メニュー
Amazon Route 53
開発者ガイド (API Version 2013-04-01)

ドメインを登録するときに指定する値

Amazon Route 53 にドメインを登録するかドメイン登録を移管するときは、このトピックで説明されている値を指定します。

注記

複数のドメインを登録する場合、Amazon Route 53 はショッピングカートにあるすべてのドメインについて指定された値を使用します。

Amazon Route 53 に現在登録されているドメインの値を変更することもできます。次の点に注意してください。

  • ドメインの連絡先情報を変更した場合は、登録者の連絡先に変更について通知メールが送信されます。このメールの送信元は route53-dev-admin@amazon.com です。ほとんどの変更について、登録者は応答する必要はありません。

  • 連絡先情報の変更が所有権の変更も含む場合は、登録者の連絡先に追加のメールが送信されます。ICANN の規則では、登録者の連絡先がそのメールを受け取ったことを確認する必要があります。詳細については、このセクションの [First Name]、[Last Name] および [Organization] の項目を参照してください。

既存のドメインの設定の変更については、「ドメインの設定の更新」を参照してください。

[My Registrant, Administrative, and Technical contacts are all the same]

ドメインの登録者、管理者、技術担当者の連絡先として同じ連絡先情報を使用するかどうかを指定します。

連絡先のタイプ

この連絡先のカテゴリ。[Person] 以外のオプションを選択した場合、組織名を入力する必要があります。

一部の TLD の場合、使用可能なプライバシー保護は、[連絡先のタイプ] に選択した値によって異なります。TLD のプライバシー保護設定については、「Amazon Route 53 に登録できるドメイン」を参照してください。

[First Name]、[Last Name]

連絡先の姓名。

連絡先のタイプが [Person] で、登録者の連絡先の [First Name] または [Last Name] フィールドを変更すると、ドメインの所有者を変更したことになります。ICANN の規則では、登録者の連絡先にメールを送付して承認を得る必要があります。メールは次のメールアドレスの 1 つから送信されます。

TLD 承認メールの発信元となるメールアドレス

Amazon Registrar によって登録された TLD

noreply@registrar.amazon.com

.fr

nic@nic.fr (E メールは現在の登録者の連絡先と新しい登録者の連絡先の両方に送信されます。)

その他すべて

noreply@domainnameverification.net

TLD のレジストラを調べる方法については、「Amazon Route 53 に登録できるドメイン」を参照してください。

重要

登録者はメールの指示に従って、メールを受け取ったことを通知する必要があります。そうしないと、ICANN の規定に従ってそのドメインは停止されます。ドメインが停止されると、インターネットでそのドメインにアクセスできなくなります。

登録者の連絡先メールアドレスを変更した場合、通知メールは登録者の連絡先として指定された以前のメールアドレスと新しいメールアドレスの両方に送信されます。

一部の TLD レジストラでは、ドメイン所有者の変更は有料です。これらの値の 1 つを変更すると、有料かどうかを知らせるメッセージが Amazon Route 53 コンソールに表示されます。

組織

連絡先と関連付けられている組織 (存在する場合)。登録者と管理者の連絡先の場合、これは通常、ドメインを登録する組織です。技術担当者の連絡先の場合、これはドメインを管理する組織のこともあります。

連絡先のタイプが [Person] 以外のときに、登録者の連絡先の [Organization] フィールドを変更すると、ドメインの所有者が変更されます。ICANN の規則では、登録者の連絡先にメールを送付して承認を得る必要があります。メールは次のメールアドレスの 1 つから送信されます。

TLD 承認メールの発信元となるメールアドレス

Amazon Registrar によって登録された TLD

noreply@registrar.amazon.com

.fr

nic@nic.fr (E メールは現在の登録者の連絡先と新しい登録者の連絡先の両方に送信されます。)

その他すべて

noreply@domainnameverification.net

TLD のレジストラを調べる方法については、「Amazon Route 53 に登録できるドメイン」を参照してください。

登録者の連絡先メールアドレスを変更した場合、通知メールは登録者の連絡先として指定された以前のメールアドレスと新しいメールアドレスの両方に送信されます。

一部の TLD レジストラでは、ドメイン所有者の変更は有料です。[Organization] の値を変更すると、有料かどうかを知らせるメッセージが Amazon Route 53 コンソールに表示されます。

メール

連絡先のメールアドレス。

登録者の連絡先のメールアドレスを変更すると、以前のメールアドレスと新しいメールアドレスの両方に通知メールが送信されます。このメールの送信元は route53-dev-admin@amazon.com です。

電話

連絡先の電話番号です。

  • 米国またはカナダの電話番号を入力する場合は、最初のフィールドに「1」と入力し、2 番目のフィールドに 10 桁の市外局番と電話番号を入力します。

  • そのほかの場所の電話番号を入力する場合は、最初のフィールドに国コードを入力し、2 番目のフィールドに電話番号の残りを入力します。電話の国コードのリストについては、Wikipedia の記事「国際電話番号の一覧」を参照してください。

Address1

連絡先の住所。

Address2

連絡先の追加の住所情報 (たとえば、アパートの部屋番号や私書箱)。

連絡先の国。

状態

連絡先の州または地域 (ある場合)。

市町村

連絡先の市町村。

[Postal/Zip code]

連絡先の郵便番号。

選択した最上位ドメイン用のフィールド

一部の最上位ドメインでは追加の値を指定する必要があります。

プライバシー保護

WHOIS クエリに対して連絡先情報を隠すかどうかを指定します。[Hide contact information] を選択した場合、WHOIS ("who is") クエリは、レジストラの連絡先情報または "Protected by policy" という値を返します。

[Don't hide contact information] を選択した場合、指定したメールアドレスに送られてくるスパムメールの数が増えます。

だれでもドメインの WHOIS クエリを送信して、そのドメインのすべての連絡先情報を取得することができます。WHOIS コマンドは多くのオペレーティングシステムで利用でき、多くのウェブサイトでウェブアプリケーションとしても利用できます。

重要

ドメインに関連付けられた連絡先情報を必要とする正当なユーザーもいますが、最も一般的なユーザーは、迷惑メールや詐欺メールをドメインの連絡先に送りつけるスパム業者です。一般に、[Privacy Protection] では [Hide contact information] を選択することをお勧めします。

詳細については、次のトピックを参照してください。

[Auto Renew] (ドメイン設定の編集時にのみ利用可能)

有効期限切れになる前に Amazon Route 53 が自動的にドメイン登録を更新するかどうかを指定します。登録料はお客様の AWS アカウントに課金されます。詳細については、「ドメイン用に登録を更新する」を参照してください。

重要

自動更新を無効にした場合、有効期限が過ぎるとドメイン登録は更新されず、お客様はそのドメイン名をコントロールできなくなる可能性があります。

ドメイン名を更新できる期間は最上位ドメイン (TLD) によって異なります。ドメインの更新に関する概要については、「ドメイン用に登録を更新する」を参照してください。ドメイン登録を指定された年数延長する方法については、「ドメインの登録期間の延長」を参照してください。