メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

DB スナップショットまたは DB クラスタースナップショットのコピー

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) を使用すると、DB スナップショットと DB クラスタースナップショットをコピーできます。自動スナップショットも手動スナップショットもコピーできます。スナップショットをコピーすると、そのコピーは手動スナップショットになります。

スナップショットは、同じリージョン内、AWS リージョン間、および AWS アカウント間でコピーできます。

DB クラスタースナップショットを複数のリージョンやアカウントに 1 つのステップでコピーすることはできません。これらのコピーアクションごとに別のステップを実行する必要があります。コピーの代わりに、他の AWS アカウントと手動スナップショットを共有することができます。詳細については、「DB スナップショットの共有または DB クラスタースナップショット」を参照してください。

制約事項

スナップショットをコピーする際の制約は以下のとおりです。

  • AWS GovCloud (US) リージョンまたは 中国 (北京) リージョンとの間では、スナップショットをコピーできません。

  • ターゲットスナップショットが使用可能になる前にソーススナップショットを削除すると、スナップショットはコピーされない場合があります。ターゲットスナップショットのステータスが AVAILABLE になったことを確認してから、ソーススナップショットを削除してください。

  • TDE キーの保管に AWS CloudHSM を使用している Oracle DB インスタンスから作成された DB スナップショットは、リージョン間でコピーできません。

  • コピー元とコピー先のリージョンおよびデータのコピー量に応じて、リージョン間のスナップショットのコピーは完了するまでに長時間かかることがあります。特定のコピー元のリージョンから、リージョン間のスナップショットのコピーが大量にリクエストされた場合、Amazon RDS では、進行中のコピーが完了するまで、そのリージョンからの新しいコピーリクエストをキューに入れる場合があります。コピーリクエストがキューに入っている間は、そのリクエストに関する進捗情報は表示されません。コピーが開始されたときに、進捗情報は表示されます。

スナップショット保持期限

Amazon RDS で自動スナップショットが削除されるのは、その保持期間の終了時、DB インスタンスまたは DB クラスターの自動スナップショットを無効にしたとき、および DB インスタンスまたは DB クラスターを削除したときのいずれかです。自動 スナップショットをさらに長い期間保持する場合は、自動 スナップショットをコピーして手動 DB スナップショットを作成することで、自分で削除するまで保持できます。デフォルトのストレージ領域を超過した場合、Amazon RDS ストレージコストが手動スナップショットに適用されることがあります。バックアップストレージコストの詳細については、「Amazon RDS 料金表」を参照してください。

共有スナップショットのコピー

他の AWS アカウントにより共有されているスナップショットは、コピーすることができます。他の AWS アカウントから共有された暗号化されたスナップショットをコピーする場合、 スナップショットの暗号化に使用されている KMS 暗号化キーへのアクセス権限が必要です。共有された暗号化されていない DB スナップショットはリージョン間でコピーできますが、共有された暗号化されている DB スナップショットは同じリージョン内でのみコピーできます。共有された DB クラスタースナップショットは、暗号化されていてもいなくても、同じリージョン内でのみコピーできます。詳細については、「暗号化されたスナップショットの共有」を参照してください。

暗号化の処理

AWS KMS 暗号化キーを使用して暗号化されたスナップショットをコピーできます。暗号化された スナップショットをコピーする場合は、 スナップショットのコピーも暗号化する必要があります。同じリージョン内で暗号化されているスナップショットをコピーする場合、元のスナップショットと同じ KMS 暗号化キーを使用してコピーを暗号化できます。または、別の KMS 暗号化キーを指定できます。リージョン間で暗号化されているスナップショットをコピーする場合、KMS キーはリージョン固有のため、ソーススナップショットに使用されているのと同じ KMS 暗号化キーをコピーに使用することはできません。代わりに、ターゲット AWS リージョンで有効な KMS キーを指定する必要があります。

さらに、暗号化されていない スナップショットのコピーも暗号化できます。この方法で、以前には暗号化されていなかった DB インスタンスまたは DB クラスターに簡単に暗号化を追加できます。つまり、暗号化したいときに DB インスタンスまたは DB クラスターのスナップショットを作成し、次にそのスナップショットのコピーを作成して、KMS 暗号化キーを指定してスナップショットのコピーを暗号化します。こうすることで、この暗号化されたスナップショットから暗号化された DB インスタンスまたは DB クラスターを復元できます。Amazon Aurora DB クラスタースナップショットの場合、DB クラスタースナップショットを暗号化しないままにし、復元時に KMS 暗号化キーを指定するオプションもあります。復元された DB クラスターは、指定されたキーを使用して暗号化されます。

オプショングループに関する考慮事項

オプショングループは、作成元のリージョン専用であり、作成元と異なるリージョンでは使用できません。

リージョン間でスナップショットをコピーする際に、スナップショットの新しいオプショングループを指定できます。新しいオプショングループは、スナップショットをコピーする前に作成することをお勧めします。オプショングループを作成するには、コピー先のリージョンで元の DB インスタンスまたは DB クラスターと同じ設定を使用します。コピー先のリージョンにオプショングループが既にある場合は、それを使用できます。

新しいオプショングループを指定しないでスナップショットをコピーすると、DB インスタンスまたは DB クラスターで復元するときに、デフォルトのオプショングループが使用されます。新しい DB インスタンスまたは DB クラスターでコピー元と同じ設定を使用するには、以下の操作を行います。

  1. オプショングループを作成するには、コピー先のリージョンで元の DB インスタンスまたは DB クラスターと同じ設定を使用します。コピー先のリージョンにオプショングループが既にある場合は、それを使用できます。

  2. コピー先のリージョンでスナップショットを復元したら、新しい DB インスタンスまたは DB クラスターを変更し、前のステップの新規または既存のオプショングループを追加します。

パラメータグループに関する考慮事項

リージョン間でスナップショットをコピーすると、コピーにはコピー元の DB インスタンスまたは DB クラスターで使用されているパラメータグループは含まれません。スナップショットを復元して新しい DB インスタンスまたは DB クラスターを作成すると、その DB インスタンスまたは DB クラスターには、作成先のリージョンのデフォルトのパラメータグループが適用されます。新しい DB インスタンスまたは DB クラスターでコピー元と同じパラメータを使用するには、以下の操作を行います。

  1. コピー先のリージョンで、コピー元の DB インスタンスまたは DB クラスターと同じ設定で DB パラメータグループまたは DB クラスターパラメータグループを作成します。コピー先のリージョンにオプショングループが既にある場合は、それを使用できます。

  2. コピー先のリージョンでスナップショットを復元したら、新しい DB インスタンスまたは DB クラスターを変更し、前のステップの新規または既存のパラメータグループを追加します。

DB スナップショットのコピー

コピー元のデータベースエンジンが MariaDB、Microsoft SQL Server、MySQL、Oracle、または PostgreSQL である場合、スナップショットは DB スナップショットになります。DB スナップショットのコピー方法については、「DB スナップショットのコピー」を参照してください。

DB スナップショットのコピー

コピー元のデータベースエンジンが Aurora である場合、スナップショットは DB クラスタースナップショットになります。DB クラスタースナップショットのコピー方法については、「DB クラスタースナップショットのコピー」を参照してください。

関連トピック