メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

DB インスタンスを再起動する

場合によっては、DB インスタンスを変更したり、インスタンスに関連付けられている DB パラメータグループを変更したり、インスタンスによって使用されるパラメータグループの静的データベースパラメータを変更したりすると、その変更を有効にするために、インスタンスを再起動する必要があります。

DB インスタンスを再起動すると、データベースエンジンサービスが再起動されます。再起動により、関連付けられている DB パラメータグループに対する、保留中になっていた変更も DB インスタンスに適用されます。DB インスタンスを再起動すると、そのインスタンスは一時的に機能停止になります。その間、DB インスタンスのステータスは [rebooting] に設定されます。Amazon RDS インスタンスがマルチ AZ 用に構成されている場合、再起動はフェイルオーバーにより可能になります。再起動が完了すると、Amazon RDS イベントが作成されます。

DB インスタンスがマルチ AZ 配置の場合は、[Reboot] オプションを選択すると、あるアベイラビリティーゾーンから別のアベイラビリティーゾーンへのフェイルオーバーを強制的に実行できます。DB インスタンスのフェイルオーバーを強制的に実行すると、Amazon RDS によって別のアベイラビリティーゾーン内のスタンバイレプリカに自動的に切り替わり、スタンバイ DB インスタンスを参照するように DB インスタンスの DNS レコードが更新されます。したがって、DB インスタンスへの既存の接続のクリーンアップと再確立が必要になります。[Reboot with failover] が便利なのは、テスト用の DB インスタンスで障害をシミュレートするときや、フェイルオーバーの実行後にオペレーションを元の AZ に復元するときです。詳細については、「高可用性 (マルチ AZ) 」を参照してください。Amazon Aurora DB クラスターを再起動すると、クラスターはスタンバイレプリカにフェイルオーバーします。Amazon Aurora レプリカを再起動しても、フェイルオーバーは起きません。

再起動にかかる時間はデータベースエンジンのクラッシュ回復プロセスによって異なります。再起動時間を短くするには、再起動プロセス中のデータベースアクティビティをできる限り減らして、未完了のトランザクションのロールバックアクティビティが少なくなるようにすることをお勧めします。

コンソールでは、DB インスタンスが「Available」状態ではない場合、[Reboot] オプションが無効になっている場合があります。これは、バックアップが進行中またはお客様の要求による変更、メンテナンス時間のアクションなど、いくつかの理由によります。

注記

Amazon Aurora DB クラスターのプライマリインスタンスを再起動すると、その DB クラスターの Aurora レプリカも自動的に再起動されます。

AWS マネジメントコンソール

To reboot a DB instance

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. In the navigation pane, click Instances.

  3. Select the check box of the DB instance that you want to reboot.

  4. Select Instance Actions and then select Reboot from the drop down menu.

  5. To force a failover from one AZ to another, select the Reboot with failover? check box in the Reboot DB Instance dialog box.

  6. Click Yes, Reboot. To cancel the reboot instead, click Cancel.

CLI

DB インスタンスを再起動するには、AWS CLI コマンド reboot-db-instance を使用します。ある AZ から別の AZ へのフェイルオーバーを強制的に実行するには、--force-failover パラメータを使用します。

Linux、OS X、Unix の場合:

Copy
aws rds reboot-db-instance \ --db-instance-identifier dbInstanceID \ --force-failover

Windows の場合:

Copy
aws rds reboot-db-instance ^ --db-instance-identifier dbInstanceID ^ --force-failover

API

DB インスタンスを再起動するには、以下のパラメータを指定して Amazon RDS API 組み込み関数 RebootDBInstance を呼び出します。

  • DBInstanceIdentifier=mydbinstance

  • ForceFailover=true

Copy
https://rds.amazonaws.com/ ?Action=RebootDBInstance &DBInstanceIdentifier=mydbinstance &ForceFailover=true &Version=2012-01-15 &SignatureVersion=2 &SignatureMethod=HmacSHA256 &Timestamp=2012-01-20T22%3A06%3A23.624Z &AWSAccessKeyId=<AWS Access Key ID> &Signature=<Signature>

このページの内容: