メニュー
Amazon Route 53
開発者ガイド (API Version 2013-04-01)

Amazon Route 53 でレイテンシーおよび加重リソースレコードセットを使用して、リージョン内の複数の Amazon EC2 インスタンスにトラフィックをルーティングする

アプリケーションが 2 つ以上の Amazon EC2 リージョンの Amazon EC2 インスタンスで実行中の場合や 1 つ以上のリージョンの Amazon EC2 インスタンスが 2 つ以上ある場合、レイテンシーベースルーティングを使用して、正確なリージョンにトラフィックをルーティングしてから、加重リソースレコードセットを使用して、指定した重みに基づいてリージョン内のインスタンスにトラフィックをルーティングできます。

たとえば、米国東部 (オハイオ) リージョンに Elastic IP アドレスを持つ Amazon EC2 インスタンスが 3 つあり、米国東部 (オハイオ) リージョンに該当するユーザーについてはリクエストを均等に 3 つのすべての IP に分散する必要があるとします。多くのリージョンに同時に同じ方法を適用できますが、他のリージョンでは Amazon EC2 インスタンスは 1 つで十分です。

Amazon Route 53 でレイテンシーおよび加重リソースレコードセットを使用して、リージョン内の複数の Amazon EC2 インスタンスにトラフィックをルーティングするには

  1. リージョンで Amazon EC2 インスタンスの加重リソースレコードセットのグループを作成します。次の点に注意してください。

    • [Name] には同じ値 (us-east.example.com など) を指定し、[Type] にも同じ値を指定します。

    • [Value] には、Elastic IP アドレスの 1 つの値を指定します。

    • Amazon EC2 インスタンスに均等に重みを割り当てる場合、[Weight] に同じ値を指定します。

    • 各リソースレコードセットの [Set ID] に一意の値を指定します。

  2. その他のリージョンに複数の Amazon EC2 インスタンスがある場合、他のリージョンに対してステップ 1 を繰り返します。各リージョンで [Name] に異なる値を指定します。

  3. 複数の Amazon EC2 インスタンスがある各リージョンに (米国東部 (オハイオ) など)、レイテンシーエイリアスリソースレコードセットを作成します。[Alias Target] の値に、リージョンの加重リソースレコードセットに割り当てた [Name] フィールドの値 (us-east.example.com など) を指定します。

  4. 1 つの Amazon EC2 インスタンスがある各リージョンに、レイテンシーリソースレコードセットを作成します。[Name] の値には、ステップ 3 で作成したレイテンシーエイリアスリソースレコードセットに指定した値と同じ値を指定します。[Value] には、そのリージョンの Amazon EC2 インスタンスの Elastic IP アドレスを指定します。

リソースレコードセットの作成方法の詳細については、「Amazon Route 53 コンソールを使用したリソースレコードセットの作成」を参照してください。