メニュー
Amazon Route 53
開発者ガイド (API Version 2013-04-01)

リソースレコードセットの編集

以下の手順では、Amazon Route 53 コンソールを使用してリソースレコードセットを編集する方法について説明します。Amazon Route 53 API を使用したリソースレコードセットの編集方法については、『Amazon Route 53 API Reference』の「 ChangeResourceRecordSets」を参照してください。

注記

変更したリソースレコードセットが Amazon Route 53 DNS サーバーに伝達されるまでに、しばらく時間がかかります。現在、変更が伝達されたことを確認する唯一の方法は、GetChange API アクションを使用することです。通常、変更は 60 秒以内にすべての Amazon Route 53 ネームサーバーに伝達されます。

Amazon Route 53 コンソールを使用してリソースレコードセットを編集するには

  1. エイリアスリソースレコードセットを編集しない場合は、ステップ 2 に進みます。

    ELB Classic、Application、または Network Load Balancer にトラフィックをルーティングするエイリアスリソースレコードセットを編集する場合、および、異なるアカウントを使用して Amazon Route 53 ホストゾーンとロードバランサーを作成した場合は、手順「ELB ロードバランサーの DNS 名の取得」を実行して、ロードバランサーの DNS 名を取得します。

    他の AWS リソースに対してエイリアスリソースレコードセットを編集する場合は、ステップ 2 に進みます。

  2. AWS マネジメントコンソール にサインインし、https://console.aws.amazon.com/route53/ にある Amazon Route 53 コンソールを開きます。

  3. [Hosted Zones] ページで、リソースレコードセットを編集するホストゾーンの行をダブルクリックします。

  4. 編集するリソースレコードセットの行をダブルクリックします。

  5. 適切な値を入力します。詳細については、「Amazon Route 53 レコードの作成時または編集時に指定する値」を参照してください。

  6. [Save Record Set] をクリックします。

  7. リソースレコードセットを複数編集する場合は、ステップ 4~6 を繰り返します。