メニュー
Amazon Route 53
開発者ガイド (API Version 2013-04-01)

Amazon Route 53 コンソールを使用したリソースレコードセットの作成

以下の手順では、Amazon Route 53 コンソールを使用してリソースレコードセットを作成する方法について説明します。Amazon Route 53 API を使用したリソースレコードセットの作成方法については、『Amazon Route 53 API Reference』の「 ChangeResourceRecordSets」を参照してください。

注記

複雑なルーティング設定のリソースレコードセットを作成するには、トラフィックフロービジュアルエディターを使用して、設定をトラフィックポリシーとして保存することができます。その後、トラフィックポリシーを、同じホストゾーンまたは複数のホストゾーンで 1 つ以上のドメイン名 (example.com など) またはサブドメイン名 (www.example.com など) に関連付けることができます。さらに、新しい設定が期待どおりに機能していない場合は、更新を元に戻すことができます。詳細については、「DNS トラフィックのルーティングにトラフィックフローを使用する」を参照してください。

Amazon Route 53 コンソールを使用してリソースレコードセットを作成するには

  1. エイリアスリソースレコードセットを作成しない場合は、ステップ 2 に進みます。

    また、CloudFront ディストリビューション、Elastic Beanstalk 環境、Amazon S3 バケット、またはその他の Amazon Route 53 リソースレコードセットに DNS トラフィックをルーティングするエイリアスリソースレコードセットを作成する場合は、ステップ 2 に進みます。

    Elastic Load Balancing Classic、Application、または Network Load Balancer にトラフィックをルーティングするエイリアスリソースレコードセットを作成する場合、および、異なるアカウントを使用して Amazon Route 53 ホストゾーンとロードバランサーを作成した場合は、「ELB ロードバランサーの DNS 名の取得」の手順を実行して、ロードバランサーの DNS 名を取得します。

  2. AWS マネジメントコンソール にサインインし、https://console.aws.amazon.com/route53/ にある Amazon Route 53 コンソールを開きます。

  3. ドメインに既にホストゾーンがある場合は、ステップ 4 に進みます。ない場合は、以下のステップを実行します。

    1. [Create Hosted Zone] をクリックします。

    2. [Domain Name] にドメインの名前を入力します。

    3. オプション: [Comment] にホストゾーンについてのコメントを入力します。

    4. [Create] をクリックします。

  4. [Hosted Zones] ページで、リソースレコードセットを作成するホストゾーンの名前を選択します。

  5. [Create Record Set] をクリックします。

  6. 適切な値を入力します。詳細については、作成するリソースレコードセットの種類に関するトピックを参照してください。

  7. [Create] をクリックします。

    注記

    新しいリソースレコードセットが Amazon Route 53 DNS サーバーに伝達されるまでに、しばらく時間がかかります。現在、変更が伝達されたことを確認する唯一の方法は、GetChange API アクションを使用することです。通常、変更は 60 秒以内にすべての Amazon Route 53 ネームサーバーに伝達されます。

  8. リソースレコードセットを複数作成する場合は、ステップ 5~7 を繰り返します。

ELB ロードバランサーの DNS 名の取得

  1. エイリアスリソースレコードセットを作成する Classic、Application、または Network Load Balancer の作成に使用した AWS アカウントを使用して AWS マネジメントコンソールにサインインします。

  2. https://console.aws.amazon.com/ec2/) にある Amazon EC2 コンソールを開きます。

  3. ナビゲーションペインで、[Load Balancers] をクリックします。

  4. ロードバランサーのリストで、エイリアスリソースレコードセットを作成するロードバランサーを選択します。

  5. [Description] タブで、[DNS name] の値を取得します。

  6. 他の ELB ロードバランサーに対してもエイリアスリソースレコードセットを作成する場合は、ステップ 4 と 5 を繰り返します。

  7. AWS マネジメントコンソールからログアウトします。

  8. Amazon Route 53 ホストゾーンの作成時に使用した AWS アカウントを使って、AWS マネジメントコンソールに再度サインインします。

  9. 手順「Amazon Route 53 コンソールを使用したリソースレコードセットの作成」のステップ 3 に戻ります。