メニュー
Amazon Route 53
開発者ガイド (API Version 2013-04-01)

Amazon Route 53 のメトリクスとディメンション

ヘルスチェックを作成すると、Amazon Route 53 は 1 分に 1 回、指定したリソースに関するメトリクスとディメンションを CloudWatch に送信し始めます。ヘルスチェックの状態は、Amazon Route 53 コンソールで確認できます。メトリクスを確認するには、次の手順に従って CloudWatch コンソールを使うか、AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使うこともできます。

CloudWatch コンソールを使用してメトリクスを表示するには

  1. https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/にある CloudWatch コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで メトリクスを選択します。

  3. [All Metrics] タブで、[Route 53] を選択します。

  4. [Health Check Metrics] を選択します。

AWS CLI を使ってメトリクスを表示するには

  • コマンドプロンプトで、次のコマンドを使用します。

    Copy
    aws cloudwatch list-metrics --namespace "AWS/Route53"

Amazon Route 53 メトリクス

AWS/Route53 名前空間には、次のメトリクスが含まれます。

メトリクス 説明

ChildHealthCheckHealthyCount

計算されたヘルスチェックは、Amazon Route 53 がモニタリングしているヘルスチェック間で正常なヘルスチェックの数です。

有効な統計: Average (推奨)、Minimum、Maximum

単位: 正常なヘルスチェック

ConnectionTime

Amazon Route 53 ヘルスチェッカーがエンドポイントとの TCP 接続を確立するのにかかった平均時間 (ミリ秒)。ヘルスチェックの ConnectionTime は、すべてのリージョンまたは選択した地理的リージョンについて確認できます。

有効な統計: Average (推奨)、Minimum、Maximum

単位: ミリ秒

HealthCheckPercentageHealthy

Amazon Route 53 ヘルスチェッカーが選択したエンドポイントを正常であるとみなす割合。HealthCheckPercentageHealthy は、すべてのリージョンについてのみ確認できます (選択したリージョンについてのデータは表示できません)。

有効な統計: Average、Minimum、Maximum

単位: パーセント

HealthCheckStatus

CloudWatch で確認しているヘルスチェックエンドポイントのステータス。[1] は正常を示し、[0] は異常を示します。HealthCheckStatus は、すべてのリージョンについてのみ確認できます (選択したリージョンについてのデータは表示できません)。

有効な統計: Minimum

単位: なし

SSLHandshakeTime

Amazon Route 53 ヘルスチェッカーが SSL ハンドシェイクを完了するまでにかかった平均時間 (ミリ秒)。ヘルスチェックの SSLHandshakeTime は、すべてのリージョンまたは選択した地理的リージョンについて確認できます。

有効な統計: Average (推奨)、Minimum、Maximum

単位: ミリ秒

TimeToFirstByte

Amazon Route 53 ヘルスチェッカーが HTTP または HTTPS リクエストへの応答の先頭バイトを受け取るまでにかかった平均時間 (ミリ秒)。ヘルスチェックの TimeToFirstByte は、すべてのリージョンまたは選択した地理的リージョンについて確認できます。

有効な統計: Average (推奨)、Minimum、Maximum

単位: ミリ秒

Amazon Route 53 メトリクスのディメンション

Amazon Route 53 メトリクスは AWS/Route53 名前空間を使用して、HealthCheckId のメトリクスを提供します。メトリクスを取得する場合は、 HealthCheckId ディメンションを入力する必要があります。

さらに、ConnectionTimeSSLHandshakeTime、および TimeToFirstByte に対して、オプションとして Region も指定できます。Region を省略すると、CloudWatch からすべてのリージョンのメトリクスが返されます。Region を指定すると、指定したリージョンのみのメトリクスが CloudWatch から返されます。

詳細については、Amazon Route 53 開発者ガイド の「Monitoring Health Checks Using CloudWatch」を参照してください。