メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

特定の時点への DB インスタンスの復元

Amazon RDS 自動バックアップ機能は、自動的に DB インスタンスのストレージボリュームのスナップショットを作成し、個々のデータベースだけではなく、その DB インスタンス全体をバックアップします。このバックアップは、バックアップウィンドウと呼ばれる、ユーザーが設定可能な 30 分間隔の時間に 1 日 1 回行われます。自動バックアップは、設定可能な日数保持されます (バックアップ保持期間と呼ばれます)。この保持期間中の任意の時点に DB インスタンスを復元して、新しい DB インスタンスを作成できます。

特定の時点に DB インスタンスを復元すると、デフォルトの DB セキュリティグループが新しい DB インスタンスに適用されます。DB インスタンスにカスタム DB セキュリティグループを適用する必要がある場合、DB インスタンスが使用可能になったら AWS マネジメントコンソール、Amazon RDS API の ModifyDBInstance アクション、または AWS CLI の modify-db-instance コマンドを使用して明示的に適用する必要があります。

バックアップ保持期間の任意の時点に復元できます。DB インスタンスの復元可能な直近の時間を調べるには、AWS CLI の describe-db-instances コマンドを使用し、DB インスタンスの [LatestRestorableTime] フィールドに返される値を参照します。DB インスタンスの復元可能な直近の時間は、通常、現在時刻の 5 分以内です。

OFFLINE、EMERGENCY、および SINGLE_USER の各モードは、現在サポートされていません。いずれかのデータベースをこれらのモードに設定すると、復元可能な直近の時間がインスタンス全体で前に進まなくなります。

Amazon RDS で使用されるいくつかのデータベースエンジンには、特定の時点から復元する際の特別な考慮事項があります。特定の時点に Oracle DB インスタンスを復元するとき、新しい DB インスタンスで使用する異なる Oracle DB エンジン、ライセンスモデル、DBName (SID) を指定できます。特定の時点に SQL Server DB インスタンスを復元するとき、そのインスタンス内の各データベースは、インスタンス内の他のデータベースからそれぞれ 1 秒以内の時点に復元されます。インスタンス内の複数のデータベースにまたがるトランザクションは、復元後の整合性がない可能性があります。

SQL Server データベースの復旧モデルを変更するなど、一部のアクションの結果、ポイントインタイムリカバリに使用されるログの順序が乱れる可能性があります。場合によっては、Amazon RDS がこの問題を検出し、復元可能な直近の時間が前に進まなくなります。SQL Server データベースが BULK_LOGGED 復旧モデルを使用している場合など、それ以外の場合は、ログ順序の乱れが検出されません。ログ順序に乱れがある場合、SQL Server DB インスタンスを特定の時点に復元することができなくなる可能性があります。これらの理由により、Amazon RDS では SQL Server データベースの復旧モデルの変更がサポートされていません。

AWS マネジメントコンソール

特定の時点に DB インスタンスを復元するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインの [DB Instances] をクリックします。

  3. [Instance Actions] をクリックし、[Restore To Point In Time] をクリックします。

    [Restore DB Instance] ウィンドウが表示されます。

  4. [Use Custom Restore Time] ラジオボタンをオンにします。

  5. [Use Custom Restore Time] テキストボックスに、復元する日時を入力します。

  6. [DB Instance Identifier] テキストボックスに、復元する DB インスタンスの名前を入力します。

  7. [Launch DB Instance] ボタンをクリックします。

CLI

DB インスタンスを特定の時間に復元するには、AWS CLI の restore-db-instance-to-point-in-time コマンドを使用して新しいデータベースインスタンスを作成します。

Linux、OS X、Unix の場合:

Copy
aws rds restore-db-instance-to-point-in-time \ --source-db-instance-identifier mysourcedbinstance \ --target-db-instance-identifier mytargetdbinstance \ --restore-time 2009-10-14T23:45:00.000Z

Windows の場合:

Copy
aws rds restore-db-instance-to-point-in-time ^ --source-db-instance-identifier mysourcedbinstance ^ --target-db-instance-identifier mytargetdbinstance ^ --restore-time 2009-10-14T23:45:00.000Z

API

DB インスタンスを特定の時間に復元するには、以下のパラメーターを指定して Amazon RDS API の RestoreDBInstanceToPointInTime 組み込み関数を呼び出します。

  • SourceDBInstanceIdentifier = mysourcedbinstance

  • TargetDBInstanceIdentifier = mytargetdbinstance

  • RestoreTime = 2013-10-14T23:45:00.000Z

Copy
https://rds.us-east-1.amazonaws.com/ ?Action=RestoreDBInstanceToPointInTime &RestoreTime=2013-10-14T23%3A45%3A00.000Z &SignatureMethod=HmacSHA256 &SignatureVersion=4 &SourceDBInstanceIdentifier=mysourcedbinstance &TargetDBInstanceIdentifier=mytargetdbinstance &Version=2013-09-09 &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Credential=AKIADQKE4SARGYLE/20131016/us-east-1/rds/aws4_request &X-Amz-Date=20131016T233051Z &X-Amz-SignedHeaders=content-type;host;user-agent;x-amz-content-sha256;x-amz-date &X-Amz-Signature=087a8eb41cb1ab0fc9ec1575f23e73757ffc6a1e42d7d2b30b9cc0be988cff97

関連トピック