メニュー
Amazon Route 53
開発者ガイド (API Version 2013-04-01)

ドメインの連絡先情報と所有者の更新

ドメインの管理者および技術担当者の連絡先については、変更の承認を必要とせずにすべての連絡先情報を変更できます。詳細については、「ドメインの連絡先情報の更新」を参照してください。

登録者の連絡先については、変更の承認を必要とせずにほとんどの値を変更できます。ただし、TLD のなかには、ドメインの所有者の変更または登録者の連絡先 E メールアドレスを変更するために承認が必要となる場合があります。詳細については、該当するトピックを参照してください。

ドメインの所有者は誰ですか。

連絡先のタイプが [Person] で、登録者の連絡先の [First Name] または [Last Name] フィールドを変更すると、ドメインの所有者を変更したことになります。

連絡先のタイプが [Person] 以外のときに [Organization] を変更すると、ドメインの所有者が変更されます。

ドメインの所有者の変更に関する以下の点に注意してください。

  • 一部の TLD では、ドメインの所有者を変更するときに、登録者の連絡先である E メールアドレスに承認の E メールが送信される場合があります。連絡を受信した登録者は、E メールの指示に従って変更を承認する必要があります。

  • 一部の TLD では、Amazon Route 53 のサポートエンジニアが値の更新を行うために、ドメインの所有者の変更フォームを入力したうえで身分確認証明を送付する必要がある場合もあります。ドメインの TLD がドメインの所有者の変更フォームを要求する場合、コンソールにサポートケースを開くためのリンクとなるお知らせが表示されます。詳細については、「レジストリがドメインの所有者変更フォームを要求する場合のドメイン所有者の変更」を参照してください。

ドメインの連絡先情報の更新

ドメインの連絡先情報を更新するには、以下の手順を実行します。

ドメインの連絡先情報を更新するには

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、https://console.aws.amazon.com/route53/ にある Amazon Route 53 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Registered Domains] を選択します。

  3. 連絡先情報を更新するドメインの名前を選択します。

  4. [Edit Contacts] を選択します。

  5. 目的の値を更新します。詳細については、「ドメインを登録するときに指定する値」を参照してください。

    ドメインの TLD と変更する値によって、コンソールは次のメッセージを表示する場合があります。

    「To change the registrant name or organization, open a case」

    メッセージが表示された場合、この手順の残りを省略します。詳細については、「レジストリがドメインの所有者変更フォームを要求する場合のドメイン所有者の変更」を参照ください。

  6. [Save] を選択します。

  7. 以下の値を変更する場合、承認を求める E メールが送信されます。

    ドメイン所有者

    ドメインの所有者は誰ですか。」で説明するようにドメインの所有者を変更する場合、ドメインの登録者連絡先に E メールが送信されます。

    登録者の連絡用 E メールアドレス (一部の TLD に対してのみ)

    一部の TLD では、登録者の連絡先 E メールアドレスを変更した場合、通知メールは登録者の連絡先として指定された古い E メールアドレスと新しい E メールアドレスの両方に送信されます。どちらかの E メールアドレスの担当者によって、この E メールの指示に従った変更の承認をする必要があります。

    重要

    新しい E メールアドレスで承認メールを受信し、古い E メールアドレスにアクセスできない場合には、サポートケースを開いてください。詳細については、「古いアドレスで E メールにアクセスできない場合に、ドメインの E メールアドレスを更新する」を参照してください。

    3~15 日間以内 (最上位ドメインによって異なる) に変更の許可を得られない場合、ICANN の要件に従って、AWS はそのリクエストをキャンセルする必要があります。

    メールは次のメールアドレスの 1 つから送信されます。

    TLD 許可メールの発信元となるメールアドレス

    .fr

    nic@nic.fr

    その他すべて

    以下のいずれかの E メールアドレス:

    • noreply@registrar.amazon.com

    • noreply@domainnameverification.net

レジストリがドメインの所有者変更フォームを要求する場合のドメイン所有者の変更

連絡先情報を変更するときに次のメッセージが Amazon Route 53 コンソールで表示された場合、TLD のレジストリ はドメイン所有者変更フォームの入力を要求しています。

