メニュー
Amazon Route 53
開発者ガイド (API Version 2013-04-01)

Amazon Route 53 での重み付けを利用した、耐障害性のある複数のレコードでの応答

注記

複数値回答ルーティングポリシーを使用するリソースレコードセットは、このチュートリアルで説明されている設定と同じように動作します。主な違いは、チュートリアルの設定により、重みを指定できる点です。これは、エンドポイントごとにキャパシティーが異なる場合に便利です。詳細については、「複数値回答ルーティング」を参照してください。

Amazon Route 53 の加重リソースレコードセットには、1 つのレコードのみを関連付けることができます。すなわち、1 つの名前 (example.com など) と 1 種類のレコードタイプ (A など) の組み合わせのみを関連付けることができます。ただし、複数のレコードを含む DNS 応答に重み付けすることが望ましい場合もあります。

たとえば、あるサービスで 8 個の Amazon EC2 インスタンスまたは Elastic IP エンドポイントを使用しているとします。そのサービスが接続をサポートしているクライアントが (多くの一般的なブラウザと同じように) 再試行を行う場合、特定のエンドポイントで障害が発生したときには、DNS 応答で複数の IP アドレスを提供することにより、そのようなクライアントに代替エンドポイントを提供します。2 つ以上のアベイラビリティーゾーンにホストされる IP を複数含む応答を設定する場合、アベイラビリティーゾーンの障害から保護することもできます。

複数のレコードでの応答は、多数のクライアント (モバイルウェブアプリケーションなど) が小規模の DNS キャッシュのセットを共有する場合などにも役に立ちます。この場合、共有するキャッシュから共通の DNS 応答を受け取る場合でも、複数のレコードでの応答により、クライアントのリクエストを複数のエンドポイントにルーティングすることができます。

このようなタイプの重み付けした複数レコードでの応答は、リソースレコードセットと加重エイリアスレコードセットの組み合わせを使用することにより実現できます。以下に示すように、8 個のエンドポイントを、それぞれ 4 個の IP アドレスを含む 2 個の異なるリソースレコードセットにグループ化できます。

タイプ A の endpoint-a.example.com には、以下の値が含まれます。

  • 192.0.2.1

  • 192.0.2.2

  • 192.0.2.128

  • 192.0.2.129

タイプ A の endpoint-b.example.com には、以下の値が含まれます。

  • 192.0.2.3

  • 192.0.2.4

  • 192.0.2.130

  • 192.0.2.131

これにより、次の各グループを指し示す加重エイリアスリソースレコードセットを作成することができます。

  • タイプ A、重み 1 の endpoint-a.example.com に対応する、www.example.com エイリアス

  • タイプ A、重み 1 の endpoint-b.example.com に対応する、www.example.com エイリアス

リソースレコードセットの作成方法の詳細については、「リソースレコードセットの使用」を参照してください。