メニュー
AWS Identity and Access Management
ユーザーガイド

IAM コンソールとサインインページ

AWS マネジメントコンソールは AWS サービスを管理するためのウェブベースの手段を提供します。コンソールにサインインすると、アカウントの AWS サービスを含むタスクを作成、表示、実行することができます。このようなタスクには、Amazon EC2 インスタンスや Amazon RDS データベースの開始および停止、Amazon DynamoDB テーブルや IAM ユーザーの作成などが含まれます。

このセクションでは、AWS マネジメントコンソール のサインインページについて説明します。また、アカウントの IAM ユーザー用の一意のサインイン URL を作成する方法や、ルートユーザーとしてサインインする方法について解説します。

注記

組織に既存の ID システムがある場合は、シングルサインオン (SSO) オプションを作成して、ユーザーが IAM ユーザー ID を入力することなく、また組織のサイトと AWS に別々にサインインすることなく、アカウントの AWS マネジメントコンソールにアクセスできるようにします。詳細については、「フェデレーションユーザーに対して AWS マネジメントコンソール へのアクセスを許可する URL の作成(カスタムフェデレーションブローカー)」を参照してください。

IAM ユーザーのサインインページ

AWS アカウントのルートユーザーのサインインページ