メニュー
Amazon Route 53
開発者ガイド (API Version 2013-04-01)

パブリックホストゾーンの削除

以下の手順では、Amazon Route 53 コンソールを使用してホストゾーンを削除する方法を説明します。Amazon Route 53 API を使用してホストゾーンを削除する方法については、『Amazon Route 53 API Reference』の「 DeleteHostedZone」を参照してください。

重要

ホストゾーンのネームサーバーがドメインに関連付けられていて、インターネットでそのドメインを使用できないようにする場合は、ドメインからネームサーバーを削除し、今後の DNS クエリが間違ってルーティングされないようにすることをお勧めします。ドメインが Amazon Route 53 に登録されている場合は、「ドメインのネームサーバーおよびグルーレコードの追加あるいは変更」を参照してください。ドメインが他のレジストラに登録されている場合、レジストラが提供する方法を使用してドメインからネームサーバーを削除します。

一部のドメインレジストリでは、ドメインからすべてのネームサーバーを削除することができません。ドメインのレジストリにより 1 つ以上のネームサーバーが求められる場合、DNS サービスを別のサービスプロバイダーに移行する場合のみホストゾーンを削除し、ドメインのネームサーバーを新しいプロバイダーのネームサーバーに置き換えることをお勧めします。

デフォルトの SOA レコードと NS レコード以外のリソースレコードセットがない場合にのみ、ホストゾーンを削除できます。ホストゾーンに他のリソースレコードセットが含まれる場合、ホストゾーンを削除する前にそれらを削除する必要があります。これによって、リソースレコードセットが含まれているホストゾーンを誤って削除するのを防ぎます。

Amazon Route 53 コンソールを使用してパブリックホストゾーンを削除するには

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、https://console.aws.amazon.com/route53/ にある Amazon Route 53 コンソールを開きます。

  2. 削除するホストゾーンに NS と SOA のリソースレコードセットのみが含まれていることを確認します。追加リソースレコードセットが含まれている場合、それを削除します。

    1. 削除するホストゾーンの名前を選択します。

    2. [Record Sets] ページで、リソースレコードセットのリストに [Type] 列の値が [NS] または [SOA] 以外のリソースレコードセットが含まれている場合、その行を選択して、[Delete Record Set] を選択します。

      複数の連続するリソースレコードセットを選択するには、最初の行を選択し、Shift キーを押したまま最後の行を選択します。複数の連続していないリソースレコードセットを選択するには、最初の行を選択し、Ctrl キーを押したまま、残りの行を選択します。

      注記

      ホストゾーンでサブドメインの NS レコードを作成した場合は、それらのレコードも削除します。

    3. [Back to Hosted Zones] を選択します。

  3. [Hosted Zones] ページで、削除するホストゾーンの行を選択します。

  4. [Delete Hosted Zone] を選択します。

  5. [OK] を選択して確定します。

  6. インターネットでドメインを使用できなくする場合は、ドメインからネームサーバーを削除し、今後の DNS クエリが間違ってルーティングされないようにすることをお勧めします。

    ドメインが Amazon Route 53 に登録されている場合は、「ドメインのネームサーバーおよびグルーレコードの追加あるいは変更」を参照してください。ドメインが他のレジストラに登録されている場合、レジストラが提供する方法を使用してドメインからネームサーバーを削除します。