メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

AWS アカウントまたは IAM ユーザーの認証情報を使用したリクエストの実行

自分の AWS アカウントまたは IAM ユーザーのセキュリティ認証情報を使用して、認証リクエストを Amazon S3 に送信できます。このセクションでは、AWS SDK for Java、AWS SDK for .NET、および AWS SDK for PHP を使用して認証リクエストを送信する方法の例を示します。利用可能な AWS SDK のリストについては、「サンプルコードとライブラリ」を参照してください。

各 AWS SDK は、SDK 固有の認証情報プロバイダチェーンを使用して認証情報の検索を行い、その認証情報を使用して認証情報の所有者に代わってアクションを実行します。これらの認証情報プロバイダーチェーンに共通していることは、ユーザーのローカルの AWS 認証情報ファイルを探すことです。

AWS SDK 用の認証情報を設定する最も簡単な方法は、AWS 認証情報ファイルを使用することです。AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用している場合、既に AWS 認証情報ファイルを設定済みかもしれません。そうでない場合は、以下の手順で認証情報ファイルを設定します。

ローカルの AWS 認証情報ファイルを作成するには

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、IAM コンソール(https://console.aws.amazon.com/iam/)を開きます。

  2. コードがアクセス権限を使用する必要があるサービスやアクションに限定した許可を持つ、新しいユーザーを作成します。新しい IAM ユーザーの作成の詳細については、「IAM ユーザーの作成 (コンソール)」を参照し、ステップ 8 の手順に従います。

  3. AWS 認証情報のローカルコピーを保存するには、[.csv のダウンロード] を選択します。

  4. コンピュータでホームディレクトリに移動し .aws ディレクトリを作成します。Linux または OS X のような Unix ベースのシステムでは、次の場所になります。

    Copy
    ~/.aws

    Windows では、次の場所になります。

    Copy
    %HOMEPATH%\.aws
  5. .aws ディレクトリで credentials という名前の新しいファイルを作成します。

  6. IAM コンソールからダウンロードした認証情報 .csv ファイルを開き、コンテンツを以下の形式を使用して credentials ファイルにコピーします。

    Copy
    [default] aws_access_key_id = your_access_key_id aws_secret_access_key = your_secret_access_key
  7. credentials ファイルを保存し、ステップ 3 でダウンロードした .csv ファイルを削除します。

これで共有認証情報ファイルがローカルコンピュータで設定され、AWK SDK で使用する準備ができました。