送料金が発生します。

データ転送料金の詳細については、「Amazon RDS の料金」を参照してください。

DB スナップショットのコピーが新しい AWS リージョンに作成されると、その DB スナップショットのコピーは、AWS リージョンにある他のすべての DB スナップショットと同じように動作します。

AWS マネジメントコンソール

この手順では、AWS マネジメントコンソール を使用して、暗号化されている DB スナップショットや暗号化されていない DB スナップショットを、同じ AWS リージョン内または異なるリージョン間でコピーできます。

DB スナップショットをコピーするには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Snapshots] を選択します。

  3. コピーする DB スナップショットを選択します。

  4. [Snapshot Actions] を選択してから、[Copy Snapshot] を選択します。[Make Copy of DB Snapshot] ページが表示されます。

     DB スナップショットのコピー
  5. (オプション) 別の AWS リージョンに DB スナップショットをコピーするには、[Destination Region] で新しい AWS リージョンを選択します。

    注記

    コピー先の AWS リージョンは、コピー元 AWS リージョンと同じデータベースエンジンのバージョンを使用できる必要があります。

  6. [New DB Snapshot Identifier] に、DB スナップショットのコピーの名前を入力します。

  7. (オプション) [Target Option Group] では、新しいオプショングループを選択します。

    AWS リージョン間でスナップショットをコピーし、DB インスタンスでデフォルト以外のオプショングループを使用する場合に、このオプションを指定します。コピー元の DB インスタンスで Transparent Data Encryption for Oracle または Microsoft SQL Server を使用する場合は、リージョン間でコピーするときに、このオプションを指定する必要があります。詳細については、「オプショングループに関する考慮事項」を参照してください。

  8. (オプション) スナップショットからスナップショットのコピーにタグと値をコピーするには、[Copy Tags] を選択します。

  9. (オプション) [Enable Encryption] で次のいずれかのオプションを選択します。

    • DB スナップショットが暗号化されていなく、コピーを暗号化しない場合、[いいえ] を選択します。

    • DB スナップショットは暗号化されていないが、コピーを暗号化する場合、[はい] を選択します。この場合、[Master Key] で DB スナップショットのコピーを暗号化するために使用する KMS キー識別子を指定します。

    • DB スナップショットが暗号化されている場合は、[はい] を選択します。この場合、コピーを暗号化する必要があるため、[はい] がすでに選択されています。[Master Key] で、DB スナップショットの暗号化に使用する KMS キー識別子を指定します。

  10. [Copy Snapshot] を選択します。

CLI

DB スナップショットをコピーするには、AWS CLI コマンドの copy-db-snapshot を使用できます。スナップショットのコピー先が新しい AWS リージョンである場合は、その新しい AWS リージョンでコマンドを実行します。

DB スナップショットをコピーするには、以下のオプションを使用します。状況に応じてオプションを使い分けることができます。以下の説明と例を参考にして、どのオプションを使用するか判断してください。

  • --source-db-snapshot-identifier – コピー元の DB スナップショットの識別子。

    • スナップショットのコピー元とコピー先が同じ AWS リージョンである場合は、有効な DB スナップショットの識別子を指定します。たとえば、rds:mysql-instance1-snapshot-20130805 と指定します。

    • スナップショットのコピー元とコピー先が異なる AWS リージョンである場合は、有効な DB スナップショットの ARN を指定します。たとえば、arn:aws:rds:us-west-2:123456789012:snapshot:mysql-instance1-snapshot-20130805 と指定します。

    • 共有された手動 DB スナップショットからコピーする場合、このパラメータは、共有された DB スナップショットの Amazon リソースネーム (ARN) であることが必要です。

    • 暗号化されたスナップショットをコピーする場合、このパラメータは、コピー元の AWS リージョンの ARN 形式であること、さらに PreSignedUrl パラメータの SourceDBSnapshotIdentifier と一致することが必要です。

  • --target-db-snapshot-identifier – 暗号化された DB スナップショットの新しいコピーの識別子。

  • --copy-tags – スナップショットからスナップショットのコピーにタグと値をコピーするために使用します。

  • --option-group-name – スナップショットのコピーに関連付けるオプショングループ。

    AWS リージョン間でスナップショットをコピーし、DB インスタンスでデフォルト以外のオプショングループを使用する場合に、このオプションを指定します。コピー元の DB インスタンスで Transparent Data Encryption for Oracle または Microsoft SQL Server を使用する場合は、リージョン間でコピーするときに、このオプションを指定する必要があります。詳細については、「オプショングループに関する考慮事項」を参照してください。

  • --kms-key-id – 暗号化された DB スナップショットの AWS KMS キー ID。KMS キー ID は、KMS 暗号化キーの Amazon リソースネーム (ARN)、KMS キー識別子、または KMS キーエイリアスです。

    • AWS アカウントから暗号化された DB スナップショットをコピーする場合、このパラメータの値を指定して新しい KMS 暗号化キーでコピーを暗号化できます。このパラメータの値を指定しないと、DB スナップショットのコピーはコピー元の DB スナップショットと同じ KMS キーで暗号化されます。

    • 別の AWS アカウントと共有されている暗号化された DB スナップショットをコピーする場合は、このパラメータの値を指定する必要があります。

    • このパラメータを指定して暗号化されていないスナップショットをコピーすると、コピーは暗号化されます。

    • 暗号化されたスナップショットを別の AWS リージョンにコピーする場合は、コピー先の AWS リージョンの KMS キーを指定する必要があります。KMS 暗号化キーは、作成元の AWS リージョン専用であるため、作成元と異なる AWS リージョンでは使用できません。

  • --source-region – コピー元の DB スナップショットの AWS リージョンの ID。暗号化されたスナップショットを別の AWS リージョンにコピーする場合は、このオプションを指定する必要があります。

例 暗号化されていないソースを同じリージョン内でコピー

次のコードでは、スナップショットのコピーを mydbsnapshotcopy という新しい名前で、コピー元のスナップショットと同じ AWS リージョンに作成します。コピーが作成されると、元のスナップショットのすべてのタグはコピーされたスナップショットにコピーされます。

Linux、OS X、Unix の場合:

Copy
aws rds copy-db-snapshot \ --source-db-snapshot-identifier mysql-instance1-snapshot-20130805 \ --target-db-snapshot-identifier mydbsnapshotcopy \ --copy-tags

Windows の場合:

Copy
aws rds copy-db-snapshot ^ --source-db-snapshot-identifier mysql-instance1-snapshot-20130805 ^ --target-db-snapshot-identifier mydbsnapshotcopy ^ --copy-tags

例 暗号化されていないソースをリージョン間でコピー

次のコードでは、スナップショットのコピーを mydbsnapshotcopy という新しい名前で、コマンドの実行先の AWS リージョンに作成します。

Linux、OS X、Unix の場合:

Copy
aws rds copy-db-snapshot \ --source-db-snapshot-identifier arn:aws:rds:us-east-1:123456789012:snapshot:mysql-instance1-snapshot-20130805 \ --target-db-snapshot-identifier mydbsnapshotcopy

Windows の場合:

Copy
aws rds copy-db-snapshot ^ --source-db-snapshot-identifier arn:aws:rds:us-east-1:123456789012:snapshot:mysql-instance1-snapshot-20130805 ^ --target-db-snapshot-identifier mydbsnapshotcopy

例 暗号化されたソースをリージョン間でコピー

次のコード例では、暗号化された DB スナップショットを us-west-2 リージョンから us-east-1 リージョンにコピーします。このコマンドは、us-east-1 リージョンで実行します。

Linux、OS X、Unix の場合:

Copy
aws rds copy-db-snapshot \ --source-db-snapshot-identifier arn:aws:rds:us-west-2:123456789012:snapshot:mysql-instance1-snapshot-20161115 \ --target-db-snapshot-identifier mydbsnapshotcopy \ --source-region us-west-2 \ --kms-key-id my-us-east-1-key \ --option-group-name custom-option-group-name

Windows の場合:

Copy
aws rds copy-db-snapshot ^ --source-db-snapshot-identifier arn:aws:rds:us-west-2:123456789012:snapshot:mysql-instance1-snapshot-20161115 ^ --target-db-snapshot-identifier mydbsnapshotcopy ^ --source-region us-west-2 ^ --kms-key-id my-us-east-1-key ^ --option-group-name custom-option-group-name

API

DB スナップショットをコピーするには、Amazon RDS API アクションの CopyDBSnapshot を使用できます。スナップショットのコピー先が新しい AWS リージョンである場合は、その新しい AWS リージョンでアクションを実行します。

DB スナップショットをコピーするには、以下のパラメータを使用します。状況に応じてパラメータを使い分けることができます。以下の説明と例を参考にして、どのパラメータを使用するか判断してください。

  • SourceDBSnapshotIdentifier – コピー元の DB スナップショットの識別子。

    • スナップショットのコピー元とコピー先が同じ AWS リージョンである場合は、有効な DB スナップショットの識別子を指定します。たとえば、rds:mysql-instance1-snapshot-20130805 と指定します。

