メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

AWS CLI のセットアップ

ステップに従って、AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI) をダウンロードおよび設定します。

注記

AWS のサービス (Amazon S3 など) にアクセスするときは、認証情報を指定するように求められます。それにより、サービスによって所有されるリソースにアクセスするための権限があるかどうかが判定されます。コンソールを使用するにはパスワードが必要です。AWS アカウントによる AWS CLI または API へのアクセス用にアクセスキーを作成できます。ただし、AWS アカウントの認証情報を使用して AWS にアクセスすることはお勧めしません。代わりに、AWS Identity and Access Management (IAM) を使用することをお勧めします。IAM ユーザーを作成し、管理者アクセス権限を持つ IAM グループにユーザーを追加したら、作成した IAM ユーザーに管理者アクセス権限を付与します。その後、特別な URL とその IAM ユーザーの認証情報を使用して AWS にアクセスできます。手順については、『IAM ユーザーガイド』の「最初の IAM ユーザーと管理者グループの作成」を参照してください。

AWS CLI をセットアップするには

  1. AWS CLI をダウンロードして設定します。手順については、『AWS コマンドラインインターフェイスガイド』の次のトピックを参照してください。

  2. AWS CLI 設定ファイルで管理者ユーザー用の名前付きプロファイルを追加します。AWS CLI コマンドを実行するときに、このプロファイルを使用します。

    Copy
    [adminuser] aws_access_key_id = adminuser access key ID aws_secret_access_key = adminuser secret access key region = aws-region

    利用可能な AWS リージョンのリストについては、『AWS General Reference』の「リージョンとエンドポイント」を参照してください。

  3. コマンドプロンプトで以下のコマンドを入力して、セットアップを確認します。

    • help コマンドを実行して、AWS CLI がコンピュータにインストールされたことを確認します。

      Copy
      aws help
    • S3 コマンドを実行して、ユーザーが Amazon S3 にアクセスできることを確認します。このコマンドにより、アカウント内のバケットがリストされます。AWS CLI は、adminuser 認証情報を使用してリクエストを認証します。

      Copy
      aws s3 ls --profile adminuser