メニュー
Amazon Route 53
開発者ガイド (API Version 2013-04-01)

他のサービスとの統合

Amazon Route 53 を他の AWS サービスと統合して、Amazon Route 53 API に送信されるリクエストをログ記録し、リソースのステータスをモニタリングして、リソースにタグを割り当てることができます。さらに、Amazon Route 53 を使用して、インターネットトラフィックを AWS リソースにルーティングできます。

ログ記録、モニタリング、タグ付け

AWS CloudTrail

Amazon Route 53 は、AWS アカウントによって Amazon Route 53 API に送信されるすべてのリクエストに関する情報をキャプチャするサービスである AWS CloudTrail と統合されます。CloudTrail ログファイルの情報を使用して、Amazon Route 53 に対して実行されたリクエストの種類、リクエストの実行元 IP アドレス、実行者、実行日時などを判断できます。

詳細については、「AWS CloudTrail を使用して Amazon Route 53 API に送信されたリクエストをキャプチャする」を参照してください。

Amazon CloudWatch

Amazon CloudWatch を使用して、Amazon Route 53 ヘルスチェックの状態 — (正常か正常でないか) — をモニタリングできます。ヘルスチェックでは、ウェブアプリケーション、ウェブサーバー、その他のリソースの正常性とパフォーマンスがモニタリングされます。指定された一定の間隔で、Amazon Route 53 は、自動リクエストをインターネット経由でアプリケーションやサーバーなどのリソースに送信して、そのリソースが到達可能、使用可能、機能中であることを確認します。

詳細については、「CloudWatch を使用したヘルスチェックのモニタリング」を参照してください。

タグエディター

タグは、AWS リソースに割り当てるラベルであり、Amazon Route 53 のドメイン、ホストゾーン、およびヘルスチェックが含まれます。タグはそれぞれ、1 つのキーと 1 つの値で構成されており、どちらもお客様側が定義します。たとえば、キーが "Customer" で値が "Example Corp" であるドメイン登録にタグを割り当てることができます。タグはさまざまな目的で使用できます。1 つの一般的な用途は、AWS コストを分類して追跡することです。

詳細については、「Amazon Route 53 リソースのタグ付け」を参照してください。

他の AWS リソースへのトラフィックのルーティング

Amazon Route 53 を使用して、さまざまな AWS リソースにトラフィックをルーティングすることができます。

Amazon CloudFront

ウェブコンテンツの配信を高速化するために、AWS コンテンツ配信ネットワーク (CDN) である Amazon CloudFront を使用できます。CloudFront は、エッジロケーションのグローバルネットワークを利用し、ウェブサイト全体 (動的、静的、ストリーミング、およびインタラクティブなコンテンツを含む) を配信できます。CloudFront は、コンテンツのリクエストを、ユーザーから見て最もレイテンシーが小さいエッジロケーションにルーティングします。Amazon Route 53 を使用して、ドメインのトラフィックを CloudFront ディストリビューションにルーティングできます。詳細については、「ドメイン名を使用したトラフィックの Amazon CloudFront ウェブディストリビューションへのルーティング」を参照してください。

Amazon EC2

Amazon EC2 は、AWS クラウドでサイズが変更できるコンピューティングキャパシティーを提供します。事前設定されたテンプレート (Amazon Machine Image または AMI) を使用して、EC2 仮想コンピューティング環境 (インスタンス) を起動できます。EC2 インスタンスを起動すると、EC2 によりオペレーティングシステム (Linux または Microsoft Windows) と、AMI に含まれる追加のソフトウェア (ウェブサーバーやデータベースソフトウェアなど) が自動的にインストールされます。

EC2 インスタンスでウェブサイトをホストしていたり、ウェブアプリケーションを実行していたりする場合、Amazon Route 53 を使用してドメイン (example.com など) のトラフィックをサーバーにルーティングできます。詳細については、「Amazon EC2 インスタンスへのトラフィックのルーティング」を参照してください。

AWS Elastic Beanstalk

AWS Elastic Beanstalk を使用して AWS クラウドでアプリケーションのデプロイと管理を行っている場合は、Amazon Route 53 を使用してドメイン (example.com など) の DNS トラフィックを Elastic Beanstalk 環境にルーティングできます。詳細については、「AWS Elastic Beanstalk 環境へのトラフィックルーティング」を参照してください。

Elastic Load Balancing

複数の Amazon EC2 インスタンスでウェブサイトをホストしている場合、Elastic Load Balancing (ELB) ロードバランサーを使用してインスタンスをまたがるウェブサイトにトラフィックを分散できます。ELB サービスは、ウェブサイトへのトラフィックが時間の経過とともに変化するにつれてロードバランサーを自動的にスケーリングします。また、ロードバランサーは登録されているインスタンスの状態を監視して、トラフィックを正常なインスタンスにのみルーティングすることができます。

Amazon Route 53 を使用して、ドメインのトラフィックを Classic、Application、または Network Load Balancer にルーティングできます。詳細については、「ELB ロードバランサーへのトラフィックのルーティング」を参照してください。

Amazon RDS

ウェブアプリケーションのデータストレージに Amazon RDS データベースインスタンスを使用した場合、DB インスタンスに割り当てられるドメイン名は、一部がランダムに割り当てられた長い英数字文字列になり、myexampledb.a1b2c3d4wxyz.us-west-2.rds.amazonaws.com のようになります。覚えやすいドメイン名を使用したい場合は、Amazon Route 53 を使用してドメイン名 (productdata.example.com など) を DB インスタンスのドメイン名と関連付けることができます。詳細については、「ドメイン名を使用した Amazon RDS データベースインスタンスへの接続の開始」を参照してください。

Amazon S3

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) は、セキュリティ、耐久性、拡張性の高いクラウドストレージを提供します。ウェブページとクライアント側スクリプトを配置できる静的ウェブサイトをホストするよう S3 バケットを設定できます (S3 ではサーバー側スクリプトがサポートされていません)。Amazon Route 53 を使用して、トラフィックを Amazon S3 バケットにルーティングできます。詳細については、次のトピックを参照してください。

Amazon WorkMail

仕事用メールに Amazon WorkMail を使用し、DNS サービスとして Amazon Route 53 を使用している場合は、Amazon Route 53 を使用して Amazon WorkMail メールドメインにトラフィックをルーティングできます。詳細については、「Amazon WorkMail へのトラフィックのルーティング」を参照してください。