メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

EC2-VPC または EC2-Classic のどちらのプラットフォームを使用するか判断する

AWS アカウントと選択したリージョンにより、2 つの RDS プラットフォーム EC2-Classic または EC2-VPC のどちらで DB インスタンスが作成されるかが決定されます。プラットフォームのタイプによって、デフォルト VPC があるかどうか、および DB インスタンスへのアクセス提供に使用するセキュリティグループのタイプが決まります。レガシー EC2-Classic プラットフォームは、Amazon RDS で使用する本来のプラットフォームです。このプラットフォームで VPC を使用する場合は、Amazon VPC コンソールまたは Amazon VPC API を使用して VPC を作成する必要があります。EC2-VPC プラットフォームのみをサポートするアカウントには、デフォルトの VPC (Virtual Private Cloud) があり、そこに新しい DB インスタンスが作成されます。DB インスタンスへのアクセスには、EC2 または VPC のいずれかのセキュリティグループを使用する必要があります。

注記

Amazon RDS を初めてのご利用で、以前に DB インスタンスを作成したことがない場合、または以前には使用したことがないリージョンに DB インスタンスを作成する場合、使用するプラットフォームは EC2-VPC で、デフォルトの VPC があることがほとんどです。

リージョン別に AWS アカウントで使用されるプラットフォームは、RDS コンソールや EC2 コンソールのホームページを見ると分かります。Amazon RDS を初めてのご利用で、以前に DB インスタンスを作成したことがない場合、または以前には使用したことがないリージョンに DB インスタンスを作成する場合は、最初に実行するコンソールにリダイレクトされ以下のホームページが表示されないことがあります。

以下のスクリーンショットにあるように、[Supported Platforms] に VPC と表示されている場合、現在のリージョンの AWS アカウントは EC2-VPC を使用し、デフォルト VPC を使用します。デフォルト VPC の名前は、サポートされるプラットフォームの下に表示されます。EC2-VPC プラットフォームに作成された DB インスタンスへのアクセスを提供するには、VPC セキュリティグループを作成する必要があります。

 EC2-VPC プラットフォーム

以下のスクリーンショットにあるように、[Supported Platforms] に EC2,VPC と表示されている場合、現在のリージョンの AWS アカウントは EC2-Classic プラットフォームを使用し、デフォルト VPC はありません。EC2-Classic プラットフォームに作成された DB インスタンスへのアクセスを提供するには、DB セキュリティグループを作成する必要があります。EC2-Classic プラットフォームに VPC を作成できますが、デフォルトでは EC2-VPC プラットフォームをサポートするアカウントの場合と同様には作成されません。

 EC2-Classic プラットフォーム

注記

既存の DB インスタンスを VPC に移行することに関心をお持ちの場合は、AWS マネジメントコンソール を使用して簡単に移行できます。 詳細については. 「VPC 外の DB インスタンスを VPC に移行する」を参照してください。