メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

AWS SDK for Ruby を使用したマルチパートアップロード

AWS SDK for Ruby バージョン 3 では、2 つの方法で Amazon S3 マルチパートアップロードがサポートされています。1 つ目のオプションとして、マネージドファイルアップロードヘルパーを使用できます。これは、バケットにファイルをアップロードするための推奨される方法であり、次の利点があります。

  • 15 MB より大きなオブジェクトのマルチパートアップロードが管理されます。

  • エンコードの問題を避けるために、ファイルがバイナリモードで正しく開かれます。

  • 大きなオブジェクトの複数パートを並行してアップロードできるように複数のスレッドが使用されます。

詳細については、AWS 開発者ブログの「Amazon S3 にファイルをアップロードする」を参照してください。

次に示すマルチパートアップロードクライアントオペレーションを直接使用することもできます。

  • create_multipart_upload – マルチパートアップロードを開始し、アップロード ID を返します。

  • upload_part – マルチパートアップロードでパートをアップロードします。

  • upload_part_copy – データソースとして既存のオブジェクトからデータをコピーすることで、パートをアップロードします。

  • complete_multipart_upload – 以前にアップロードしたパートを組み合わせることで、マルチパートアップロードを完了します。

  • abort_multipart_upload – マルチパートアップロードを中止します。

詳細については、「AWS SDK for Ruby バージョン 3 の使用」を参照してください。