メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

DB インスタンスまたは DB クラスターのオペレーティングシステムの更新

Amazon RDS では、基礎となるオペレーティングシステムを更新するタイミングを指定できます。RDS コンソール、AWS Command Line Interface (AWS CLI)、または RDS API を使用して、Amazon RDS に OS の更新を適用するタイミングを指定できます。

通常、オペレーティングシステムの更新はセキュリティの問題に関連しているため、できるだけ早急に適用する必要があります。更新するタイミングを選択することで、必要なメンテナンス更新を DB インスタンスまたは DB クラスターに適用するタイミングを事前に把握し、開始予定時間より前に適用するメンテナンスを選択することもできます。

注記

OS の更新時に DB インスタンスは自動的にバックアップされないため、更新を適用する前に DB インスタンスをバックアップしてください。

DB インスタンスまたは DB クラスターに対する OS の更新は、好きなときにいつでも適用できます。または、Amazon RDS でメンテナンスプロセスが開始されてメンテナンス時間中に更新されるまで待つこともできます。DB インスタンスまたは DB クラスターに対する OS の更新が利用可能かどうかは、Amazon RDS コンソールで確認することも、AWS CLI または Amazon RDS API で確認することもできます。更新が利用可能な場合は、Amazon RDS コンソールで DB インスタンスまたは DB クラスターの [Maintenance] 列に [Available] と表示されます。[Available] とマークされている OS の更新については、次のいずれかの操作を実行できます。

  • OS の更新を延期する。

  • OS の更新をすぐに適用する。

  • 次のメンテナンス時間中に OS の更新が適用されるようにスケジュールを設定する。

    注記

    メンテナンス時間は、保留中のオペレーションを開始する時刻を指定しますが、オペレーションの合計所要時間は制限されません。メンテナンスオペレーションは、メンテナンス時間が終了するまでに完了するかどうかは保証されておらず、指定終了時間を超える場合もあります。

OS の更新内容によっては、Amazon RDS コンソールの [Maintenance] 列に [Required] とマークされます。これらの更新は無期限には延期できません。必須の更新を延期すると、DB インスタンスまたは DB クラスターに更新を適用する時間を示す通知が Amazon RDS から送信されます。その他の更新は [Available] とマークされます。OS の更新を無期限に延期して、DB インスタンスや DB クラスターに適用されないようにすることもできます。

Amazon RDS コンソールを使用している場合は、DB インスタンスまたは DB クラスターで使用可能または必須のオペレーティングシステムの更新があるときは告知されます。次のスクリーンショットの例では、OS の更新が使用可能であることを示しています。

 オフラインパッチが必要

[Maintenance] 列には選択したオプションが表示されます。次のスクリーンショットの例では、選択した DB インスタンスをすぐに更新することも、次のメンテナンス時間中に更新することもできることを示しています。

 オフラインパッチの次のウィンドウ

AWS マネジメントコンソール

DB インスタンスまたは DB クラスターの OS の更新を管理するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Instances] 選択して DB インスタンスの更新を管理するか、[Clusters] を選択して Aurora DB クラスターの更新を管理します。

  3. オペレーティングシステムの更新が必要な DB インスタンスまたは DB クラスターのチェックボックスをオンにします。

  4. DB インスタンスに [Instance Actions] を選択するか、DB クラスターに [Cluster Actions] を選択して、以下のいずれかを選択します。

    • [Upgrade Now]

    • [Upgrade at Next Window]

      注記

      [Upgrade at Next Window] を選択して OS の更新を延期する場合は、[Defer Upgrade] を選択します。

CLI

保留中の OS の更新を DB インスタンスまたは DB クラスターに適用するには、apply-pending-maintenance-action AWS CLI コマンドを使用します。

Linux、OS X、Unix の場合:

Copy
aws rds apply-pending-maintenance-action \ --resource-identifier arn:aws:rds:us-west-2:001234567890:db:mysql-db \ --apply-action system-update \ --opt-in-type immediate

Windows の場合:

Copy
aws rds apply-pending-maintenance-action ^ --resource-identifier arn:aws:rds:us-west-2:001234567890:db:mysql-db ^ --apply-action system-update ^ --opt-in-type immediate

少なくとも 1 つの保留中の OS 更新があるリソースのリストを取得するには、describe-pending-maintenance-actions AWS CLI コマンドを使用します。

Linux、OS X、Unix の場合:

Copy
aws rds describe-pending-maintenance-actions \ --resource-identifier arn:aws:rds:us-west-2:001234567890:db:mysql-db

Windows の場合:

Copy
aws rds describe-pending-maintenance-actions ^ --resource-identifier arn:aws:rds:us-west-2:001234567890:db:mysql-db

describe-pending-maintenance-actions AWS CLI コマンドの --filters パラメーターを指定して、DB インスタンスまたは DB クラスターのリソースのリストを取得することもできます。--filters コマンドの形式は、Name=filter-name,Value=resource-id,... です。

以下は、フィルタの Name パラメーターの許容値です。

  • db-instance-id – DB インスタンス識別子または Amazon リソースネーム (ARN) のリストが許容されます。返されるリストには、これらの ID または ARN で識別された DB インスタンスの保留中のメンテナンスアクションのみが含まれます。

  • db-cluster-id – DB クラスター識別子または ARN のリストが許容されます。返されるリストには、これらの ID または ARN で識別された DB クラスターの保留中のメンテナンスアクションのみが含まれます。

次の例では、sample-cluster1 DB クラスターと sample-cluster2 DB クラスターの保留中のメンテナンスアクションが返されます。

Linux、OS X、Unix の場合:

Copy
aws rds describe-pending-maintenance-actions \ --filters Name=db-cluster-id,Values=sample-cluster1,sample-cluster2

Windows の場合:

Copy
aws rds describe-pending-maintenance-actions ^ --filters Name=db-cluster-id,Values=sample-cluster1,sample-cluster2

API

OS 更新を DB インスタンスまたは DB クラスターに適用するには、Amazon RDS API の ApplyPendingMaintenanceAction アクションを呼び出します。

Copy
https://rds.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=ApplyPendingMaintenanceAction &ResourceIdentifier=arn:aws:rds:us-east-1:123456781234:db:my-instance &ApplyAction=system-update &OptInType=immediate &SignatureMethod=HmacSHA256 &SignatureVersion=4 &Version=2014-10-31 &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Credential=AKIADQKE4SARGYLE/20141216/us-west-2/rds/aws4_request &X-Amz-Date=20140421T194732Z &X-Amz-SignedHeaders=content-type;host;user-agent;x-amz-content-sha256;x-amz-date &X-Amz-Signature=6e25c542bf96fe24b28c12976ec92d2f856ab1d2a158e21c35441a736e4fde2b

少なくとも 1 つの保留中 OS 更新があるリソースのリストを返すには、Amazon RDS API の DescribePendingMaintenanceActions アクションを呼び出します。

Copy
https://rds.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=DescribePendingMaintenanceActions &SignatureMethod=HmacSHA256 &SignatureVersion=4 &Version=2014-10-31 &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Credential=AKIADQKE4SARGYLE/20141216/us-west-2/rds/aws4_request &X-Amz-Date=20140421T194732Z &X-Amz-SignedHeaders=content-type;host;user-agent;x-amz-content-sha256;x-amz-date &X-Amz-Signature=6e25c542bf96fe24b28c12976ec92d2f856ab1d2a158e21c35441a736e4fde2b

関連トピック