    • スナップショットのコピー元とコピー先が異なる AWS リージョンである場合は、有効な DB スナップショットの ARN を指定します。たとえば、arn:aws:rds:us-west-2:123456789012:snapshot:mysql-instance1-snapshot-20130805 と指定します。

    • 共有された手動 DB スナップショットからコピーする場合、このパラメータは、共有された DB スナップショットの Amazon リソースネーム (ARN) であることが必要です。

    • 暗号化されたスナップショットをコピーする場合、このパラメータは、コピー元の AWS リージョンの ARN 形式であること、さらに PreSignedUrl パラメータの SourceDBSnapshotIdentifier と一致することが必要です。

  • TargetDBSnapshotIdentifier – 暗号化された DB スナップショットの新しいコピーの識別子。

  • CopyTags – スナップショットからスナップショットのコピーにタグと値をコピーするには、このパラメータを true に設定します。デフォルト: false

  • OptionGroupName – スナップショットのコピーに関連付けるオプショングループ。

    AWS リージョン間でスナップショットをコピーし、DB インスタンスでデフォルト以外のオプショングループを使用する場合に、このパラメータを指定します。コピー元の DB インスタンスで Transparent Data Encryption for Oracle または Microsoft SQL Server を使用する場合は、リージョン間でコピーするときに、このパラメータを指定する必要があります。詳細については、「オプショングループに関する考慮事項」を参照してください。

  • KmsKeyId – 暗号化された DB スナップショットの AWS KMS キー ID。KMS キー ID は、KMS 暗号化キーの Amazon リソースネーム (ARN)、KMS キー識別子、または KMS キーエイリアスです。

    • AWS アカウントから暗号化された DB スナップショットをコピーする場合、このパラメータの値を指定して新しい KMS 暗号化キーでコピーを暗号化できます。このパラメータの値を指定しないと、DB スナップショットのコピーはコピー元の DB スナップショットと同じ KMS キーで暗号化されます。

    • 別の AWS アカウントと共有されている暗号化された DB スナップショットをコピーする場合は、このパラメータの値を指定する必要があります。

    • このパラメータを指定して暗号化されていないスナップショットをコピーすると、コピーは暗号化されます。

    • 暗号化されたスナップショットを別の AWS リージョンにコピーする場合は、コピー先の AWS リージョンの KMS キーを指定する必要があります。KMS 暗号化キーは、作成元の AWS リージョン専用であるため、作成元と異なる AWS リージョンでは使用できません。

  • PreSignedUrl – コピー元の DB スナップショットがあるコピー元の AWS リージョンで CopyDBSnapshot API アクションに対する署名バージョン 4 で署名されたリクエストを含む URL。

    Amazon RDS API を使用して、暗号化された DB スナップショットを別の AWS リージョンからコピーするときに、このパラメータを指定する必要があります。AWS CLI を使用して、暗号化された DB スナップショットを別の AWS リージョンからコピーするときは、このパラメータの代わりにコピー元のリージョンのオプションを指定できます。

    署名付き URL は、コピー元の暗号化された DB クラスターがあるコピー元の AWS リージョンで実行できる CopyDBSnapshot API アクションに対する有効なリクエストでなければなりません。署名付き URL リクエストでは、以下のパラメータ値を指定する必要があります。

    • DestinationRegion - 暗号化された DB スナップショットのコピー先の AWS リージョン。これは、この署名付き URL がある、CopyDBSnapshot アクションの呼び出し元の AWS リージョンと同じです。

      たとえば、暗号化された DB スナップショットを us-west-2 リージョンから us-east-1 リージョンにコピーする場合は、us-east-1 リージョンで CopyDBSnapshot アクションを呼び出し、us-west-2 リージョンで CopyDBSnapshot アクションへの呼び出しが含まれている署名付き URL を提供します。この例では、署名付き URL の DestinationRegion を us-east-1 リージョンに設定する必要があります。

    • KmsKeyId - コピー先 AWS リージョンで DB スナップショットのコピーの暗号化に使用するキーの KMS キー識別子。これは、コピー先の AWS リージョンで呼び出す CopyDBSnapshot アクションおよび署名付き URL に含まれているアクションの両方で同じ識別子です。

    • SourceDBSnapshotIdentifier - コピー元の暗号化されたスナップショットの DB スナップショット識別子。この識別子は、コピー元の AWS リージョンの Amazon リソースネーム (ARN) 形式であることが必要です。たとえば、暗号化された DB スナップショットを us-west-2 リージョンからコピーする場合、SourceDBSnapshotIdentifierarn:aws:rds:us-west-2:123456789012:snapshot:mysql-instance1-snapshot-20161115 のようになります。

    書名バージョン 4 の 署名要件についての詳細は、以下を参照してください。

例 暗号化されていないソースを同じリージョン内でコピー

次のコードでは、スナップショットのコピーを mydbsnapshotcopy という新しい名前で、コピー元のスナップショットと同じ AWS リージョンに作成します。コピーが作成されると、元のスナップショットのすべてのタグはコピーされたスナップショットにコピーされます。

Copy
https://rds.us-west-1.amazonaws.com/ ?Action=CopyDBSnapshot &CopyTags=true &SignatureMethod=HmacSHA256 &SignatureVersion=4 &SourceDBSnapshotIdentifier=mysql-instance1-snapshot-20130805 &TargetDBSnapshotIdentifier=mydbsnapshotcopy &Version=2013-09-09 &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Credential=AKIADQKE4SARGYLE/20140429/us-west-1/rds/aws4_request &X-Amz-Date=20140429T175351Z &X-Amz-SignedHeaders=content-type;host;user-agent;x-amz-content-sha256;x-amz-date &X-Amz-Signature=9164337efa99caf850e874a1cb7ef62f3cea29d0b448b9e0e7c53b288ddffed2

例 暗号化されていないソースをリージョン間でコピー

次のコードでは、スナップショットのコピーを mydbsnapshotcopy という新しい名前で us-west-1 リージョンに作成します。

Copy
https://rds.us-west-1.amazonaws.com/ ?Action=CopyDBSnapshot &SignatureMethod=HmacSHA256 &SignatureVersion=4 &SourceDBSnapshotIdentifier=arn%3Aaws%3Ards%3Aus-east-1%3A123456789012%3Asnapshot%3Amysql-instance1-snapshot-20130805 &TargetDBSnapshotIdentifier=mydbsnapshotcopy &Version=2013-09-09 &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Credential=AKIADQKE4SARGYLE/20140429/us-west-1/rds/aws4_request &X-Amz-Date=20140429T175351Z &X-Amz-SignedHeaders=content-type;host;user-agent;x-amz-content-sha256;x-amz-date &X-Amz-Signature=9164337efa99caf850e874a1cb7ef62f3cea29d0b448b9e0e7c53b288ddffed2

例 暗号化されたソースをリージョン間でコピー

次のコードでは、スナップショットのコピーを mydbsnapshotcopy という新しい名前で us-east-1 リージョンに作成します。

Copy
https://rds.us-east-1.amazonaws.com/ ?Action=CopyDBSnapshot &KmsKeyId=my-us-east-1-key &OptionGroupName=custom-option-group-name &PreSignedUrl=https%253A%252F%252Frds.us-west-2.amazonaws.com%252F %253FAction%253DCopyDBSnapshot %2526DestinationRegion%253Dus-east-1 %2526KmsKeyId%253Dmy-us-east-1-key %2526SourceDBSnapshotIdentifier%253Darn%25253Aaws%25253Ards%25253Aus-west-2%25253A123456789012%25253Asnapshot%25253Amysql-instance1-snapshot-20161115 %2526SignatureMethod%253DHmacSHA256 %2526SignatureVersion%253D4 %2526Version%253D2014-10-31 %2526X-Amz-Algorithm%253DAWS4-HMAC-SHA256 %2526X-Amz-Credential%253DAKIADQKE4SARGYLE%252F20161117%252Fus-west-2%252Frds%252Faws4_request %2526X-Amz-Date%253D20161117T215409Z %2526X-Amz-Expires%253D3600 %2526X-Amz-SignedHeaders%253Dcontent-type%253Bhost%253Buser-agent%253Bx-amz-content-sha256%253Bx-amz-date %2526X-Amz-Signature%253D255a0f17b4e717d3b67fad163c3ec26573b882c03a65523522cf890a67fca613 &SignatureMethod=HmacSHA256 &SignatureVersion=4 &SourceDBSnapshotIdentifier=arn%3Aaws%3Ards%3Aus-west-2%3A123456789012%3Asnapshot%3Amysql-instance1-snapshot-20161115 &TargetDBSnapshotIdentifier=mydbsnapshotcopy &Version=2014-10-31 &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Credential=AKIADQKE4SARGYLE/20161117/us-east-1/rds/aws4_request &X-Amz-Date=20161117T221704Z &X-Amz-SignedHeaders=content-type;host;user-agent;x-amz-content-sha256;x-amz-date &X-Amz-Signature=da4f2da66739d2e722c85fcfd225dc27bba7e2b8dbea8d8612434378e52adccf

このページの内容: