メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

Oracle データベースエンジンを実行する DB インスタンスを作成する

Amazon RDS の基本的な構成要素は DB インスタンスです。これは Oracle データベースを実行する環境です。

重要

DB インスタンスを作成したり、DB インスタンスに接続したりする前に、「Amazon RDS のセットアップ」セクションのタスクを実行する必要があります。

Oracle DB インスタンスの設定

次の表は、Oracle DB インスタンスの作成時に選択する設定の詳細を示しています。

設定 設定の説明
Allocated Storage

DB インスタンスに割り当てるストレージの量 (ギガバイト単位)。場合によっては、DB インスタンスに、データベースのサイズ以上のストレージを割り当てると、I/O のパフォーマンスが改善することがあります。

詳細については、「Amazon RDS のストレージ」を参照してください。

Auto Minor Version Upgrade

Amazon RDS では、Oracle を実行する DB インスタンスの自動マイナーバージョンアップグレードがサポートされていません。マイナーバージョンアップグレードを実行するためには、DB インスタンスを手動で変更する必要があります。

アベイラビリティーゾーン

DB インスタンスのアベイラビリティーゾーン。デフォルト値 [No Preference] を使用します。ただし、特定のアベイラビリティーゾーンを指定する必要がある場合を除きます。

詳細については、「リージョンとアベイラビリティーゾーン」を参照してください。

バックアップの保存期間

DB インスタンスの自動バックアップを保持する日数。重要なインスタンスでは、この値を「1」以上に設定してください。

詳細については、「バックアップの使用 」を参照してください。

バックアップウィンドウ

Amazon RDS が DB インスタンスのバックアップを自動的に作成する期間。データベースのバックアップを保持する期間を指定しない場合は、デフォルト値 [No Preference] を使用します。

詳細については、「バックアップの使用 」を参照してください。

Character Set Name

DB インスタンスの文字セット。デフォルト値 AL32UTF8 は、Unicode 5.0 UTF-8 Universal 文字セットを表します。DB インスタンスの作成後は、文字セットを変更できません。

詳細については、「Amazon RDS でサポートされている Oracle 文字セット」を参照してください。

タグをスナップショットへコピー

スナップショットの作成時に DB インスタンスタグを DB スナップショットへコピーするには、このオプションを選択します。

詳細については、「Amazon RDS リソースのタグ付け」を参照してください。

Database Name

DB インスタンス上のデータベースの名前。名前は文字で始まり、最大 8 文字の英数字を含むことができます。データベース名には文字列 NULL、またはその他の予約語を指定できません。名前を入力しない場合、Amazon RDS はここで作成する DB インスタンス上にデータベースを作成しません。

Database Port

DB インスタンスにアクセスするために経由するポート。Oracle のインストールでは、ポートのデフォルトは 1521 となります。

DB Engine Version

使用する Oracle のバージョン。

DB インスタンスクラス

使用する DB インスタンスクラス。

詳細については、「DB インスタンスクラス」および「DB インスタンスクラスの Oracle のサポート」を参照してください。

DB Instance Identifier

DB インスタンスの名前。この名前はアカウントとリージョンで一意であることが必要です。選択したリージョンや DB エンジンなどの情報を名前に含めることもできます (例: oracle-instance1)。

DB Parameter Group

DB インスタンスのパラメータグループ。デフォルトのパラメータグループを選択するか、カスタムパラメータグループを作成できます。

詳細については、「DB パラメータグループを使用する」を参照してください。

暗号を有効化

この DB インスタンスを保管時に暗号化する場合は、[Yes]。

詳細については、「Amazon RDS リソースの暗号化」を参照してください。

Enable Enhanced Monitoring

DB インスタンスが実行されているオペレーティングシステムに対してリアルタイムでのメトリクスを収集する場合は、[Yes]。

詳細については、「拡張モニタリング」を参照してください。

License Model

使用するライセンスモデル。[license-included] を選択して、Oracle の一般ライセンス契約を使用します。 [bring-your-own-license] を選択して、既存の Oracle のライセンスを使用します。

詳細については、「Oracle のライセンス」を参照してください。

メンテナンス時間

DB インスタンスへの変更保留が適用される 30 分単位のウィンドウ。期間が重要ではない場合は、[No Preference] を選択します。

詳細については、「Amazon RDS メンテナンスウィンドウ」を参照してください。

Master User Name

マスターユーザー名。この名前で DB インスタンスにログオンすると、データベースに関するすべての権限を持つことになります。このユーザーアカウントは、DB インスタンスにログインするときに使用し、DBA 権限が付与されます。

詳細については、「Oracle のセキュリティ」を参照してください。

Master User Password

マスターユーザーアカウントのパスワード。パスワードには 8~30 文字の印刷可能な ASCII 文字 (/、"、@ は除く) が含まれている必要があります。

マルチ AZ 配置

フェイルオーバーのサポート用に DB インスタンスのスタンバイレプリカを別のアベイラビリティーゾーンで作成する場合は、[Yes]。本稼働環境のワークロードには、高可用性を維持するためにマルチ AZ をお勧めします。開発およびテスト用に、[No] を選択することもできます。

詳細については、「リージョンとアベイラビリティーゾーン」を参照してください。

Option Group

DB インスタンスのオプショングループ。デフォルトオプショングループを選択するか、カスタムオプショングループを作成できます。

詳細については、「オプショングループを使用する」を参照してください。

パブリックアクセス可能

DB インスタンスにパブリック IP アドレスを付与する場合は、[Yes]。これは、アドレスが VPC の外部でアクセス可能なことを示します (DB インスタンスは VPC のパブリックサブネット内にある必要もあります)。DB インスタンスを VPC 内からのみアクセス可能にする場合は、[No] を選択します。

詳細については、「VPC の DB インスタンスをインターネットから隠す」を参照してください。

ストレージタイプ

DB インスタンスのストレージタイプ。

詳細については、「Amazon RDS ストレージの種類」を参照してください。

サブネットグループ

この設定はプラットフォームによって異なります。AWS の新規のお客様の場合は、[default] を選択します。お客様のアカウントのために作成されたデフォルトの DB サブネットグループが使用されます。前の E2 Classic プラットフォームで DB インスタンスを作成しているときに、特定の VPC の DB インスタンスが必要な場合は、その VPC 用に作成した DB サブネットグループを選択します。

VPC

この設定はプラットフォームによって異なります。AWS の新規のお客様の場合は、デフォルトの VPC を選択します。前の E2 Classic プラットフォームで DB インスタンスを作成している場合は、[Not in VPC] を選択します。

詳細については、「Amazon Virtual Private Cloud (VPCs) と Amazon RDS」を参照してください。

VPC セキュリティグループ

AWS の新規のお客様の場合は、デフォルトの VPC を選択します。独自の VPC セキュリティグループを作成している場合は、先に作成した VPC セキュリティグループを選択します。

詳細については、「DB セキュリティグループを操作する」を参照してください。

AWS マネジメントコンソール

To launch an Oracle DB instance

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. In the top right corner of the AWS マネジメントコンソール, choose the region in which you want to create the DB instance.

  3. In the navigation pane, choose DB Instances.

  4. Choose Launch DB Instance to start the Launch DB Instance Wizard.

    The wizard opens on the Select Engine page. The Oracle editions that are available vary by region.

    
						Engine selection
  5. In the Select Engine window, choose the Select button for the Oracle DB engine you want to use.

  6. The next step asks if you are planning to use the DB instance you are creating for production. If you are, choose Yes. By choosing Yes, the failover option Multi-AZ and the Provisioned IOPS storage option will be preselected in the following step.

  7. Choose Next to continue.

    The Specify DB Details page appears.

