メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

ストレージクラス

Amazon S3 内にある各オブジェクトには、ストレージクラスが関連付けられています。たとえば、バケット内のすべてのオブジェクトをリストすると、コンソールにリスト内のすべてのオブジェクトのストレージクラスが表示されます。

Amazon S3 は保存するオブジェクト用の次のストレージクラスを提供します。 ユースケースシナリオおよびパフォーマンスアクセス要件を考慮して 1 つを選択します。 このストレージクラスはすべて高度な耐久性を提供します:

  • スタンダード- このストレージクラスは、ユースケース対応のパフォーマンスと頻繁にアクセスするデータに最適です。

    スタンダードとはデフォルトのストレージクラスです。オブジェクトをアップロードする際にストレージクラスを指定しないすべての場合に、Amazon S3 はスタンダードストレージクラスを選択します。

  • STANDARD_IA – このストレージクラス (IA、少頻度アクセス) は、たとえばバックアップやアクセス頻度が少なくなった古いデータなどの存続時間が長くアクセス頻度の少ないデータに最適です。ただし、ユースケースには高パフォーマンスが必要です。

    注記

    STANDARD_IA のオブジェクト向けの検索料金があり、アクセスが少ないデータ用に最適となります。 料金の詳細については、Amazon S3 料金表を参照してください。

    たとえば、最初にスタンダードストレージクラスでオブジェクトをアップロードする場合には、続いてバケットライフサイクル設定ルールを使用して、オブジェクトのライフタイムの同じ時点で STANDARD_IA(あるいは GLACIER)ストレージクラスにオブジェクトを移動します(オブジェクトのライフサイクル管理 を参照)。 ライフサイクル管理の詳細については、「オブジェクトのライフサイクル管理」を参照してください。

    STANDARD_IA のオブジェクトはリアルタイムアクセスに使用できます。 このセクションの最後の表は、上述した複数のストレージクラスにおけるいくつかの違いを示しています。

    STANDARD_IA のストレージクラスは、少なくとも 30 日間は維持することを希望する 128 キロバイト以上の大規模オブジェクトに適しています。 たとえば、バケットのライフサイクル設定では、Amazon S3 が移動するオブジェクトに最小限のオブジェクトサイズ制限があります。 詳細については、「サポートされている移行と関連する制約」を参照してください。

  • GLACIERGLACIER ストレージクラスは、データアクセスが頻繁でないデータのアーカイブに適しています。アーカイブされたオブジェクトにはリアルタイムでアクセスできません。これらにアクセスする前に、まずオブジェクトを復元する必要があります。詳細については、「アーカイブされたオブジェクトの復元」を参照してください。

    GLACIER ストレージクラスでは、非常に低コストな Amazon Glacier ストレージサービスが使用されますが、このストレージクラス内にあるオブジェクトの管理は、引き続き Amazon S3 経由で行います。GLACIER ストレージクラスに関して以下の点に注意してください。

    • オブジェクトを作成する時点で GLACIER をストレージクラスとして指定することはできません。 GLACIER オブジェクトを作成するためには、まずストレージクラスをスタンダード、RRS または STANDARD_IA としてオブジェクトをアップロードします。 それから、ライフサイクル管理を使ってこれらのオブジェクトを GLACIER ストレージに移行します。 詳細については、「オブジェクトのライフサイクル管理」を参照してください。

    • オブジェクトにアクセスできるようになる前に、まず GLACIER オブジェクトを復元する必要があります(スタンダード、RRS と STANDARD_IA のオブジェクトはいつでもアクセスできます)。 詳細については, GLACIER ストレージクラスへの移行 (オブジェクトのアーカイブ).

    Amazon Glacier サービスの詳細については、『Amazon Glacier 開発者ガイド』を参照してください。

前述のすべてのストレージクラスは、2 つの格納場所でデータ紛失の発生を防ぐように設計されています(詳細については、次の可用性と堅牢性の表を参照)。

アプリケーションのシナリオのパフォーマンス要件に加えて、価格とパフォーマンスにおける考慮すべき事項があります。 Amazon S3 のストレージクラスおよび料金については、「Amazon S3 料金表」を参照してください。

Amazon S3 はまた、データの重複コピーを最小限に抑えることによるコスト削減を可能にする次のストレージクラスも提供しています。

  • REDUCED_REDUNDANCY — 低冗長化ストレージ(RRS)のストレージクラスは、それほど重要でない再生可能なデータを、標準ストレージクラスより低いレベルの冗長性で格納することで、ストレージコストを削減します。 たとえば、イメージをアップロードするためにスタンダードストレージクラスを使用した場合、RRS ストレージクラスのオブジェクトとしてサムネイルを計算して保存することができます。

    耐久性レベル(次の表を参照)は、オブジェクトの平均年間予測喪失率が 0.01% に該当します。 例えば、RRS オプションを使用して 10,000 のオブジェクトを格納する場合、平均で、1 年間に 1 つのオブジェクトを消失する可能性があります(例: 10,000 オブジェクトに対して 0.01%)。

    注記

    この年間消失量は予測平均値であり、特定の 1 年間のオブジェクト消失率が必ず 0.01% 以下であるということではありません。

    どこか他の場所で堅牢に格納されているコンテンツを配信または共有するため、またはサムネイル、コード変換されたメディアもしくは簡単に再生可能なその他の加工データを格納するために、費用対効果および可用性の高いソリューションを提供します。

    RRS オブジェクトが紛失した場合、Amazon S3 はそのオブジェクトへのリクエストにエラー 405 を返します。

    Amazon S3 は、RRS オブジェクトの紛失を検出すると、イベント通知をユーザーに通知するか、またはワークフローを開始することができます。 通知を受け取るには、通知設定をバケットに追加する必要があります。 詳細については、「 Amazon S3 イベント通知の設定」を参照してください。

次の表は、各ストレージクラスが提供する堅牢性と可用性をまとめたものです。

ストレージクラス 耐久性(のために設計) 可用性(のために設計) その他の考慮事項

スタンダード

99.999999999%

99.99%

なし

STANDARD_IA

99.999999999%

99.9%

STANDARD_IA のオブジェクト向けの検索料金があり、アクセスが少ないデータ用に最適となります。 料金の詳細については、Amazon S3 料金表を参照してください。

GLACIER

99.999999999%

99.99%(オブジェクトを復元後)

GLACIER オブジェクトはリアルタイムでアクセスできません。 これらにアクセスする前に、まずアーカイブされたオブジェクトを復元する必要があります。詳細については、「アーカイブされたオブジェクトの復元」を参照してください。

RRS

99.99%

99.99%

なし