「To change the registrant name or organization, open a case」

所有者の変更をリクエストするための次の手順を実行します。所有者が確認されると、AWS のカスタマーサポートエンジニアがお客様の連絡先情報を変更します。

レジストリがドメインの所有者変更フォームを要求する場合のドメイン所有者の変更方法

  1. ドメイン所有者の変更フォームをダウンロードします。

  2. フォームに入力します。

  3. 登録者名または組織が法人となっている場合、次の情報が必要となります。

    • ドメインが登録されている組織が存在することの証明。

    • 組織の代表として行為する権限を保有することの証明。この書類は、組織名および署名権限保有者としての申請者の名前 (CEO、社長または取締役など) の両方が記される認証法的文書である必要があります。

  4. ドメイン所有者変更フォーム、そして適用される場合には必要な書類をスキャンします。.pdf ファイルや .png ファイルなどの一般的な形式でスキャンしたドキュメントを保存します。

  5. ドメインが現在登録されている AWS アカウントを使用して AWS サポートセンターにサインインします。

    重要

    ドメインが現在登録されているルートアカウントを使用してサインインする必要があります。IAM ユーザーまたは他のアカウントを使用してサインインする場合、ドメインの所有者は更新できません。この要件によって、権限のないユーザーがドメインの所有者を変更することを防ぎます。

  6. 次の値を指定します。

    内容

    デフォルト値の [Account and Billing Support] をそのまま使用します。

    サービス

    デフォルト値の [Billing] をそのまま使用します。

    カテゴリ

    デフォルト値の [Domain name registration issue] をそのまま使用します。

    件名

    [Change the owner of a domain] を特定します

    説明

    以下の情報を記述します。

    • 所有者を変更するドメイン

    • そのドメインが登録されている AWS アカウントのアカウント ID

    添付ファイルの追加

    ステップ 4 でスキャンしたドキュメントをアップロードします。

    連絡方法

    連絡方法を指定し、適切な値を入力します。

  7. [Submit] を選択します。

    カスタマーサポートエンジニアは、提供された情報を確認し、設定を更新します。更新が完了したとき、または追加情報が必要な場合に、エンジニアから連絡が送信されます。

古いアドレスで E メールにアクセスできない場合に、ドメインの E メールアドレスを更新する

ドメインの登録者の連絡先となる E メールを変更する場合、一部の TLD のレジストリでは、登録者連絡先である古い E メールアドレスと新しい E メールアドレスの両方から承認を取得することを要求します。新しい E メールアドレスで承認 E メールを受信した場合、TLD は両方の E メールアドレスから承認を取得することを要求します。古い E メールアドレスにアクセスできない場合には、次の手順を実行してください。

注記

この手順はドメインが既に Amazon Route 53 に登録されている場合にのみ使用できます。Amazon Route 53 にドメインを転送していて登録者の連絡先のメールアドレスの E メールにアクセスできない場合、現在のレジストラを操作してメールアドレスを更新する必要があります。

  1. 登録者の E メール変更フォームをダウンロードします。

  2. フォームに入力します。

  3. 登録者名または組織が法人となっている場合、次の情報が必要となります。

    • ドメインが登録されている組織が存在することの証明。

    • 組織の代表として行為する権限を保有することの証明。この書類は、組織名および署名権限保有者としての申請者の名前 (CEO、社長または取締役など) の両方が記される認証法的文書である必要があります。

  4. 登録者の E メール変更フォーム、そして適用される場合には必要な書類をスキャンします。.pdf ファイルや .png ファイルなどの一般的な形式でスキャンしたドキュメントを保存します。

  5. ドメインが現在登録されている AWS アカウントを使用して AWS サポートセンターにサインインします。

    重要

    ドメインが現在登録されているルートアカウントを使用してサインインする必要があります。IAM ユーザーまたは他のアカウントを使用してサインインする場合、E メールアドレスは更新できません。この要件によって、権限のないユーザーがドメインの連絡先情報を変更することを防ぎます。

  6. 次の値を指定します。

    内容

    デフォルト値の [Account and Billing Support] をそのまま使用します。

    サービス

    デフォルト値の [Billing] をそのまま使用します。

    カテゴリ

    デフォルト値の [Domain name registration issue] をそのまま使用します。

    件名

    [Change the email address for a domain] を指定します

    説明

    以下の情報を記述します。

    • E メールアドレスを変更するドメイン

    • そのドメインが登録されている AWS アカウントのアカウント ID

    添付ファイルの追加

    ステップ 4 でスキャンしたドキュメントをアップロードします。

    連絡方法

    連絡方法を指定し、適切な値を入力します。

  7. [Submit] を選択します。

    カスタマーサポートエンジニアは、提供された情報を確認し、設定を更新します。更新が完了したとき、または追加情報が必要な場合に、エンジニアから連絡が送信されます。