メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

mysql.rds_set_configuration

バイナリログを保持する時間数を指定します。

構文

Copy
CALL mysql.rds_set_configuration(name,value);

Parameters

name

設定する設定パラメーターの名前。

設定パラメーターの値。

使用に関する注意事項

現在、mysql.rds_set_configuration プロシージャは binlog retention hours 設定パラメーターのみをサポートします。binlog retention hours パラメーターは、バイナリログファイルを保持する時間数を指定するために使用されます。Amazon RDS では通常、バイナリログはできるだけ早く消去されますが、Amazon RDS の外部にある MySQL データベースでのレプリケーションのために必要になる場合があります。binlog retention hours のデフォルト値は NULL です (バイナリログを保持しない)。

Amazon RDS で DB インスタンスのバイナリログを保持する時間数を指定するには、mysql.rds_set_configuration ストアドプロシージャを使用して、次の例のように、レプリケーションを実行するのに十分な期間を指定します。

call mysql.rds_set_configuration('binlog retention hours', 24);

MySQL DB インスタンスの場合、binlog retention hours の最大値は 168 (7 日) です。Amazon Aurora DB インスタンスの場合、最大値は 720 (30 日) です。

保持期間を設定したら、DB インスタンスのストレージ使用状況をモニタリングして、保持されたバイナリログに必要以上の容量が使用されないようにします。

mysql.rds_set_configuration は、以下のバージョンの Amazon RDS MySQL で利用できます。

  • MySQL 5.6

  • MySQL 5.7

関連トピック