    
						DB instance details
  8. On the Specify DB Details page, specify your DB instance information. For information about each setting, see Oracle DB インスタンスの設定.

  9. Choose Next to continue.

    The Configure Advanced Settings page appears.

    
						Additional Configuration panel
  10. On the Configure Advanced Settings page, provide additional information that RDS needs to launch the Oracle DB instance. For information about each setting, see Oracle DB インスタンスの設定.

  11. Choose Launch DB Instance.

  12. On the final page of the wizard, choose Close.

  13. On the RDS console, the new DB instance appears in the list of DB instances. The DB instance will have a status of creating until the DB instance is created and ready for use. When the state changes to available, you can connect to the DB instance. Depending on the DB instance class and storage allocated, it could take several minutes for the new instance to be available.

    
						My DB instances list

CLI

AWS CLI を使用して Oracle DB インスタンスを作成するには、以下のパラメータを使用して create-db-instance コマンドを呼び出します。各設定の詳細については、「Oracle DB インスタンスの設定」を参照してください。

  • --db-instance-identifier

  • --db-instance-class

  • --db-security-groups

  • --db-subnet-group

  • --engine

  • --master-user-name

  • --master-user-password

  • --allocated-storage

  • --backup-retention-period

次のコマンドで、サンプルの DB インスタンスが起動します。

Linux、OS X、Unix の場合:

Copy
aws rds create-db-instance \ --engine oracle-se1 \ --db-instance-identifier mydbinstance \ --allocated-storage 20 \ --db-instance-class db.m1.small \ --db-security-groups mydbsecuritygroup \ --db-subnet-group mydbsubnetgroup \ --master-username masterawsuser \ --master-user-password masteruserpassword \ --backup-retention-period 3

Windows の場合:

Copy
aws rds create-db-instance ^ --engine oracle-se1 ^ --db-instance-identifier mydbinstance ^ --allocated-storage 20 ^ --db-instance-class db.m1.small ^ --db-security-groups mydbsecuritygroup ^ --db-subnet-group mydbsubnetgroup ^ --master-username masterawsuser ^ --master-user-password masteruserpassword ^ --backup-retention-period 3

このコマンドでは、次のような出力が生成されます。

DBINSTANCE  mydbinstance  db.m1.small  oracle-se1  20  sa  creating  3  ****  n  11.2.0.4.v1
SECGROUP  default  active
PARAMGRP  default.oracle-se1-11.2  in-sync

API

Amazon RDS API を使用して Microsoft SQL Server DB インスタンスを作成するには、以下のパラメータを使用して CreateDBInstance アクションを呼び出します。各設定の詳細については、「Oracle DB インスタンスの設定」を参照してください。

  • AllocatedStorage

  • BackupRetentionPeriod

  • DBInstanceClass

  • DBInstanceIdentifier

  • DBSecurityGroups

  • DBSubnetGroup

  • Engine

  • MasterUsername

  • MasterUserPassword

Copy
https://rds.amazonaws.com/ ?Action=CreateDBInstance &AllocatedStorage=250 &BackupRetentionPeriod=3 &DBInstanceClass=db.m1.large &DBInstanceIdentifier=mydbinstance &DBSecurityGroups.member.1=mysecuritygroup &DBSubnetGroup=mydbsubnetgroup &Engine=oracle-se1 &MasterUserPassword=masteruserpassword &MasterUsername=masterawsuser &SignatureMethod=HmacSHA256 &SignatureVersion=4 &Version=2014-10-31 &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Credential=AKIADQKE4SARGYLE/20140305/us-west-1/rds/aws4_request &X-Amz-Date=20140305T185838Z &X-Amz-SignedHeaders=content-type;host;user-agent;x-amz-content-sha256;x-amz-date &X-Amz-Signature=b441901545441d3c7a48f63b5b1522c5b2b37c137500c93c45e209d4b3a064a3

関連トピック