メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

バケットでのライフサイクル設定の設定

このセクションでは、AWS SDK、Amazon S3 コンソール、AWS CLI を使用して、バケットでライフサイクル設定をプログラムにより設定する方法について説明します。次の点に注意してください。

  • バケットに対してライフサイクル設定を追加する場合、新しい、あるいは更新されたライフサイクル設定がすべての Amazon S3 システムに完全に伝達されるまでには、通常、多少のタイムラグがあります。ライフサイクル設定が完全に有効になるまで、数分間程度の遅延を想定してください。この遅延は、ライフサイクル設定を削除するときにも発生することがあります。

  • ライフサイクルルールを無効にする、あるいは削除すると、わずかなタイムラグの後、Amazon S3 は新しいオブジェクトの削除や移行のスケジューリングを停止します。すでに削除や移行がスケジュールされていた場合も、スケジュールは解除され、オブジェクトの削除や移行は実行されません。

  • ライフサイクル設定をバケットに追加すると、設定ルールは既存のオブジェクトとそれ以降に追加されるオブジェクトの両方に適用されます。たとえば、特定のプレフィックスが付いたオブジェクトが作成から 30 日後に有効期限を迎えるようにする有効期限切れアクションを備えたライフサイクル設定ルールを本日追加すると、Amazon S3 により作成から 30 日以上が経過している既存のオブジェクトがすべて削除キューに追加されます。

  • ライフサイクル設定のルールが満たされてから、実際にアクションが実行されるまでの間には、遅延が発生する場合があります。ただし、アクションが実行されていなくても、ライフサイクル設定のルールが満たされた段階で、請求にはすぐに変更が反映されます。たとえば、オブジェクトがすぐに削除されなくても、オブジェクトの有効期限が切れた時点で、そのストレージは課金対象から外されます。同様に、オブジェクトがまだ Amazon Glacier に移行されていなくても、オブジェクトの移行期間が経過すれば、Amazon Glacier のストレージ料金が課金されます。

ライフサイクル設定については、「オブジェクトのライフサイクル管理」を参照してください。