メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

データベースエンジンバージョンのアップグレード

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) が新バージョンのデータベースエンジンをサポートすると、DB インスタンスをその新バージョンにアップグレードできます。アップグレードには、メジャーバージョンのアップグレードとマイナーバージョンのアップグレードの 2 種類があります。

メジャーバージョンのアップグレードには、以前のバージョンのデータベースと下位互換性のないデータベースの変更が含まれる場合があります。その場合、既存のアプリケーションが適切に動作しなくなることがあります。Amazon RDS では、このような状況を想定してメジャーバージョンのアップグレードを自動的には適用しません。メジャーバージョンのアップグレードを実行するには、手動で DB インスタンスを変更する必要があります。本稼働 DB インスタンスにアップグレードを適用する前に、アップグレードを綿密にテストしてアプリケーションが正常に動作することを確認してください。メジャーバージョンのアップグレードの詳細については、以下に示す DB エンジンに関するドキュメントを参照してください。

マイナーバージョンのアップグレードに伴うデータベースの変更は、通常、以前のバージョンのデータベースと下位互換性があります。そのため、Amazon RDS ではマイナーバージョンのアップグレードが自動的に適用される場合があります。マイナーバージョンのアップグレードの詳細については、以下に示す DB エンジンに関するドキュメントを参照してください。

メジャーバージョンとマイナーバージョンのアップグレードの詳細については、以下の DB エンジンに関するドキュメントを参照してください。

関連トピック

このページの内容: