メニュー
Amazon Route 53
開発者ガイド (API Version 2013-04-01)

Amazon Route 53 のレイテンシーベースルーティングに別のリージョンを追加する

レイテンシーベースルーティングを使用中で、新しいリージョンのインスタンスを追加する必要がある場合、「Amazon Route 53 でレイテンシーベースルーティングへ移行する」でレイテンシーベースルーティングに徐々にトラフィックを移行したのと同様の方法で、新しいリージョンにトラフィックを徐々に移行することができます。

たとえば、www.example.com に対するトラフィックのルーティングにレイテンシーベースルーティングを使用し、米国東部 (オハイオ)、米国西部 (北カリフォルニア)、および 欧州 (アイルランド) のインスタンスに アジアパシフィック (東京) の Amazon EC2 インスタンスを追加するとします。以下の例では、別のリージョンのインスタンスを追加する 1 つの方法について説明します。

この例では、example.com の Amazon Route 53 ホストゾーンは既に、www-lbr.example.com のレイテンシーベースリソースレコードセットにトラフィックをルーティングする www.example.com の加重エイリアスリソースレコードセットを保持しています。

  • 米国東部 (オハイオ)、Elastic IP アドレス W.W.W.W

  • 米国西部 (北カリフォルニア)、Elastic IP アドレス X.X.X.X

  • 欧州 (アイルランド)、Elastic IP アドレス Y.Y.Y.Y

加重エイリアスリソースレコードセットの重みは 100 です。レイテンシーベースルーティングに移行した後、移行に使用した他の加重リソースレコードセットは削除するとします。

Amazon Route 53 のレイテンシーベースルーティングに別のリージョンを追加するには

  1. トラフィックのルーティングを開始する新しいリージョンと、3 つの元からあるリージョンを含む、4 つの新しいレイテンシーベースレコードセットを作成します。

    • 米国東部 (オハイオ)、Elastic IP アドレス W.W.W.W

    • 米国西部 (北カリフォルニア)、Elastic IP アドレス X.X.X.X

    • 欧州 (アイルランド)、Elastic IP アドレス Y.Y.Y.Y

    • アジアパシフィック (東京)、Elastic IP アドレス Z.Z.Z.Z

    すべてのレイテンシーリソースレコードセットに同じ新しいドメイン名 (www-lbr-2012-04-30.example.com など) と同じタイプ (A など) を指定します。

    レイテンシーリソースレコードセットの作成が完了すると、Amazon Route 53 では引き続き、元の加重エイリアスリソースレコードセット (www.example.com) とレイテンシーリソースレコードセット (www-lbr.example.com) を使用してトラフィックをルーティングします。

    www-lbr-2012-04-30.example.com のリソースレコードセットを使用して検証テストを実行できます。たとえば、各エンドポイントがリクエストを受信できることを確認することができます。

  2. 新しいレイテンシーリソースレコードセットに対応する加重エイリアスリソースレコードセットを作成します。

    • ドメイン名に、既存の加重エイリアスリソースレコードセットの名前 (www.example.com) を指定します。

    • [Alias Target] の値に、www-lbr-2012-04-30.example.com を指定します。

    • [Weight] の値に 1 を指定します。

    完了すると、Amazon Route 53 では、ステップ 1 で www-lbr-2012-04-30.example.com のレイテンシーリソースレコードセットを作成した Amazon EC2 インスタンスに、トラフィックのごく一部 (1/101) のルーティングを開始します。トラフィックの残りは、アジアパシフィック (東京) リージョンの Amazon EC2 インスタンスを含まない、www-lbr.example.com のレイテンシーリソースレコードセットに引き続きルーティングされます。

  3. エンドポイントが着信トラフィックに応じて適切にスケーリングされることを確認できたら、必要に応じて重みを調節します。たとえば、東京リージョンを含むレイテンシーリソースレコードセットにリクエストの 10% がルーティングされるようにする場合、www-lbr.example.com の重みを 100 から 90 に変更し、www-lbr-2012-04-30.example.com の重みを 1 から 10 に変更します。

リソースレコードセットの作成方法の詳細については、「Amazon Route 53 コンソールを使用したリソースレコードセットの作成」を参照してください。