メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

DB インスタンスを削除する

DB インスタンスは、いつでもどの状態でも削除できます。DB インスタンスを削除するには、インスタンスの名前と、そのインスタンスの最終的な DB スナップショットを作成するかどうかを指定する必要があります。削除する DB インスタンスの状態が「作成中」の場合、最終的な DB スナップショットを作成することができません。DB インスタンスが [failed]、[incompatible-restore]、または [incompatible-network] のエラーステータスにある場合は、SkipFinalSnapshot パラメーターを true に設定しているときにのみ、インスタンスを削除できます。

重要

最終的な DB スナップショットを作成しないことを選択した場合、後で DB インスタンスを最終的な状態に復元することはできません。DB インスタンスを削除すると、自動バックアップはすべて削除され、復旧できません。インスタンスの手動 DB スナップショットは削除されません。

削除する DB インスタンスにリードレプリカがある場合は、そのリードレプリカを昇格させるか、削除する必要があります。リードレプリカの昇格の詳細については、「DB インスタンスとなるようにリードレプリカを昇格」を参照してください。

以下の例では、DB インスタンスを削除する際に、最終的な DB スナップショットを作成する場合と作成しない場合の両方を示しています。

最終スナップショットを作成しない DB インスタンスの削除

DB インスタンスを迅速に削除する必要がある場合は、最終的な DB スナップショットの作成をスキップできます。DB インスタンスを削除すると、自動バックアップはすべて削除され、復旧できません。手動スナップショットは削除されません。

AWS マネジメントコンソール

最終的な DB スナップショットを作成しないで DB インスタンスを削除するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. [DB Instances] リストで、削除する DB インスタンスの横にあるチェックボックスをオンにします。

  3. [Instance Actions] をクリックし、コンテキストメニューから [Delete] を選択します。

  4. [Create final snapshot?] ドロップダウンリストで [No] を] ドロップダウンリストボックスで選択します。

  5. [Yes, Delete] をクリックします。

CLI

最終的な DB スナップショットを作成せずに DB インスタンスを削除するには、以下のパラメーターを指定して AWS CLI の delete-db-instance コマンドを使用します。

  • --db-instance-identifier

  • --skip-final-snapshot

Linux、OS X、Unix の場合:

Copy
aws rds delete-db-instance \ --db-instance-identifier mydbinstance \ --skip-final-snapshot

Linux、OS X、Unix の場合:

Copy
aws rds delete-db-instance ^ --db-instance-identifier mydbinstance ^ --skip-final-snapshot

API

最終的な DB スナップショットを作成せずに DB インスタンスを削除するには、以下のパラメーターを指定して AWS CLI の delete-db-instance コマンドを使用します。

  • DBInstanceIdentifier = mydbinstance

  • SkipFinalSnapshot = true

Copy
https://rds.amazonaws.com/ ?Action=DeleteDBInstance &DBInstanceIdentifier=mydbinstance &SkipFinalSnapshot=true &SignatureVersion=2 &SignatureMethod=HmacSHA256 &Timestamp=2009-10-14T22%3A20%3A46.297Z &AWSAccessKeyId=<AWS Access Key ID> &Signature=<Signature>

最終スナップショットを作成する DB インスタンスの削除

削除した DB インスタンスを後で復元できるようにする場合は、最終的な DB スナップショットを作成できます。自動バックアップもすべて削除され、復旧できません。手動スナップショットは削除されません。

AWS マネジメントコンソール

最終的な DB スナップショットを作成して DB インスタンスを削除するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. [DB Instances] リストで、削除する DB インスタンスの隣のチェックボックスをオンにします。

  3. [Instance Actions] をクリックし、コンテキストメニューから [Delete] を選択します。

  4. [Create final Snapshot?] ドロップダウンリストで [Yes] を] ドロップダウンリストボックスで選択します。

  5. [Final Snapshot name] テキストボックスに、最終 DB スナップショットの名前を入力します。

  6. [Yes, Delete] をクリックします。

CLI

最終的な DB スナップショットを作成して DB インスタンスを削除するには、以下のパラメーターを指定して AWS CLI の delete-db-instance コマンドを使用します。

  • --db-instance-identifier

  • --final-snapshot-identifier

Linux、OS X、Unix の場合:

Copy
aws rds delete-db-instance \ --db-instance-identifier mydbinstance \ --final-snapshot-identifier myfinaldbsnapshot

Windows の場合:

Copy
aws rds delete-db-instance ^ --db-instance-identifier mydbinstance ^ --final-snapshot-identifier myfinaldbsnapshot

このコマンドでは、次のような出力が生成されます。

Copy
Once you begin deleting this database, it will no longer be able to accept connections. Are you sure you want to delete this database? [Ny]y DBINSTANCE mydbinstance 2009-10-21T01:54:49.521Z db.m3.medium MySQL 50 sa deleting us-east-1a 3 SECGROUP default active

API

最終的な DB スナップショットを作成して DB インスタンスを削除するには、以下のパラメーターを指定して Amazon RDS API の DeleteDBInstance アクションを使用します。

  • DBInstanceIdentifier = mydbinstance

  • FinalDBSnapshotIdentifier = myfinaldbsnapshot

Copy
https://rds.amazonaws.com/ ?Action=DeleteDBInstance &DBInstanceIdentifier=mydbinstance &FinalDBSnapshotIdentifier=myfinaldbsnapshot &SignatureVersion=2 &SignatureMethod=HmacSHA256 &Timestamp=2009-10-14T22%3A20%3A46.297Z &AWSAccessKeyId=<AWS Access Key ID> &Signature=<Signature>

関連トピック