メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

AWS の Amazon S3 使用状況レポート

Amazon S3 ストレージの使用状況の詳細については、動的に生成された AWS の使用状況レポートをダウンロードします。含める使用タイプ、オペレーション、期間を選択できます。また、データの収集方法も選択できます。

使用状況レポートをダウンロードする際、使用状況を時間、日、または月単位で集計できます。Amazon S3 使用状況レポートには、使用タイプおよび AWS リージョンごと、たとえばアジアパシフィック (シドニー) リージョンから外部転送されたデータ量など、のオペレーションがリストされます。

Amazon S3 使用状況レポートには次の情報が含まれます。

  • [Service] – Amazon S3

  • [Operation] – バケットまたはオブジェクトに対して実行されたオペレーション。Amazon S3 オペレーションの詳細な説明については、「使用状況レポートの追跡オペレーション」を参照してください。

  • [UsageType] – 以下の値のいずれかです。

    • ストレージのタイプを識別するコード

    • リクエストのタイプを識別するコード

    • 取得のタイプを識別するコード

    • データ転送のタイプを識別するコード

    • STANDARD_IA または GLACIER ストレージからの早期削除を識別するコード

    • StorageObjectCount- 特定のバケット内に保存されたオブジェクトの数

    Amazon S3 使用タイプの詳細な説明については、「AWS の Amazon S3 請求および使用状況レポートを理解する」を参照してください。

  • [Resource] – リストされた使用状況に関連付けられたバケットの名前。

  • [StartTime] – 使用状況が適用され始める協定世界時 (UTC) による日付。

  • [EndTime] – 使用状況の適用が終了する協定世界時 (UTC) による日付。

  • [UsageValue] – 以下のボリューム値のいずれかです。

    • 指定した期間のリクエストの数

    • データ転送量、バイト

    • 保存されたデータ量、ある特定の時間に保存されたバイト (バイト時間単位)

    • GLACIER または STANDARD_IA ストレージからの復元に関連付けされるデータ量 (バイト単位)

ヒント

お客様のオブジェクトに関して Amazon S3 が受信するすべてのリクエストに関する詳細な情報は、バケットのサーバーアクセスロギングをオンにすると取得できます。詳細については、「サーバーアクセスのロギング」を参照してください。

使用状況レポートは、XML またはコンマ区切り値 (CSV) ファイルでダウンロードできます。スプレッドシートアプリケーションで開いた CSV 使用状況レポートの例を次に示します。

使用状況レポートを理解するための情報については、「AWS の Amazon S3 請求および使用状況レポートを理解する」を参照してください。

AWS 使用状況レポートのダウンロード

使用状況レポートは .xml または .csv ファイルでダウンロードできます。

使用状況レポートのダウンロード

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、Amazon S3 コンソール (https://console.aws.amazon.com/s3/) を開きます。

  2. タイトルバーで自分の (AWS Identity and Access Management) IAM ユーザー名を選択し、[請求ダッシュボード] を選択します。

  3. ナビゲーションペインで [Reports] を選択します。

  4. [その他のレポート] セクションで、[AWS 使用状況レポート] を選択します。

  5. [サービス] で、[Amazon Simple Storage Service] を選択します。

  6. [使用状況レポートのダウンロード] で、次の設定を選択します。

  7. レポートの形式を選択するには、その形式で [ダウンロード] を選択し、次にプロンプトに従ってレポートを表示するか、保存します。

詳細