メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

リソース例のクリーンアップ

学習のためだけに静的ウェブサイトを作成した場合は、割り当てた AWS リソースをここで削除して、課金を停止します。AWS リソースを削除すると、ウェブサイトは使用できなくなります。

Amazon CloudFront ディストリビューションの削除

Amazon CloudFront ディストリビューションを削除する前に、ディストリビューションを無効にする必要があります。無効になったディストリビューションは機能しなくなり、料金も発生しません。無効にしたディストリビューションはいつでも有効にすることができます。無効にしたディストリビューションを削除すると、使用できなくなります。

CloudFront ディストリビューションを無効にして削除するには

  1. https://console.aws.amazon.com/cloudfront/ にある、CloudFront コンソールを開きます。

  2. 無効にするディストリビューションを選択してから [Disable] を選択します。

  3. 確認を求められたら、[Yes, Disable] を選択します。

  4. 無効にしたディストリビューションを選択してから [Delete] を選択します。

  5. 確認を求めるメッセージが表示されたら、[Yes, Delete] を選択します。

Amazon Route 53 ホストゾーンの削除

ホストゾーンを削除する前に、作成したレコードセットを削除する必要があります。NS レコードと SOA レコードを削除する必要はありません。これらはホストゾーンが削除されるときに自動的に削除されます。

レコードセットを削除するには

  1. https://console.aws.amazon.com/route53/ にある Amazon Route 53 コンソールを開きます。

  2. ドメイン名のリストでドメイン名を選択し、[Go to Record Sets] を選択します。

  3. レコードセットのリストで、作成した A レコードを選択します。各レコードセットのタイプは [Type] 列に表示されます。

  4. [Delete Record Set] を選択します。

  5. 確認を求められたら、[Confirm] を選択します。

Amazon Route 53 ホストゾーンを削除するには

  1. 前のステップを終了した画面で [Back to Hosted Zones] を選択します。

  2. ドメイン名を選択してから [Delete Hosted Zone] を選択します。

  3. 確認を求められたら、[Confirm] を選択します。

S3 バケットの削除

S3 バケットを削除する前に、バケットのログ記録が無効であることを確認します。それ以外の場合、削除するバケットへのログの書き込みが継続されます。

バケットのログ記録を無効にするには

  1. https://console.aws.amazon.com/s3/ にある Amazon S3 コンソールを開きます。

  2. バケットを選択し、[Properties] を選択します。

  3. [Properties] から [Logging] を選択します。

  4. [Enabled] チェックボックスをオフにします。

  5. [Save] を選択します。

これで、バケットを削除できます。詳細については、「S3 バケットを削除する方法」を参照してください。」(Amazon Simple Storage Service コンソールユーザーガイド) を参照してください。